正しい吸引の方法(気切・気管挿管)

看護技術情報
  • no image0
  • LINEで送る

目的、必要物品

正しい吸引の方法(気切・気管挿管)の目的

気道を確保するために、口腔内や気道に貯留している唾液や痰を吸引により除去する。 肺炎などの感染症や気道閉塞を防ぐ。

正しい吸引の方法(気切・気管挿管)の必要物品

吸引器、吸引用カテーテル(10~12F)※外径が人工気道の内径の1/2以下のカテーテルを使用、滅菌手袋もしくは滅菌せっ子、マスク、精製水の入った滅菌カップ、聴診器、パルスオキシメーター(必要時)、ジャクソンリースもしくはアンビューバッッグ、酸素、カフ圧測定器、ガーグルベースン、エプロン、ティッシュペーパー

事前準備

1.患者に説明し体位を整える。

  • 吸引の必要性があるか確認をする。
  • 吸引の方法や目的、苦痛が生じる事を説明する。
  • 酸素流量計にジャクソンリースもしくはアンビューバッグを接続し、用手的加圧換気を数回行う。(必要時)

2.吸引器が使用出来るか確認する。

  • 吸引瓶に水道水100ml以上入っている事を確認する。
  • 吸引器の開閉バルブを開き、吸引管を指で摘んで閉じて、圧の上昇を確認する。

手順・方法

1.吸引用カテーテルを接続して吸引の準備をする。

  • 手洗い後マスク、滅菌手袋を装着し、カテーテルの接続部分のみパックから出して無菌的に吸引管と接続する。
  • 利き手ではない方の母指でカテーテルの接続部分を折り曲げて閉塞させる。
  • 閉塞させたまま、吸引器のバルブを開き、吸引圧を-20kPa(-150mmHg)に調整する。
  • カテーテルをパックから全て取り出し、滅菌せっ子で先端から7~10cmの所を持つ。
  • カテーテルを湿らせるために、少量の精製水を吸引する。

2.気切・気管挿管からの吸引を行う。

  • カテーテルを半分閉塞にし、患者に声を掛けながら、静かに気管カニューレに挿管チューブの+1cmを目安に挿入する。
  • カテーテルを目的の部位まで挿入したら、閉塞していた母指を放し、吸引を開始する。
  • こよりを捻じるようにカテーテルを抜く事で気道内の分泌物を吸引する。

※せっ子を使用している場合には、一定の部位だけに圧が掛からないように配慮する。

  • 回の吸引は10秒以内に留める。
  • 同じカテーテルを使用して、必要に応じて口腔内、鼻腔内、喉頭内、咽頭内の吸引を行う。

3.カテーテルの片付けを行う。

  • カテーテル接続部からアルコール綿で挟み、カテーテルの先端まで付着物を拭き取る。
  • 精製水を少量吸引し、カテーテル内部の付着物を吸い取る。
  • 吸引バルブを閉じた後、接続部からカテーテルを外し、捨てる。

※コスト面により、破棄せず保管容器に戻す場合もある。

4.患者と分泌物の観察を行う。

5.記録を行う。

  • 手洗い後、観察した内容の記録を行う。

観察項目

  • 口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部の出血や損傷の有無
  • 気管カニューレ周囲の状態、固定の状態
  • むせこみの有無
  • 痰のあふれ出しの有無
  • 顔色
  • 酸素飽和度
  • 痰の絡みの有無
  • カフエアの確認
  • 聴診器で副雑音の有無

看護のポイント・コツ

  • むやみに行わず、必要に応じて施行する。
  • マスク・手袋を着用し感染源にならないようにする。
  • せっ子を使用せず滅菌手袋を装着した状態でカテーテルを扱っても問題ない。
  • せっ子や滅菌手袋を使わない場合には、衛生や安全管理に気をつけ統一した手順で行う。
  • 半分閉塞での挿入は付着物を押し込まないためである。
  • 吸引時のカテーテルのピストン運動は粘膜を損傷する恐れがあるので行わない。
  • 切な吸引圧で行わないと粘膜を損傷する恐れがある。
  • 分泌物が多い時には、数回にわけて吸引を行う。
  • 1日1回は吸引瓶を交換する。瓶の70~80%まで液が溜まっていたら適宜交換する。
  • カテーテルの保存には浸漬法と乾燥法があり、勤務先に応じて対応する。

注意点

  • 吸引時間が長い事による低酸素状態、肺胞虚脱、無気肺:呼吸苦や胸部痛がある場合、血中酸素濃度が低い場合には報告。
  • 吸引圧が高い事による気道粘膜の損傷や出血:少量の場合は経過観察。量に応じて早急に報告。
  • 迷走神経の刺激による不整脈や血圧の変動、心拍数の増加:安静を保ち、報告後特に指示なければ経過観察。
  • 手技的な問題による感染:感染に対応した看護。手技を必ず守る。

解剖生理

  • 輪状軟骨から気管分岐部まで約10~12cm。
この記事を監修した人
ココナス編集部
はる
地方の公立大学病院小児科病棟で2年勤務したのち看護師をやめ都内のIT企業に転職。結婚を機にUターンし専業主婦となる。10年のブランクを経て訪問看護師として復職。その後、急性期病院の外来・救急外来勤務を経て、療養型病院の病棟師長として勤務。家族の都合により上京後は回復期リハビリ病棟に勤務。看護師として通算15年以上の臨床経験がある。現在はココナスにて記事の企画、監修をはじめメディア運営を行う。管理人プロフィールはこちら>>

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナースではたらこ
5位 医療ワーカー

7月・8月はボーナス時期!転職に向けて早めの情報収集を!

7~8月はボーナス支給時期です。夏のボーナス後の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると出遅れてしまいます。

中途採用で経験者を補充したい医療機関の求人も活発になってきます。大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧