精神対話士の資格と役割

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

試練を乗り越えるためのお手伝い

人生には、様々な試練が待ち受けています。その試練を一つ一つ乗り越えることで人は成長していきますが、自分一人の力では乗り越えるのが困難な心の試練もあります。そんな時は、身近にいる人の手助けが必要です。

家族や友人に今抱えている問題について話を聞いてもらうだけで、気持ちが楽になり、また新たな一歩を踏み出す勇気が湧いてくることがあります。ですが、社会生活や家族関係の変化に伴い、人間関係の希薄現象が進む現代では、人に悩みを打ち明けるという行為そのものが難しい環境にあります。

人と人とのつながりが弱まったことで増え続ける、孤独感や寂しさという心の痛みを抱える人に対し、対話を通して精神的な支援を行う専門家として精神対話士という資格が存在しています。

精神対話士の特徴

1993年、慶應義塾大学医学部出身の医師たちによって設立された財団法人メンタルケア協会は、対話が持つ力にいち早く着目しました。心を扱う専門職が数々ある中で、それまで存在しなかった「話を聴くことのプロフェッショナル」を育成することを目的に、日本で初めて確立された資格が精神対話士です。

精神対話士は、薬を処方するなどの医療的な処置や、心理査定・精神療法などを一切行わず、真心のこもった対話で傷ついた心を癒し、明日への希望を見出すための支援を行っていきます。

心の訪問ケアといわれるように、メンタルケアを必要とする人の望む場所へ自ら赴いて行くという点も、精神対話士ならではの特徴といえます。

人間性が問われる職業

精神対話士の資格取得にあたっては、メンタルケア・スペシャリスト養成講座の基礎課程と実践課程を修了することが義務づけられています。精神対話士選考試験に合格し、業務委託契約締結を果たすことで精神対話士としての活動が許されることになります。

精神対話士の活動対象は、基本的に精神治療を必要としない対話の可能な状態にある人が中心になります。学校や職場での人間関係のストレスで悩んでいる人、不慮の事故や震災に遭った被災者、重篤な状況にある病人、生きがいを見失った高齢者など、様々な局面で精神的な重荷を抱えてしまっている幅広い世代の人々がクライアントとなります。

精神対話士を目指すのに、年齢はもちろん学歴も職歴も不問ですが、あらゆる立場にある人の心に寄り添い、聞き役に徹するためには何より、豊かな人間性が問われることになります。これまで歩んできた人生経験のすべてが活かされる職業といっても過言ではありません。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧