【体位ドレナージ】

看護技術情報
  • no image0
  • LINEで送る

1.体位ドレナージの目的

痰などの気道分泌物が貯留する患者さんに一定の体位をとってもらい、重力を利用して分泌物の貯留した肺区域から中枢気道へ分泌物を誘導・排出すること。 また、体位ドレナージは単独で使用されることは少なく、呼吸介助手技、軽打法、振動法 ゆすり法などの排痰法と併用されることが多い。

2.体位ドレナージの適応

気道分泌物が貯留していることが前提であり、また患者の全身状態が体位ドレナージの適応か否かをアセスメント・判断する。体位ドレナージを行うことで、低酸素症、不整脈、疼痛などの合併症を引き起こすリスクがある。

適応

  • 自力で排痰ができない
  • 慢性呼吸器疾患により、気道分泌物の貯留・喀出が多い
  • 術後合併症で無気肺を起こした
  • 人工呼吸器装着中で気道分泌物の貯留が多い など

禁忌

  • 頭蓋内圧が20mmHg以上
  • 頭頸部損傷で、固定する以前の状態
  • 血行動態が不安定な活動性出血(絶対的禁忌)
  • 膿胸、胸水(ドレナージされていないもの)
  • 気管支胸腔瘻
  • うっ血性心不全に関連した肺水腫
  • 肺塞栓
  • 体位変換に耐えられない高齢者、精神錯乱者、精神不安定の強い人
  • 喘息重積発作
  • 肺出血、肺梗塞など

3.体位ドレナージの必要物品

1.聴診器 2.パルスオキシメーター 3.枕

4.枕の種類

小枕脇や下肢に置く等、身体の隙間が小さいところに使用
長枕背中の下など、身体のサイズに合わせて使用
三角枕安定させたい部位に使用
低反発枕疼痛が強い患者、褥瘡リスクが高い患者に使用
ビーズ枕足の下などに使用、体位をしっかり保持したい場合は向かない

5.手順、ポイント

1.患者の胸部X線検査の所見などを確認し、体位ドレナージの施行が可能かどうかを判断する(医師と相談する)

2.気道分泌物がどの位置に貯留しているかを聴診器で確認する

  • 体位ドレナージを施行する際、気道分泌物がどの位置に貯留しているかをアセスメント することが重要。前面、側面、背面で行う。
  • 気道分泌物が貯留しているときは、低音性連続音(グーグー音)粗い断続音(ブツブツ 音、バリバリ音)で確認される。
  • 肺炎、無気肺の部位を呼吸音が減弱している部位で確認する。

※食前、食後は避け、食後2時間以上が経過してから行う

  
  • <右肺10区域>
  • 上葉区 S1 肺尖区
    S2 後上葉区
    S3 前上葉区
    中葉区 S4 外側中葉区
    S5 内側中葉区
    下葉区 S6 上―下葉区
    S7 内側肺底区
    S8 前肺底区
    S9 外側肺底区
    S10 後肺底区
  • <左肺8区域>
  • 上葉区 S1+2 肺尖後区
    S3 前上葉区
    舌区 S4 上舌区
    S5 下舌区
    下葉区 S6 上―下葉区
    S8 前肺底区
    S9 外側肺底区
    S10 後肺底区

    3.気道分泌物が貯留する部分を最も高くなるように体位をとり、重力の作用を用いて末梢気道からの気道分泌物の移動を図る

  • 1回の体位保持は10~20分が目安
  • 1日2~6回施行
  • 呼吸、循環動態を観察しながら体位を保持し、異常があれば中止する
  • 4.排痰体位への変換

  • S1、S3、S8に貯留している場合⇒背臥位

  • 仰臥位の状態からベッドを10~20°程度ギャッチアップ
  • 頭側に低い枕を置く
  • ※頭低位は、頭蓋内圧を上昇させたり不整脈を誘発するため行わないことが多い。頭低位をとらなくても分泌物は純分に移動する。

  • 膝下に枕を入れ、下肢を安定させる(踵部に荷重がかからないように)
  • 上肢に枕を入れる(肘部がベッドにつかないように)
  • 体幹が安定するよう、腰部、臀部の横に丸めたタオルを入れる
  • 掛物をかけ、安楽にしてもらう
  • ※下肢の血流障害予防のため、靴下をはくなど保温に努める

  • S2に貯留している場合⇒前方45°側臥位

  • 患者を自分に近い方に移動し、身体の下敷きにならないように下側になる上肢を拳上す  る
  • ベッドは10~20°ギャッチアップ
  • 上側になる膝を拳上し、上側になる上司を患者の胸に置く
  • 顔を移動する側に向ける
  • 膝と肩を引きよせ、側臥位にする
  • 左側臥位から前方45°に傾けて、安定するように調整する
  • ※顔は外側に向けて呼吸しやすくする

  • 上肢は枕を抱え込むように入れる
  • 胸部・腹部に枕やバスタオルを入れる
  • 上側になる足を曲げ、安定を保つために膝に小枕を入れる
  • 両足の踵が触れないように枕を挟む
  • S6、S10に貯留している場合⇒腹臥位
  • 腹臥位(うつぶせ)にし、ベッドはフラットにする
  • 胸部に枕を入れる、足首に小枕を入れる
  •  

    ※上肢を動かすなど血行に注意

  • 顔をやや斜めにして枕を置き、呼吸しやすくする
  • S9に貯留している場合⇒側臥位(貯留している側を上に)
  • ベッドを10~20°ギャッチアップし、右側臥位にする
  • 肩で支えられるよう、頭の枕に高さをつける
  • 上肢に枕を抱えるように入れる
  • 下肢が安定するように枕を入れる
  • ※一般的な側臥位だが、体位が完全に安定するように枕でしっかり支える

  • S4,S5に貯留している場合⇒後方45°側臥位
  • ベッドはフラットにする
  • 側臥位ののちに、後方45背臥位をとる姿勢にする
  • 背側に枕を入れて安定させる
  • 5.体位ドレナージ中は、バイタルサイン(SPO2、心拍数、呼吸状態など)を十分に観察しながら行う。低酸素血症、不整脈、疼痛などの合併症の危険があれば中止する。

    ※スクイージング(排痰部位の胸郭を圧迫する手技)などを併せて行うと効果的であるが、十分な技術の習得が必要である

    6.体位ドレナージ後は、貯留した気道分泌物を除去するため、気管吸引を行う。

    ※施行前に、去痰剤の吸入などをしておくと分泌物が移動しやすい

    7.聴診器で呼吸状態を確認し、施行前・後の変化を観察する

  • 貯留部位と選択体位、痰量・性状、全身状態の観察・アセスメントを行い記録する
  • 施行した体位ドレナージが効果的であったかどうかを評価し、修正していく
この記事を監修した人
ココナス編集部
はる
地方の公立大学病院小児科病棟で2年勤務したのち看護師をやめ都内のIT企業に転職。結婚を機にUターンし専業主婦となる。10年のブランクを経て訪問看護師として復職。その後、急性期病院の外来・救急外来勤務を経て、療養型病院の病棟師長として勤務。家族の都合により上京後は回復期リハビリ病棟に勤務。看護師として通算15年以上の臨床経験がある。現在はココナスにて記事の企画、監修をはじめメディア運営を行う。管理人プロフィールはこちら>>

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

1月は新しい求人が増える時期!

転職シーズンに入り転職活動が活発化する時期。4月入職に向けてあたらしい求人がどんどん増える時期になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧