新卒でICU病棟に配属…なれない業務で苦戦する日々

  • no image0
  • LINEで送る

看護師資格取得後、ICU病棟へ配属

私は看護師資格取得後、新卒でICU病棟へ配属され勤務していました。重症患者さんばかりのため侵襲の多い処置をベッド上で行う事も多く、指示変更やバイタルチェックなども頻繁にある状況でした。

そのため受け持ちは1:1~1:2と少なく、残業は比較的少ない病棟でした。呼吸器系、循環器系など内科系の疾患が多く、心臓カテーテル室での業務もありました。勉強会や病棟会、係の活動などが熱心に行われている病棟で、休日や時間外の活動は比較的多くありました。

スタッフは40名近く在籍し、女性スタッフがほとんどでした。年齢層はバラバラでしたが未婚のスタッフが多く、家庭と仕事を両立しているスタッフは少ないなという印象でした。

また専門的な知識を持ったスタッフが必要とされる分野だったためか、10年以上同じ病棟で勤務しているスタッフも珍しくありませんでした。結婚をして退職していくスタッフもいましたが、いずれも一人前になり後輩を育成し終えた中堅スタッフばかりでした。

早く結婚したいなという思いもありましたが自分自身の余裕のなさや中堅スタッフの結婚退職による人手不足もあり、まだまだ実現はできそうにないなという状況でした。

要求される看護のレベルは高く新人看護師として苦戦する日々

私の状況はというと、社会人としてのルールも十分に身についていない状況で入職し、右も左もわからない状態から何とか一人前になろうと必死にもがく毎日でした。

敗血症などの重症患者を先輩に相談しつつひとりで受け持つことができるような段階にはなりましたが要求される看護のレベルは高く、いつまでたっても不安な気持ちを抱えたまま仕事をしていました。

技術的な面においても特殊な分野のため基礎看護技術を実践できる機会が少なく、一般病棟で働いている同僚が毎日やっているようなことがなかなか習得できずに自信の持てない状況が続きました。

また患者さんの多くは鎮静がかけられていたり、疾患により意識を保つのが難しい状況であったりするため、コミュニケーションがとりづらい状況でした。

看護をしていく中で患者さんの人間性に触れたり、その人となりを知ったりということは看護師としてのモチベーションを保ってくれる要素のひとつだと私は感じていますが、ICUの患者さんは病状が落ち着くとすぐに一般病棟へ退室となるため、元気になった姿を見たり楽しくお話をしたりという機会はごくわずかでした。

生死の境をさまよう患者さんに対しての重い責任を負う業務、先輩の細やかで厳しい監視がだんだんと辛くなり、気の休まることがない日々を過ごしていました。

看護業務が上手くいかず自暴自棄に

そんな毎日を送る中、なかなか進歩しない自分自身に苛立ち、自暴自棄な考えや行動をしてしまうことが多くなっていきました。勉強をしなければならないことはわかっているのですが仕事の事を考えるのがつらく、気分転換などの現実逃避に時間を費やしてしまい就寝時間が遅くなることが多くなっていきました。

そのことによって日中もボーっとして基本的な業務でもミスが増え、仕事に集中できない悪循環に陥っていました。ミスに対して振り返りや反省を求められると過剰に自分を責めて考え込んでしまい、心も体も動きが鈍くなっていきました。

そしてその頃には当初のような、早く一人前の看護師になりたいという情熱をもって仕事をすることが難しくなっていました。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

7月・8月はボーナス時期!転職に向けて早めの情報収集を!

7~8月はボーナス支給時期です。夏のボーナス後の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると出遅れてしまいます。

中途採用で経験者を補充したい医療機関の求人も活発になってきます。大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧