呼吸器科の看護師の職場環境

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

呼吸器科へ異動が決まった場合や呼吸器科への転職を希望する場合は、呼吸器科の忙しさや残業の多さ、また人間関係等について理解しておくことが必要です。呼吸器科が看護師にとって働きやすい職場であるのかも探っていきましょう。

呼吸器科の残業や忙しさ

急変する患者が多いのが、呼吸器科の特徴でもあります。呼吸不全や呼吸困難に陥った時に、酸素マスクや人工呼吸器を適切に使用して酸素療法を行うことが看護師に求められています。

急変する患者が多いと言うことは、残業が多いと言うことでもあります。突然の残業が毎日続くことも、呼吸器科では珍しくありません。

急変患者への対応を除けば、呼吸器科は特別に忙しい診療科でもありません。ですが、インフルエンザ等の季節性の流行がある疾患も扱いますので、秋口から早春にかけて非常に忙しくなることもあります。

呼吸器科での人間関係

呼吸器科ではチーム医療が重視されています。例えば、呼吸器科では結核等の感染性の高い疾病も扱いますので、スタッフ全員が一丸となって院内感染予防に努める必要があります。

また、急変患者も少なくないので、医師や看護師が連携して患者の気道確保と酸素吸入に努めなくてはなりません。普段からコミュニケーションを頻繁に取り人間関係を円滑にしておく必要性が理解されている職場なら、転職した場合も働きやすいと言えるでしょう。

呼吸器科の働きやすさ

残業が多くなりがちですので、小さな子どもを抱えている看護師などは、働きにくいと不満を感じるかもしれません。また、残業が多いのに残業手当の上限がある医療機関などでは、苦労が給与に反映されないと感じることもあるでしょう。

そして、COPDや肺がん、睡眠時無呼吸症候群など、治療法や研究が日々進歩している疾病を多く扱いますので、呼吸器科では学ぶべき事柄が非常に多いと言えます。

その分、研修や勉強会なども実施される回数が多く、看護師によっては負担になるかもしれません。反対に、学ぶべき事柄が多いのに勉強会などを開催してくれない職場では、看護師は独自に学ぶ必要性が生じます。

求める学びのスタイルによって最適な職場は異なると言えるでしょう。

向学心が強く、幅広い知識やスキルを身に付けたいと考える看護師にとっては、呼吸器科は経験すべき診療科の一つと言えます。

呼吸認定療法士などの資格を取得するための教育制度・教育体制が充実している職場を選択することで、看護師としてのキャリアアップも狙えます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧