看護師が転職で後悔しないための4つのプロセス|そもそも後悔してしまう原因とは?

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

人はなぜ同じ後悔を繰り返してしまうのか?

人生を悪くしようとして転職をする人はいません。しかしより明るい未来へ向かって行ったはずの転職をした直後、後悔が始まるという人も中にはいるでしょう。そもそも人はなぜ後悔してしまうのでしょうか。後悔のない転職を果たすためには、いったいどうすれば良いのでしょう。

ここでは転職と後悔のくり返しから脱出するため、解決へと導くKT法という考え方を使って解説していきます。

KT法は世界中の企業で活用されている、考え方を論理的に整理していく手段です。問題解決をしなければならないとき、4つの段階に分けることでよりわかりやすくしていきます。今回はこのKT法を応用し、転職の動機と後悔のつながり、転職しなければならなくなった本当の問題点、転職に際しての優先順位の決め方、より客観的に自分を理解して転職に臨むための方法などを考えます。

何を求めているかを自分自身が正しく把握することで、転職することへの動機づけが明確になり、自信をもった転職ができるようになるでしょう。

表面的にとりつくろった満足感ではなく、心の奥底に潜んだ問題点を探り、解決していくことで後悔しない転職が実現します。

転職前には気づけない後悔の原因とは?

転職後に後悔をしてしまう人の場合、本当に求めていることに自身が気づかず次の職場を決めてしまっている傾向があります。

安定した生活を捨ててまで転職したいという理由には、自分が思っている以上に複雑な要素がからんでいるのかもしれません。転職をより良い人生につなげるためには、現時点でおかれている状況をしっかりと把握し、次のステップにつなげていく必要があります。

例えば単純に「人間関係がイヤ」という場合でも、本当に我慢できないのはどの関係性なのでしょうか。そこを突き止めておかなければ、次の職場へ行っても同じ状況になってしまうかもしれません。

現在の人間関係を嫌って転職したのに、新しい職場ではそれ以上の泥沼にはまる危険性もあります。人間関係がまったくない職場など、この社会には存在しません。であればこれまでの職場にある「耐えきれない人間関係」が同僚との関係なのか、上下関係なのか、指導体制によるものなのか、きちんと区別しておくことが重要です。

別のタイプの理由の場合も同様に、問題点がいつのまにかすり替えられていることもあります。

「とにかく給料の高いところ」という考えで転職したら、元の職場とは比べものにならいほど要求が高く、自らのスキル不足に初めて気づかされたという例もあります。そのほかにも目の前の辛さから逃れたいあまり、実は心の奥に隠れて表面化していない問題を取り残していることは十分に考えられます。

このように隠れている問題は、目に見えていた問題がクリアされると同時に表に出てきます。最初は問題視していなかったのに、いつのまにか後悔の原因へと変わってしまうのです。

こうした状態をくり返さないためには、次の職場に求める条件の優先順位をつける方法がおすすめです。

まずは現在の職場で不満となっている要素を、できるだけ多く書き出していきましょう。次にその要素に対して、10点満点で点数評価してみます。短時間で決めてしまうのではなく、ある程度日数をかけて再評価を重ねます。最終的にはこれだけは譲れないという条件を3項目程度に絞り込んでいき、段階的に並べておくと、応募先を決めるときの目安ができて迷いが少なくなります。

給料の金額だけに目を奪われていたけれど、実は働きに対する評価の低さが不満だったなど、自分の本当の気持ちを理解するためのツールとなります。

問題点を探すためにリストアップしていくときは、過去の日記を読み返すなどして自己分析の材料を探します。「辛い」「イヤ」といった感情のみに囚われていると、解決しなければならない問題を見失いがちになります。冷静に自分の求めるものを探り当てるためには、過去を分析し、現状を見つめ直す姿勢がとても大切です。

問題分析

看護師に限らず、転職をしたい理由としては同僚や上司との人間関係、職場の風土が合わない、仕事がうまくいかないといったところが挙げられます。転職理由の中にはシフトがきついとなどといった、働くシステム自体の改善が難しく、転職以外の解決方法が見つからない場合があるかもしれません。

しかしそれ以外の転職理由の中には、実は本当の問題点がつかめていないというケースが多々みられます。転職をすれば簡単に解決できるだろうと安易に考え職場を変えてみても、問題の軸がぶれていれば良い結果にはつながりません。転職をくり返しても気がつけば似たようなことで悩んでしまう人は、根本となっている原因が本当に環境や他の人のせいなのかを考え直す必要があります。

ときには自分自身の考え方を方向転換させることで、職場環境自体が変化して見える可能性もあります。

例えば職場の雰囲気が悪いといいながら、自分からはあいさつしていなかったり、進んで人の輪に入る努力を一切していなかったりということも考えられます。ほんの少し他人に対する態度を変えてみれば、まったく違う毎日へと変化するかもしれません。

上司が嫌いという人は少なくありませんが、周囲を良く観察すると異なる意見持つ人が見つかることもあります。自分が受け入れられないその人の一面ばかりに固執して、本来の姿が見えていないこともあるでしょう。上司という立場上、耳に痛いことばを口にするのは当然です。ひとつの行動から人間性すべてを決めつけているということはないでしょうか。

誰かの言動が気に入らないと感じるのならば、どう言われれば納得できるのかを考えてみてください。言い方が違うだけで内容的には合っているとすれば、それは相手の表現の問題に過ぎません。逆に理不尽なことばかりで責め立てられていると思うのであれば、パワハラ問題として取り上げてもらうという手段もあります。

冷静になれば、現実が見えてきます。意地悪だと思えた上司が、どの部下に対しても同じように接していることがわかり、気にならなくなったという例もあります。言動が気に障る同僚に対しては一定の距離を保ってみて、業務上特に困ることがなければ、離れたままで構いません。

イヤな気持ちになるから転職、というのでは永遠に問題が消えることはないでしょう。要は実害がなければ、後は受け止め方次第ということです。

心が病むまで我慢する必要はありませんが、あまり敏感過ぎるのも人生を損してしまう結果となります。

同様に、「自分は仕事ができない」と思い込んで転職するのも考えものです。本当に無能であれば、配置転換などの処置がされているはずです。単に要領が悪いだけであれば、手順を変えてみたり業務の優先順位を考えたりして、自分なりの対策を立ててみるべきでしょう。 仕事がぴったりと合う人はなかなかいません。途中で投げ出さず、例え稚拙な方法であっても創意工夫を重ねていく方が、最終的に得るものは大きくなります。

第一希望の決め方

転職するときには、何のために転職をするのか、転職に対して何を求めるのかをクリアにしておくことが重要です。ここではKJ法の決定分析のプロセスを参考にして考えていきます。

転職で何もかも自分の希望の沿った職場を見つけるのは、まず不可能です。しかし出来る限り、理想に近づけていくことならばできるかもしれません。

そのためには転職に求める条件を絶対にゆずれないMUST条件と、叶えば嬉しいWANT条件に分けて設定していきます。これは先にも出てきた現状の不満から、転職に求める項目をリスト化するときの、より具体的な手法となります。

MUST条件では絶対に譲歩できないことを考えて、転職の最終的な目的となるべきものを挙げていきます。WANT条件は理想的な未来を想像する上で、思いつくままの条件をランダムに書き出していきます。その後、WANT条件のそれぞれに10点満点を基準として点数を与えていきます。この項目の重みづけの作業によって、自分の深層心理を分析でき、職場に対して求めるものが具体的に整理されていきます。

チェックリストを作成すると次の職場についてのイメージが定まり、応募先を選定する際の明確な材料にもなります。 チェックシート作成の参考を見ていきましょう。

※チェックシート作成例

MAST条件

  基本給〇万円以上 託児所あり 通勤時間〇分以内
応募先候補A ×
応募先候補B
応募先候補C
応募先候補D ×

WANT条件 重み10→1

週休・有休取りやすい

融通が利く

総合・大学病院 夜勤回数の設定が自由 教育制度が整備されている 診療科目10以上
応募先候補A
応募先候補B × ×
応募先候補C
応募先候補D ×

一覧表にすることで応募先と自分の条件の一致の程度がひと目でわかり、合理的な判断の助けになります。データが誤っているとリスト化する意味が薄れてしまうため、十分な情報収集が必要となります。

外部からわかりにくい情報については転職エージェントを利用し、精度の高いリストを作成していきましょう。

どんなに優れた転職アドバイザーであっても、依頼者が自身について良く理解できていなければ、その人にぴったりの転職先を紹介することはできません。過去の仕事の様子や業務上の思いについては、転職する人が一番良く知っているはずです。逆にいえば転職者が本当に求める条件を明確にピックアップさえできれば、転職の成功がかなり高まるといえるでしょう。

条件が固まれば転職のプロがそれにマッチした転職先を探してくれます。条件の決定に時間をかけて慎重に行えば、後は楽に転職活動が進められます。

客観的意見

人の社会には絶対の正解はありません。自分から見れば正しいと思うことでも、他者の目からは違って見えて当然です。

まして転職を決めるまでにはさまざまな心の揺れがあり、迷ったり落ち込んだりが続いていたはずです。その気持ちの沿線上で偏った視点のまま、新たな決定をすることには危険性が伴います。転職を成功させるためには、精神を落ち着かせ視野を広げて考える必要があります。凝り固まった考えのままに突き進めば、転職を後悔することになりかねません。

キャリアアップなど明確な目的がある場合にはまた別ですが、どのような職場が良いのか具体的なイメージを作り上げていく際には第三者の客観的な意見を参考にしてみるのがおすすめです。

身近な家族、同僚、友人などに自分で考える転職プランを示し、率直な感想をもらうようにします。例え考えが違っていても貴重な意見として受け止め、参考のひとつとして転職プランをブラッシュアップしていきましょう。

相談をするのは思考の偏りをなくし、後悔しない転職を果たすためであることを忘れてはいけません。反論されたからといって、いちいちむきになっていては意味を失います。

周囲からの反応をある程度集めたところで、さらに転職のプロの意見を求めましょう。看護師転職サイトのアドバイザーであれば、例え人にはいえないような些細な理由であっても、転職の意志を否定するようなことはありません。親身になって本心を聞いてもらううちに、さらに隠れていた本心にたどり着ける可能性もあります。

後悔しない転職をするためのポイントは、表面的な思い込みではなく転職で叶えたい真の希望を自覚することです。ぶれない軸で希望条件を提示できれば、そこから先は転職のプロがリードしてくれます。

目先の条件にとらわれて自身の希望があやふやなまま、促されるままの転職をすると後から必ず不満が生まれます。過去を踏まえて求めるものを探し当て、他の人の意見を参考にして偏りをなくした視点を持てば、次の職場への具体的な希望が自身にも見えてくるはずです。

転職を後悔するリスクを回避し、看護師転職サイトの効果を最大限に活用するために、まずは自分自身で転職する本当の理由をよく知る必要があります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

5月は早期退職者の追加募集が増える時期

4月入職の新人看護師や年度末の退職を控えていたスタッフの退職などが多くなります。その為、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなり、夏ボーナス後の退職希望者を獲得する動きも始まります。

即戦力となるフル出勤可能で夜勤もできる看護師はとても重宝がられます。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧