呼吸器科で看護師が目指せる資格

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

呼吸器科看護師として経験を積むことで、どのような資格を取得することができるでしょうか。また呼吸器科ナースを目指すなら、どの資格を取得しておくことができるでしょうか。資格取得に向いている職場についても考察して行きます。

3学会合同呼吸療法認定士

呼吸療法には、酸素療法・吸入療法、人工呼吸などがあります。これらの呼吸療法に精通したスタッフを養成する目的で作られたのが「3学会合同呼吸療法認定士」の資格です。

3学会とは、一般社団法人日本呼吸器学会と公益社団法人日本麻酔科学会、特定非営利活動日本胸部外科学会です。これらの3学会が共同して「3学会合同呼吸療法認定士認定委員会」を設立し、講習会と試験を実施しています。

看護師経験2年以上もしくは准看護師経験3年以上、理学療法士経験2年以上、作業療法士経験2年以上、臨床工学技士経験2年以上であれば、認定講習会を受講することができます。

試験に合格すると、「3学会合同呼吸療法認定士」の資格が授与されます。技術の向上のため、5年間ごとに更新する必要があります。

2015年2月の時点で、約37,000人が3学会合同呼吸療法認定士の資格を保有しています。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師

日本看護協会の認定資格が「慢性呼吸器疾患看護認定看護師」です。2012年から認定を開始された比較的新しい資格です。

呼吸機能の維持や向上のために呼吸リハビリテーションを実施し、安定期や増悪期、終末期の各ステージに応じた専門性の高い看護管理と機能評価をするために創設されました。

看護師として実務経験が5年以上あり、そのうちの3年間は呼吸器系の診療科で患者と接した経験があることが、認定看護師教育機関で教育を受けるための条件となります。

認定看護師教育機関で6カ月以上、615時間以上の講習と実技を行い、審査に合格すると、「慢性呼吸器疾患看護認定看護師」としての資格が付与されます。

呼吸器科の資格取得を目指す

「3学会合同呼吸療法認定士」は二日間の講習で取得できる資格ですので、呼吸器科でスキルアップするなら、まずは取得しておきたい資格です。

講習会のお知らせや呼吸療法のスキル取得に必要な実践の場を与えてくれる職場が、理想的と言えます。

資格取得後も積極的にスキルを向上させるために実践に携わることができます。呼吸器科ナースとして究めたいと考えるなら、「慢性呼吸器疾患看護認定看護師」の資格取得に向け準備することもできるでしょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧