呼吸器科看護師の適性について

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

呼吸器科で看護師として働くためには、どのような適性や性格が求められているのでしょうか。呼吸器科へ転職や異動する前に、求められる適性に付いて理解しておきましょう。

適性1:神経質であること

通常、神経質であることはネガティブな要素として考えられてしまいます。ですが、院内感染にさらされている呼吸器科においては、神経質であることが看護師として求められる特性なのです。

一度感染が広がると、多くの患者や医療スタッフの命に関わってしまいます。念入りすぎるほどに念入りに衛生活動を行い、ガウンの着用もこまめに行うことが大切です。

適性2:人の気持ちをくみ取れること

呼吸器に異常を覚えると言うことは、本当に辛い状況でもあります。息をするという生命活動に必要なことがスムーズに行えないからです。

進行すると心不全や呼吸不全につながる慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器系疾患を抱える患者の気持ちをくみ取り、少しの表情の動きなどから要求を的確に把握することが看護師として求められる適性の一つです。

言葉以外のコミュニケーション能力も、呼吸器科には必要とされています。

適性3:精神的なタフさ

常に死と隣り合わせなのが病院です。呼吸器科も例外ではありません。ですが意識がしっかりとしたまま呼吸できずに亡くなってしまうことのある呼吸器科では、看護師にも強い精神力が求められます。

「酸素療法を適切にすれば助かっていたかもしれない」「もう少し早く気づいていれば」と、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

最善を尽くして看護を行うことはもちろん大切ですが、精神的にタフであることも呼吸器科看護師には必要なのです。

呼吸器科で働く看護師に必要な適性(まとめ)

インフルエンザの流行など、季節によって患者が激増し忙しくなることも呼吸器科の特徴です。どんな忙しい業務にも耐えられる体力が求められているのは言うまでもありません。

感染対策に対する神経質さや人の気持ちをくみ取ることは、呼吸器科で働くうちに身につけることができる適性です。

精神的なタフさも看護師としての経験を積み重ねることで必ず習得できる適性ですので、今、自分に身に付いていないからといって不安に思う必要はないと言えます。

看護師としてスキルアップするためには、呼吸器科で感染対策や酸素療法などのスキルを習得することは必要なこととなります。各自の希望する条件に合う職場を、看護師転職サイトを活用して探すことがオススメです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧