回復期リハビリ病棟で働く看護師の給与

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

新人看護師や転職先を考えている看護師にとって、回復期リハビリ病棟で働くときの給料はどれぐらいか気になるところです。仕事内容と見合った給料を得ることはできるのか、回復期リハビリ病棟ならではの手当はあるのかという疑問を解決していきます。また、回復期リハビリ病棟で高収入を得る方法も説明していきます。

回復期リハビリ病棟の給与実態は?

回復期リハビリ病棟は、一般病棟に比べると医療行為が少ないため、給料が少ないと思われていますが、実際には、一般病棟と比べて基本給は変わりありません。

リハビリテーション看護が主体となるリハビリ病棟では、医療物品など使用が少ないことで必要経費が少ないです。

また、急性期や慢性期とは違い、持続点滴や24時間管理の必要な患者さんはほとんどいないため、通常の患者7名に対し看護師1名の7:1ではなく、15:1や13:1で看護を行っています。

人件費が少ない分、医療法人によっては、1人の基本給が一般病棟より高くなっている場合もあります。

回復期リハビリ病棟では、正看護師だけではなく、准看護師も多く働いています。正看護師に比べたら給与は下がりますが、一般病棟の准看護師に比べると、全体的に高い給与が得られます。

また、総合病院より回復期リハビリテーション病院の指定を受けている施設のほうが、給与が高いです。

回復期リハビリ病棟の看護師手当は?

手当については一般病棟と同様に、住宅手当や通勤手当、職務手当はもちろんですが、夜勤があれば夜勤手当が付きます。

病院によっては、早番の早朝手当や休日出勤の休日手当がありますが、リハビリ病棟では、時間に追われる業務が少ないため、残業があまりなく、残業手当が見込めないことが多いです。

夜勤も一般病棟に比べると回数が少ないこともあり、月収や年収で考えると、一般病棟に比べて少し安くなるのが一般的です。

回復期リハビリ病棟の待遇面で不満なことは?

回復期リハビリ病棟は、一般病棟に比べると時間に追われることなく、落ち着いた環境で仕事ができます。

1日の決まった仕事量から、緊急で増えるケースが少ないため、時間にゆとりをもって残業することなく帰宅することができます。

特別急変がなければ、カルテを記入しても空き時間ができるため、リハビリスタッフとのミーティングや患者さんとのコミュニケーション・看護リハを行うことができます。

業務内容と給料のバランスを考えたら、不満のない待遇面です。

回復期リハビリ病棟で高収入を得る方法は?

回復期リハビリ病棟では、ただ年数を働いただけでは、あまり給料を上げることはできません。高収入を得る方法には2つの方法があります。

1つ目は、病棟主任や看護師長、看護部長と出世していくことです。出世していくことで、職務手当や管理手当により高収入を得ることができます。

2つ目は、認定看護師や専門看護師のエキスパートを目指していくことです。回復期リハビリ病棟では、脳血管疾患の患者さんが多く、嚥下訓練が大切になるため、摂食・嚥下障害看護や脳卒中リハビリテーション看護の認定看護師は、高収入を得ることができます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧