循環器科の看護師として働くメリットとデメリット

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
循環器科のナースとして勤務するメリットやデメリットは何でしょうか。循環器科の特徴についても見て行きましょう。

循環器科の特徴

循環器科では、心筋梗塞や心不全などの心疾患や、血管に関する疾病を主に扱います。また、生活習慣病とも言われる高血圧や糖尿病も扱う診療科です。

体の臓器は全て生命活動に必要ですが、心臓や血管はその中でも特に命に直接関係しますので、様態が急変する患者や重症の患者が多いことも特徴です。

循環器系を循環器内科・循環器外科と分ける場合もあります。カテーテル治療や投薬による治療など手術を伴わない疾患は循環器内科で扱います。

循環器内科を心臓内科や血液内科と呼ぶ病院もあります。また、手術を伴う場合は循環器外科で担当します。同じく心臓外科、血管心臓外科と呼ばれることもあります。

循環器科で働くメリット

看護師としてのスキルアップを狙うなら、この循環器科と脳神経外科、そして手術室が看護師に人気の職場と言われています。

心電図や心エコーなどの循環器科特有の医療機器の扱い方だけでなく、循環器科で使用する専門用語や略語などについても知識を深めることができます。

また、入院患者のケア、昼夜問わずの処置や救急手術など、幅広くそして専門性の高い看護業務と、それらにすぐに対応できるスキルを習得できる魅力的な職場です。

そして、勉強熱心な看護師や経験豊かな医療スタッフも多い職場ですので、周囲からも多くの刺激を受けることができると言えます。

非常に業務は多い職場ですが、基本的な収入は他の診療科と大きな違いはありません。ですが、夜勤手当や手術手当などが加算されますので、看護師年収としては幾分多いと言えるでしょう。

循環器科で働くデメリット

看護技術向上や知識向上には非常に良い職場ですが、夜勤が比較的多く、また、ナースコールに素早く応えないと生死にかかわることが多いですので、高い集中力を求められる職場と言えます。

常に緊張した状態で勤務に付きますので、ストレスがたまることもあるでしょう。

また、専門知識も多く必要とされますので、循環器ナースの資格の勉強をしたいと考えるナースもいるでしょう。

ですが、忙しすぎて、また疲れすぎて自分の時間が取れない状況になることもよくあります。

循環器看護は給与の面だけで考えるならば、決して妥当と言えない仕事かもしれません。ですが、長い看護師人生において、大きく看護師キャリアアップを目指すためには、やりがいも多く目標も持てる最適の職場とも言えるでしょう。

注意点として、循環器外来や循環器病棟では、循環器専門看護師のみを求人することがあげられます。就職を希望するなら、まず資格修得が必要になることもあるのです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧