本当に夜勤よりも楽?看護師のオンコール勤務の実情・頻度から手当の相場まで詳しく解説

  • no image0
  • LINEで送る

看護師の仕事の中で、オンコール勤務ありという職場があります。夜間に待機するというイメージがありますが、呼ばれないときにはどうなるのでしょうか。

同じ看護師をしていても、今ひとつわからないという人も多いようです。オンコールについて理解していないと、転職時の選択にも影響してきます。

ここでは看護師のオンコールがある職場について、実情から収入への影響まで詳しく見ていきましょう。

看護師のオンコール勤務とは

オンコールが呼び出しであることは、良く知られていますが、実際にはどのような勤務体制となるのでしょうか。オンコールの基礎知識について見ておきましょう。

スタッフが手薄になる時間帯をフォローする制度

緊急医療に対応する医療施設や入院設備のある病院では、24時間体制で患者を見守る必要があります。

特に容態が激変する患者や利用者を扱っている施設では、一時的に看護師の数が足りなくなることもあります。そうした急変時に備えて敷かれているのが、オンコール体制です。

一般的にオンコールがあるのは、病院では手術室や救急担当、訪問看護などの介護施設です。

オンコールの担当者は、勤務時間外でも呼ばれたらすぐに現場に駆け付けられるよう待機していなければなりません。

オンコールに備えて、入浴時などでも携帯電話がすぐに取れるようにするといった配慮が必要となります。

オンコールのルールは、病院や施設によって異なりますが、多くの場合は「30分以内に病院に到着すること」「病院から半径5キロ圏内で待機すること」など、オンコールに対して直ちに対応できるのを絶対条件としています。

夜勤や当直とは違いオンコールでの待機中は、自宅待機でも外出していても構いませんが、いずれにしても緊急連絡に必ず対応できることが鉄則です。

手術室看護師のオンコール

手術室の場合、基本的に手術は平日に実施されるため、休日や夜間は看護師が休みだったり最低限の人数で業務を行ったりしています。

また手術室看護師は病棟勤務と違い、夜勤がない病院も多いようです。平日は手術の開始時間に合わせてシフトを組み、出勤時間をずらして勤務するというところが多く見られます。

休日や夜間に緊急の手術が入った場合に、緊急対応のオンコールスタッフが呼び出されます。

オンコール担当のスタッフ人数は、行う手術の範囲や病院の規模によって異なりますが、2~3名程度で、長期の休みの場合には念のため人数を多めにしてあるようです。

手術室に20~30名の看護師が所属している場合には、週に1~2回程度オンコール当番が回ってくる状況です。

平日の定時の勤務をした後でも、オンコールの担当になっていれば夜間に呼び出される場合もあります。またひとつの手術を終えた後で、次の手術に向かうということも珍しくはありません。

平日勤務を終えて帰宅して家に到着したとたん、呼び戻される場合もあります。

休日のオンコール担当者は、朝から24時間の待機となります。自宅や病院近隣などの外出は可能ですが、緊急に備えてすぐに駆け付けられる場所でなければなりません。

オンコールで呼び出されて仕事をした場合でも、短時間であれば翌日は通常のシフト勤務となります。

8時間以上の長時間や深夜帯の呼び出しなどの場合には、夜勤明け扱いとする病院が多いようです。

逆にオンコール担当で待機をしていても一度も呼び出しがない、ということも多々あります。そうした場合には休日扱いとなるため、感覚としては損をした気分になるかもしれません。

訪問看護師のオンコール

訪問看護のオンコール事情

訪問看護は、基本的には平日昼間の業務となります。夜間訪問を行っているところもありますが、あまり数は多くありません。

夜間業務がない代わりに、オンコール体制が敷かれます。オンコールの当番に当たると、自宅で利用者からの電話を受けて対応します。

不安な点についての相談を受け、対処法のアドバイスをしたり、必要な時は夜間訪問を行ったりします。状況に応じて医師に連絡をしたり、救急車を呼んだりするというケースもあります。

一般的にはオンコール用の携帯があり、当番が持ち回りで預かるしくみを取るところが多いようです。

職員が順番にオンコール当番を務めるため、訪問看護ステーションの職員数が少ないほどオンコールを行う頻度も高くなります。

ただ訪問看護サービスの場合では、病院のように急変する患者は少なく、利用者の多くは体調が落ち着いています。

そのため、病院勤務の看護師と比較すると実際にオンコール対応で呼び出される回数はそれほど多くはありません。

オンコールについては訪問看護を行っている事業所によって、体制が大きく異なります。中にはオンコール専属の看護師と契約するなどして、職員がオンコールをせずに済むようにしている場合もあるようです。

また所長やベテランの看護師だけがオンコール対応をするなど、特殊なルールを設けている事業所もあります。

訪問看護ステーションで働くすべての看護師が、オンコール勤務をしているわけではなさそうです。

訪問看護師のオンコールの実情

訪問看護師の場合は病院のオンコールと違い、コールがかかってくる相手はさまざまです。

オンコールの相手について調べたところ「利用者の家族」からが最も多く7割を占めています。次いで「医師」と「利用者」からが10%、「その他」が7%、「ケアマネジャー」からも2%ほどありました。

オンコールの内容は「身体の全体的な不調」が29%、「相談」が15%、「その他」14%、「吸引」が13%、「転倒・転落」も11%あります。

病院看護師のオンコールの場合は、何はともあれ病院に駆けつけるというのがその役割となりますが、訪問看護師の場合には主訴を聞き分けてアドバイスを与えたり自宅に赴いたりすることになります。

オンコールから実際に緊急訪問をするのは約4割と、半数以上は電話で解決しているようですが、電話を受けていることについては「実働」にカウントされません。

病院看護師と比較して介護系の方がやや高めにオンコール手当が設定されることが多いのは、そうした背景があるためと考えられます。

同調査を行った施設ではオンコールが実際にあったのは、月のうち約半数とされています。時期によっても多少の差はありますが、2日のうち1日はコールがないとも言えるでしょう。

オンコールを受けて訪問する場合については、訪問看護ステーションで規定を設けているところが多いようです。

近隣の場合には自転車や原付の利用を認めているケースもありますが、自家用車の利用は推奨されていません。特に深夜の訪問の際には事故の発生を避けるためにも、タクシーの利用が推奨されているようです。

交通費の取り決めについても施設に任されており、実費が手当に上乗せされていたりタクシー券を配布していたりするところもあります。

オンコールありの職場に応募する際には、こうした点についても確認してみる必要がありそうです。

オンコールと夜勤はどちらが楽?

夜勤は身体的負担の訴えが多い

看護師の夜勤のきつさは誰もが知るところですが、精神面と身体面での負担を比較すると、やはり身体的な辛さを挙げる声が多く聞かれます。

「とにかく眠い」「疲労が抜けない」「風邪をひきやすくなった」など、夜勤シフトが入ることで、身体にかかる負担は相当なものがあります。

また夜間の人手の少なさからの業務量が多くなり、仮眠時間を削らざるを得ないなども夜勤の厳しさが増す要因となっています。

さらに夜勤の辛さに輪をかけるのが、労働時間の延長です。夜勤の仕事が終えられなかったり、なかなか引継ぎができなかったりして16時間もの間、職場に拘束されることもあります。

オンコールは精神的負担が大きい

オンコールの場合も行動に制限がされるという意味では、夜勤と同じですが、大きな違いは待機時間中の業務がないということです。

待機場所も自宅や病院近隣など、自由度が高く、ゆっくりと身体を休めていられます。

一方でオンコールはいつ呼び出されるかわからず、また場合によっては自分の担当ではない患者を扱う可能性が高いことから、精神的な負担が大きいという声が聞かれます。

実はオンコールについては労働基準法での明確な定めがありません。夜勤のように連続シフトが禁止されていたり、月の回数が制限されていたりするわけでないため、施設任せとなっています。

そのためオンコール担当となっている休日の扱いが、業務日なのかそうではないのかがかなりあいまいです。

呼び出しがなくてもオンコール担当となれば、自宅待機しているしかありません。その日について代休を付けているという施設は、ほとんどないようです。

そうした部分でも、オンコール担当となった場合には、精神的な圧迫感を覚えるのかもしれません。オンコールが気になり、眠りが浅くなるという訴えはかなり多いようです。

さらに実際に呼び出しがあれば、通常勤務と重なり、労働時間が伸びてしまう可能性が高くなります。

看護師がオンコール勤務をすることによる影響

「訪問看護師の夜間オンコール業務と負担感および睡眠への影響」という2016年の調査によると、オンコール担当となった看護師は81.3%が精神的に負担に感じており、69.4%が身体的に負担に感じているという結果となっています。

オンコールの担当の日は担当していない日に比べて、睡眠時間が短くなり、中途覚醒回数が増えています。明らかに眠りの質が低下し、身体的にも大きな影響を与えているようです。

看護師の研究ではありませんが、オンコールと医師についての調査によると、抑うつとオンコール勤務には強い相関関係が見られたという報告もあります。

先の訪問看護師についての調査では、「待機中に遠出できない」「いつ呼び出されるか分からない緊張を伴う」という不安感がオンコール担当者に強いストレスを与えていることがわかっています。

また24時間体制をとっていない訪問看護ステーションよりも24時間体制をとっているステーションの看護師では、消耗感が強い傾向にあるという指摘もあり、オンコール体制の在り方が問われています。

訪問看護のオンコールの場合は、病院看護師のオンコールとはまた異なるプレッシャーがあります。夜間、自分ひとりに判断をゆだねられることが多く、誰にも相談できません。

日によっては何本ものコールがかかる場合もあり、多岐にわたる内容から優先度の高いものをより分け、適切に対処する必要があります。

緊急訪問や医師への連絡の判断を行い、適切な看護を提供するといった重責を担わなければならない立場です。

こうした現状から見ても、オンコール体制のある施設で働く約8割の看護師が、精神的な負担を訴えていることが十分に理解できます。

看護師のオンコール手当 相場

オンコール手当自体はかなり安価

オンコール手当の相場は手術室勤務では1,500~2,000円が相場とされています。

訪問看護ステーションでは平成27年度の調べでは1,000~2,000円未満が約34%、2,000~3,000円が約31%となっています。

ただしこれは施設によってかなり開きがあり、地方によっては訪問看護のオンコールが1,000円前後というところもあるようです。

訪問看護ステーションの場合は夜間が中心となりますが、手術室の看護師については平日も休日もあまり差がつけられていない病院もあります。

つまり24時間待機しても同じ金額で、何もなければ休日扱いとなり、単に行動が制限されただけということになります。

夜勤手当の相場が15,000~20,000円であるのを考えると、業務のあるなしということを差し引いてもかなりの差であると言えるでしょう。

実働があれば時間外手当が上乗せされる

オンコールの待機時間は労働基準法の対象外であり、業務時間として扱われないため、手当の金額は一律ではありません。

しかし実際にオンコールで何らかの対応をする場合には、時間外労働手当が発生します。

時間外勤務給は超過勤務手当、時間外手当、残業手当などの項目として記載されるものです。オンコールで実働があったときには、このいずれかが加算されることになります。

法定労働時間は原則1週40時間、1日8時間と定められていますが、これを超えている場合には、給与の25%増しの金額が加算されます。

休日手当などの名称で呼ばれるのは、休日勤務割増給として給与明細に記載されるものです。法律で定められた法定休日に働くときは、給与の35%増しの金額が加算されます。

午後10時から午前5時までに就労する場合には、給与の25%増しの深夜手当、夜勤手当と呼ばれる深夜勤務給が加算されます。

オンコール手当とは別にこれらのいずれかが加算されることになりますが、こちらについては法的に定められており、どの事業所でも必ず支払わなければなりません。

契約時に決められた基本給に従い、稼働した時間分だけ給与に上乗せされます。

オンコールがある看護師の仕事のメリット・デメリット

オンコールがある看護師の仕事について、そのメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット

  • 自宅での待機ができ、休養が取りやすい
  • 夜勤ほどライフサイクルの乱れがない
  • 収入が増やせる
  • 実働せずに済む場合がある

オンコールの大きなメリットとしては、夜勤や当直のように一定の場所で拘束されないということがあります。病院に出勤して業務をこなす必要がないため、家でのんびりとしていられます。

読書や手芸など自宅でできる趣味をもっている看護師であれば、そうした作業に時間を使うことができます。

病院の仮眠室と違い、安心して眠れるのも夜勤との大きな違いです。夜勤シフトほどは長時間の拘束がなく、ライフサイクルが乱れにくいので身体的な負担が少なくてすみます。

日勤のみで働くよりも、オンコール手当が上乗せになる分、手取りを増やせるのも魅力のひとつです。

オンコール担当であっても、コールがかからなければ実働する必要がありません。

デメリット

一方でオンコール勤務のデメリットもあります。

  • オンコールのある職場が限られている
  • 手当が安い
  • 家族との時間が阻害される
  • 休日扱いにされる
  • 法的に制度が確立されていない
  • 緊張感を強いられる

オンコール勤務が自分に合っていても、夜勤ほど一般的ではありません。制度自体がある職場は限られているため、選択が制限されます。

夜勤がある職場とオンコールがある職場では、収入への加算が大きく違います。日勤とオンコールの組み合わせだけの職場では、夜勤がある場合と比較して手取り収入がかなり少なくなります。

オンコール担当となっている日は、24時間いつ電話が入るかわかりません。家族と食事している時間やだんらんのひと時を、邪魔されることが多々あります。

オンコール担当となり待機していても、実働がない場合には休日扱いとなります。一日中コールを気にしながら自宅付近で過ごしていても、休日1日分に数えられるのは納得いかないと感じる看護師は多いようです。

オンコール制度は労働基準法で明確に規定されていません。そのため、各施設によって扱いが異なり、手当が非常に少ないところもあります。

実働の場合には働いた時間分の時間外手当がもらえますが、前後の処理などについては対象外としている施設もあり、割が合わないケースも見られます。

オンコールはルールに決められた時間内に駆け付けられれば良いため、待機場所が制限されないという利点はありますが、逆にいえばどこにいても常に緊張感を強いられるということにもなります。

コールが聞こえないのではないかと神経質になり過ぎて、自宅にいてもゆっくりとお風呂にも入れなかったり眠りが浅くなったりという弊害も大きいようです。

応募先にオンコールがある場合のチェックポイント

転職でオンコールがある職場に応募する際には、以下のような点をチェックしておくと安心です。

オンコール体制

手術室など、病院でのオンコールでは何名のスタッフに対して、どのくらいの人数が組まれているのかを確認しておきましょう。

担当が回ってくる順番と、夜勤やそのほかのシフト体制との関連もよく確認しておく必要があります。オンコールは労働基準では規定されていないため、場合によっては極端な長時間労働となっている可能性もあります。

また同じ手術室勤務でも、オンコールが入る状況にはかなりの差があります。過去の緊急手術の件数も念のため見ておくと良いでしょう。

訪問看護ステーションについても、スタッフ数によってオンコールの回数が増減します。

オンコール体制についての規定が整備され、詳細についての明確な取り決めがあるのかを確認しておきましょう。

また看護師のレベルとオンコール担当についてしっかり確認しておかないと、新人で入った直後に任されて苦慮することになりかねません。

住宅手当・通勤手当

病院の診療科によってオンコールがある場合には、迅速に対応できるよう施設周辺への居住を奨励し、特別住宅手当が支給されるケースも見られます。

手術室勤務を希望する場合には、オンコール体制の有無とともに手当関連についてもよく確認しておくようにします。

訪問看護ステーションによっては一般的な通勤手当に上乗せして、利用者宅までの緊急訪問の交通費を支給しています。

ただこうした詳細な手当は施設で格差が見られるため、どこまでの手当が出るのかが不透明です。

特に広範囲にわたって利用者がいる施設の場合には、夜間の緊急訪問などについての詳細を必ず聞くようにしてください。

オンコール頻度

オンコール頻度は、取り扱う医療範囲や利用者の健康状態によってもかなり変わってきます。

救急搬送が多い病院では緊急手術の頻度が高く、また患者の急変などによる呼び出しが増えます。

状況が常に一定とは限らないまでも、過去のデータを確認しておくとおよその傾向を知ることができます。

フォロー体制

訪問看護のオンコールは独自での判断を強いられることが多いため、慣れないうちは心細い思いをします。

その場で指示を受けられる医師がいるのか迷ったときにアドバイスをもらえる上司や先輩がいるのかといったフォロー体制についてもぜひ確認しておきたいものです。

オンコールについては、基本的には緊急性の高いものと考えておくと間違いありません。

さまざまなケースを事前に想定し、万が一の場合を考えて対処法を確認しておくようにしましょう。

転職するときはオンコールに関する条件を明らかにする

転職時にオンコールが条件に入っていると、応募するかどうか迷います。

確認事項をまとめておいたり自分の条件を明確にしておいたりすることで、応募先の事情とのすり合わせが容易になります。

子育てなどでオンコールができない場合

子どもが小さいうちには、夜間に急な呼び出しがあっても家を空けられません。

訪問看護ステーションはブランクがある看護師の復帰場所としては有望ですが、最近では24時間体制のところが増えてきています。

就職後は必ずオンコールが必要となるのか、日勤だけでも採用可能なのかをよく確認してから応募するようにします。

また家族の協力があり、曜日によっては対応できるといった事情があるときには、予め可能な日数や曜日を提案できるようにしておくと良いでしょう。

採用側では看護師を確保したいために「うちではあまり呼び出しがありません」などということもありますが、オンコール体制がある以上は、いつ利用者から呼び出されるのかはわかりません。

子どもがいるなどオンコールに対応できない場合には、甘く考えないようにして応募を検討してください。

オンコールOKの場合

特にオンコールがあっても困らないという環境であっても、簡単に考えると想像以上の負担で後悔することになりかねません。

先にあったチェックポイントをしっかりと確認し、無理なく仕事が続けられるのかを見るようにします。オンコールは自宅の位置によっても、その大変さが変わります。

病院勤務の場合には近ければ近いほど移動が楽ですが、交通機関がなくても30分程度で駆け付けられるかがポイントとなります。

天候が悪いときなどについても十分に考慮し、また住宅手当の支給なども検討材料に加えながら判断していきます。

訪問看護の場合には、緊急訪問する先が多岐にわたるためさらに検討が必要です。

「看護師の仕事は夜勤があって大変」というイメージは一般的ですが、オンコール勤務も決して楽ではありません。いつ呼び出しがあるかわからない生活というのは、想像以上に精神的に疲れるものです。

オンコール当番が回ってくる順番や、呼び出しの頻度についての情報をしっかりと集め、無理なく業務ができるかを判断していく必要があります。

転職先にオンコール体制がある場合には、自分の生活状況と照らし合わせて応募を決めるようにしていきましょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

11月は年内の退職希望者や4月入職希望者の転職活動が本格的になる時期!

11月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

1月以降は看護師転職サイトへの申し込みが増えてきます。3月末をめどに転職しようと思っている方も、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングをすませておくといいですね。

新着の条件がいい求人は看護師の転職サイトに登録済の方に優先的に紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開の求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧