看護師協会の復職研修と個人病院の復職研修の違い

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師の復職は簡単そうに見えて難しいとも言われます。専門職であるため日進月歩の医療技術および看護技術に対応できなくなるからです。

このため復職に際して不安が先走り二の足を踏んでしまう元看護師を多く見かけます。

そこで復職支援のための研修制度を上手く利用することが重要になってきます。

復職研修にもいくつかのタイプがあり、勤務先や雇用形態により求めるパフォーマンスが異なるため、目標にあわせて研修プログラムを選ぶことが必要になります。

看護師協会の復職研修はクリニック向け?

元ナースが職場復帰することになれば様々な課題に直面します。まずはじめに問題になるのがブランクの問題です。

1年足らずの離職ナースもいれば、5年、10年以上と現場から遠ざかっている看護職もいます。

比較的短期間なら職場復帰することはさほど難しいことではありません。注射や点滴という医療技術の感覚も衰えていないので職場復帰の妨げにはならないものです。

とは言っても復職看護師には看護師復職支援研修が必要になりますし、復職支援研修がないと現場の復職には高いハードルが待ち構えています。

一般的に看護師復職支援プログラムには大きく分けて3つのタイプがあります。ひとつは日本看護協会が主催するもの。細かく言えば各地域の看護協会が開催している復職支援研修です。

看護職の概要からはじまり、最新医療機器の取り扱いなどを学びます。復職支援研修の期間は1週間前後から2週間程度のプログラムが多いようです。

現場復帰する際の大まかな点をコンパクトにまとめたのが看護協会主催の研修といえます。2つ目は大学病院や看護学校などの教育機関が実施する復職支援プログラムです。

こちらも看護協会主催の研修同様、現場復帰するための幅広い知識を満遍なく会得するという感じになります。

病院主催の研修は実践重視?

最後になりますが、実践的なプログラムが組まれているのが医療機関で行われる復職支援制度です。この研修が上記の2例と違う点は入職とリンクすることがあるということです。

病院で開催される復職支援プログラムは看護師の囲い込みという側面があり、プログラム終了後に研修先病院への入職を決める ブランク看護師も少なくありません。

研修内容が実践に即して深く学べるため、入職後研修とあわせ即戦力として期待されています。

ただ、ひとつ注意しなければならないのは、求人されるすべての病院で復職支援制度が用意されているわけではないことです。

まず条件の良い求人募集があれば、復職支援制度などの教育プログラムがあるか確かめてみましょう。もしあれば積極的に参加されることをお勧します。

病院の雰囲気を感じ、働いている看護師の様子も見ることができるからです。

また、医療現場で開かれる復職支援研修は現状における自分の能力を確認することができます。

ブランクが長くなればあらゆる壁にあたり、病棟勤務などへの復帰限界を悟ることができます。

病棟勤務の復帰が無理なら外来専門、訪問看護や介護施設での就職を視野に復職を考えることができます。

看護力がもっとも必要とされる病棟での看護業務はハードルが高く、ブランク期間が短いナース向けとなります。

不安を乗り切るため転職支援サービスを利用しよう!

クリニックでの復職、訪問看護ステーション等々で復帰を希望されるなら、日本看護協会が実施する看護職復職支援で十分ともいえます。

復職にあたってどの現場を目指しているのかを再確認して復職支援研修先を選ぶことにしましょう。

小さな子どもをもつ復帰看護師なら子育てとの両立が不安になると思います。現場復帰に失敗した看護師の話はよく聞きます。

しかし冷静に考えてみてください。今現在、看護師不足は続いています。のどから手が欲しいほど看護師を必要としている病院や施設は山ほどあります。

転職活動は見方を変えれば交渉です。何も一人で求職活動をしなくても転職支援サービスなどが充実しています。

家事や子育てをしながら復帰のための勉強は大変かもしれません。しかし、転職支援サービスを利用することで余分な労力が省けるため、家事と再就職の活動を両立することができます。

なかなか分かりづらい看護師の復職事情。客観的なアドバイスをもらいながらの求職活動が復職の良し悪しを決めることになります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

2月は毎日のように新しい求人が増える時期!

求人を探している人にとって絶好のチャンス!4月入職に向けてあたらしい求人がどんどん増える時期になります。

年度末の退職だけど有休消化で出勤しない看護師がいたり、早めに退職するスタッフがいたり、スタッフが不足している医療機関が多くなる時期でもあるのです。

また内定辞退も多くなり、新しい求人が看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されます。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし除法が入る時期も違います。条件がいい求人を探している方は、複数のサイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧