回復期リハビリテーション病棟で働く看護師の役割

回復期リハビリ病棟の看護師
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

一般病棟に比べて回復期リハビリ病棟で働く看護師は、どのような役割を持って仕事をしているのかわからないことが多いと思います。

回復期リハビリ病棟は、病院や法人によって役割が異なるため、業務内容に大きく差がみられます。業務内容の違いと内容を説明していきます。

回復期リハビリ病棟での看護業務は?

回復期リハビリ病棟での看護業務は、患者さんの入院生活で、治療・介護・リハビリに関わっていくことになります。

回復期リハビリ病棟とは、急性期や慢性期の脳血管疾患や高次脳機能障害を持つ患者さんが、リハビリテーションを目的として入院する病棟です。

早期からリハビリ訓練を行うことにより、回復の見込みが高まり、在宅復帰することができます。治療としては、点滴や採血、カテーテル管理がありますが、一人が抱える人数は、急性期に比べると半分以下です。

介護では、正看護師と准看護師共に、介護福祉士と協力しながら、排泄援助や環境整備を行っていきます。

リハビリでは、病棟内やベッド上で、患者さんが1人で行えるようなプランを、リハビリスタッフの理学療法士や作業療法士、言語聴覚士と一緒に考えていく必要があります。

病棟内でも患者さんが行えるように、リハビリの指導をしていくことも大切な業務の1つです。

リハビリテーション病院の回復期リハビリ病棟での看護業務は?

一般病院の回復期リハビリ病棟は、在宅復帰する患者さんだけではなく、介護施設に行く人も多くみえます。それに比べ、リハビリテーション病院では、ほとんどの人が在宅復帰することを目標としてリハビリを行います。

そのため、日常生活を送ることを意識したリハビリが行われます。看護業務として、一般病院の回復期リハビリ病棟に比べると、リハビリと関わる機会が多くなります。

医師やリハビリスタッフとチームになり、患者さんの指導や訓練を行っていきます。看護技術はもちろんですが、リハビリに対する知識が必要となり、リハビリの時間以外に、病棟で行える日常生活動作の訓練を看護師が行っていきます。

回復期リハビリ病棟の外来での看護師の役割と仕事内容は?

回復期リハビリ病棟の外来は、急性期病院からの紹介を受けることから始まります。紹介を受けたのちに、医師やリハビリスタッフ、病棟スタッフ、外来看護師とカンファレンスを行い、必要時には入院の運びとなります。

外来看護師は、患者さんの身体状況や、リハビリの必要性を見極め、入院するまで関わっていきます。患者さんの状況をカンファレンスでしっかり伝えることと、患者さんへの説明が大切な役割です。

外来看護師には、身体に関わる幅広い知識と、わかりやすく説明をすることが大切な役割です。

「できるADL」と「しているADL」の差を埋める

回復期リハビリ病棟における看護師の役割で最も重要なのが、「できるADL」と「しているADL」の差を埋めることです。

患者さんが、リハビリの時間にはできていても日常生活ではできない動作を「できるADL」、日常生活で実行できている動作を「しているADL」と呼びます。

リハビリの時間は訓練としての場なので、実際の生活の中で取り入れるのが難しかったり、習熟が足りなかったりと、様々な要因からリハビリの時間にできていた動作を日常生活でも実行できるとは限りません。

そこで、看護師の役割が重要となります。

患者さんそれぞれの年齢や職業、家族構成によって、在宅復帰した際に必要となる日常生活動作は異なります。

それを看護師が見極め、さらに日常生活でできる動作を増やせるようにADLケアをします。

患者さんが自分でできることはできるだけ自分でやってもらい、できないことだけ手助けするようにしましょう。

QOLに配慮!チーム医療で社会復帰を支援

回復期リハビリ病棟では、チーム医療の連携が大きな特徴です。

リハビリに関することは理学療法士や作業療法士や言語聴覚士、薬のことは薬剤師が行い、それぞれの面から患者さんを診て情報交換をすることで、患者さんに最適な入院生活を送っていただきます。

そして看護師は、QOLに配慮し患者の状態を日々細かく確認し、患者さんとのコミュニケーションを大切にして精神的なケアをします。

病気や障害によって以前のような生活を送れなくなった患者さんのストレスはかなりのものだと思います。

そんな患者さんたちに、病気や障害と向き合って生活してもらうために、看護師が障害受容に導くことが重要です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧