内視鏡室の看護師の給与の実態と手当

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

内視鏡室で働く看護師の給与は、他科と比較してどう違いがあるのでしょうか。

内視鏡室への異動を希望する前や、内視鏡センターに転職する前に、内視鏡室看護師の給料について理解しておきましょう。

内視鏡室の看護師のお給料

内視鏡室での看護業務は、内視鏡検査の準備と介助です。内視鏡だけのクリニックや内視鏡だけの個人病院は非常に少ないですので、主に総合病院や大学病院内の勤務となります。

また、午前9時から午後5時の定時の勤務となることがほとんどですので、他科の外来看護師と同じく20万円~25万円が相場となります。

ですが、内視鏡室の給与は、どれだけ多くの検査をこなすかに比例する医療機関も多いです。

特に消化器系を専門とする病院の内視鏡室に勤務した場合、内視鏡検査の数も必然的に多くなりますので基本給与が30万円前後のことも珍しくありません。

高収入を目指すなら、消化器系の医院の内視鏡室や、評判の高い消化器外科のある総合病院が良いと言えるでしょう。

内視鏡室の看護師の年収相場

内視鏡室では、検査業務が予定通りに遂行されることが通常ですので、残業も滅多になく、基本給のみになることも多いです。

ですから年収は賞与の多さと関わってくると言えます。賞与の多い国立系や公立系の医療機関は、内視鏡室の看護師も年収が多めと言えるでしょう。

全体的には350万円~400万円が相場です。残業なしの外来勤務看護師の平均的な額と言えるでしょう。

内視鏡室の看護師の手当

内視鏡室では残業手当や夜勤手当はほとんど見込めません。2014年度の日本看護協会の報告によりますと、看護師は平均的に手当として月額10万円前後を受け取っています。

この手当が無い分、内視鏡室ナースは給料が少ない、待遇が良くないと不満に思うかもしれません。

ですが、残業や夜勤がなく、急患もないという状況を考えるなら、大抵の場合が納得のいく給与体系と言えるのではないでしょうか。

また、内視鏡看護師としてスキルアップを目指すなら、内視鏡技師の資格に行きつきます。

内視鏡技師の資格には多くの医療機関において資格手当が支給されますので、努力が報われる資格とも言えます。

内視鏡室専任の看護師の募集は、全国的に見ても数がそう多くはありません。

ですが、ほとんどの内視鏡室が日勤のみですので、家庭との両立もしやすく、子どもが小さい看護師にも最適な職場ということができます。

検査件数や扱う診療科目にも注意して、看護師求人を見て行きましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧