看護師の72時間ルールって何?夜勤の勤務時間や働き方の変化は?

  • no image0
  • LINEで送る

入院設備のある医療機関で働く看護師にとって、夜勤は切り離すことができない業務の一つです。

同時に、人間が本来睡眠をとって休息するべき夜間帯において、命と向き合う緊張感のなかで働くことは、身体的にも精神的にも大きな負担を伴うため、看護師の仕事の大変さを物語る代表的な業務でもあります。

夜勤には、2交代制と3交代制があり、それぞれの職場で毎月勤務シフトが組まれていきますが、人材不足などで1人1ヶ月あたりの夜勤回数が多くなると、看護師自身に健康被害が発生するリスクが高まります。

夜勤を行う看護師を対象に72時間ルールという規定が設けられていますが、これから、このルールについてご説明していきます。

看護師の72時間ルールとは?

病院など医療機関の入院基本料を算定するための施設基準では、「夜勤を行う看護師1人当たりの月平均夜勤時間数は72時間以内であること」という通則が定められており、これが72時間ルールとよばれているものです。

この通則は、看護師の夜勤負担を軽減し、安全な医療を推進するために、2006年の診療報酬改定により複数夜勤とともに新設されたルールで、これに背いた病院側には診療報酬の減算という処分が下されます。

病院側にとって人材確保が絶対条件の厳しいルールである一方、夜勤に関する労働法制の整備が未だ不十分といえる看護師にとっては、このルールこそが健康と安全を守る生命線であり、労働環境確保のための最後の砦となっています。

しかし、その72時間ルールも、夜勤要件の見直しを求める病院団体からの強い訴えにより、2016年の診療報酬改定を前に、撤廃もしくは緩和の危機に見舞われることになりました。

日本看護協会は、夜勤が増えることで看護師の疲弊が増大し、それによって離職者が増え、更なる人材不足に陥るとして、72時間ルールの堅持を強く求めましたが、2016年度改定の際に、双方の要望の折衷案とするルール変更にいたっています。

「72時間ルール」の計算方法・要件

72時間ルールにおける月平均夜勤時間数の計算方法は、1ヶ月もしくは28日間に、夜勤を行う全ての看護師の夜勤合計時間数を、夜勤を行う看護師の合計人数で割るというものです。

この計算式で導かれた値が72時間以内でなければならないとするうえで、2016年に変更された要件というのが、夜勤要員として認められる看護師の1ヶ月当たりの夜勤時間数についてです。

改定前は、入院基本料を算定する全ての病棟において、月16時間以上の夜勤を行っていない看護師は夜勤要員に数えられることはありませんでした。改定後も、入院基本料7対1および10対1の病棟では変更はありません。

しかし、それ以外の病棟つまり13対1、15対1、18対1といった看護配置を行う回復期や慢性期の病棟では、1ヶ月当たり8時間以上の夜勤を行えば夜勤要員として認めるという内容に変わっています。

これにより、1ヶ月の間に3交代制の準夜勤もしくは深夜勤を行った回数が1回という看護師も夜勤要員に加えられることになりました。

看護師の72時間ルールの問題点

少ない回数であれ、夜勤要員が増えることで、看護師一人ひとりの負担軽減が期待されるはずですが、この要件には思わぬ落とし穴があります。

例えば、それまで10人の看護師が毎月72時間の夜勤を行っていた病棟に、8時間夜勤を1回行う看護師が2人加わったとします。

増員されたことで1人当たりの平均夜勤時間数は約60時間に抑えられ、わずかながら夜勤回数を少なくすることができます。

ですがここで、要件のなかに、看護師一人ひとりの夜勤時間数に上限を定める項目がないという問題点が浮かび上がることになります。

先程の例で、72時間の夜勤が可能な看護師10人のうち2人が他の病棟に異動になった場合、その2人が行うはずの夜勤を残りの8人でカバーしなければならないという事態に陥ります。

看護師1人当たりの夜勤上限時間が定められていないことで、病院側は、平均夜勤時間数が72時間を超えない限り、こういった人員配置を行うことが可能であり、夜勤時間の偏りとともに看護師の負担はさらに増す結果となります。

夜勤回数の増大に歯止めをかけることで、過重労働から看護師を守り、離職や医療事故を防ぐのが72時間ルールの最大の目的ですが、必ずしもその目的を果たせる内容ではないというのが現状です。

夜勤・交代制勤務の現状

中央社会保険医療協議会の調べによると、72時間以上の夜勤を行った看護師の割合は、2015年10月の時点で38.9%であったのに対し、ルール変更後の2016年10月では37.3%とわずかながら減少していることがわかります。

一方、看護師1人当たりの月平均夜勤回数を2015年10月と2016年10月で比較した場合、常勤看護師は、2交代・3交代ともに夜勤回数の変化は見られませんでした。

ただし非常勤看護師については、2交代夜勤が0.7~0.8回に増え、3交代の深夜勤が0.8~1.1回に増えている事実が明らかになっています。

この数値から、ルール変更に伴う対応策として、病院側が非常勤看護師の雇用に努めている様子がうかがえます。実際には、夜勤負担の軽減には結びついていないと言わざるを得ません。

日本看護協会の調べでは、夜勤負担が大きい病院ほど離職率が高いというデータが報告されています。

離職率の高さが更なる離職者を生む悪循環を断ち切るためには、72時間ルールだけではなく、待遇改善などさまざまな角度からきめ細かな解決策を講じることが急務であるといえるでしょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

11月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

11月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧