回復期リハビリ病棟で働く看護師のスキル

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師として働くからには、少しでもスキルを身につけていくことで、仕事のやりがいにつながります。回復期リハビリ病棟で働く場合に、必要になるスキルを知っておくことで転職するときに有利に話を進められます。

回復期リハビリ病棟ならではの働くことで習得することができるスキルを説明します。

回復期リハビリ病棟で求められるスキルは?

回復期リハビリ病棟では、入院している患者さんは、リハビリテーションを行うために入院しています。患者さんにとっては、1日でも早く在宅復帰したいと思っているため、できるだけ早く退院したいと思いリハビリを頑張っていきます。

最初は車いす生活でも、訓練することで機能回復していき、歩行することができてきます。しかし、焦りや早く歩きたいという思いから、不安定な状態で病棟内歩行を1人でおこない、介助が必要な状態の中、1人でトイレへ行くことで、転倒することがあります。

転倒により、骨折や回復が遅れることがあります。病棟看護師の業務として、細心の注意を払って患者さんを見ていく必要があります。

回復期リハビリ病棟では、1日1日患者さんの機能が大きく変化するため、現状を常に把握していく必要があります。いろいろな状況を把握する判断力がとても大切になります。

回復期リハビリ病棟で働く看護師が習得できるスキルは?

回復期リハビリ病棟では、看護師もリハビリについての知識が大切です。そのため、リハビリについての研修や勉強会に多く参加することになります。リハビリ看護学会がいろいろな研修を行っており、知識の幅が広がります。

また、リハビリスタッフや病棟スタッフとチームで行うため、多くの情報を共有できます。リハビリの知識は、回復期リハビリ病棟だけではなく、一般病棟や急性期病棟、介護施設、訪問看護など、その後も役に立つことが多くあります。

また、日常生活から体を動かす私たちにとって、身体機能についての知識は、知っていることでプラスになります。スペシャリストとして看護リハビリテーションや摂食・嚥下の認定看護師を目指している人にとっては、回復期リハビリ病棟の経験は、今後役に立つことが多いです。

スキルアップできない回復期リハビリ病棟の特徴は?

回復期リハビリ病棟で働くことで、すべてのスキルが習得できるわけではありません。看護師求人を見るだけで、条件が良いことだけで、すぐ就職してしまうと思っていたリハビリ病棟とは違うことがあります。

リハビリ病院は、回復リハビリテーションに力を入れているため、スキルアップしていけますが、病院によっては、研修会等をあまり行わないところもあります。

回復期リハビリ病棟では、リハビリ室にいる理学療法士や作業療法士・言語聴覚士が多く訪問に来ますが、スキルアップできない病棟では、病棟スタッフとリハビリスタッフの関わりが薄いため、病棟にリハビリスタッフがあまりいないことや、看護スタッフとのコミュニケーションをとっている姿がみられないことがあります。

職場の雰囲気や、勤務状況を見ていくと、良い病棟かを見極めることができます。また、情報を共有するためには、明確に記録を残していく必要があります。記録をみていくと、どれだけ力をいれているかがわかります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧