正社員の夜勤専従看護師になりたい!メリットとデメリットはなに?

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「夜勤専従の正社員になりたい!」

「夜勤だけやりたいけれど、派遣は不安定だからちょっと…。できれば正社員で働きたい」

夜勤専従と聞くと、派遣やパートなど、非正規雇用を真っ先に思いつきますが、実は看護師が、夜勤専従でも正社員として働くことは可能なんです!そこで今回は、正社員の夜勤専従看護師について、お届けします!

夜勤専従の正社員求人は少ない?

では実際に夜勤専従の正社員は、どれくらいあるのでしょうか?

2017年11月現在、看護師転職サイト「看護roo!」では、正社員の求人16,242件中、夜勤専従の正社員求人は1,003件と全体の約6%となっています。また、同じく看護師転職サイト「マイナビ看護師」でも調べてみたところ、正社員の求人4,603件中、夜勤専従の正社員求人は245件と全体の約5%でした。

このように、正社員の求人の中で、夜勤専従の割合は5~6%と非常に少ない、ということが言えます。

また、夜勤専従の正社員求人を扱っている職場の多くは全国各地にあるものの、求人は都市部に集中しているため、自分の希望する地域内において、夜勤専従の正社員求人がない場合もあります。

夜勤専従の看護師が正社員として働くメリット

土日休み・夜勤なしの看護師求人には、選ぶメリットがある一方、デメリットもあります。メリットとデメリット、それぞれを検証していきます。

土日休み・夜勤なしのメリット

夜勤専従の看護師が正社員として働くメリットとしては、以下の3つがあげられます。

  • 給料が高い
  • 看護師の給料は、夜勤手当によって決まるといっても過言ではありません。夜勤専従はその名の通り夜勤のみに従事するため、夜勤手当の額が多くなり、結果として給料の金額も高くなります。

  • 早起きをしなくてもよい
  • 夜勤専従は、昼過ぎに出勤し、翌朝退勤となります。何かと忙しい朝、早起きをせずにゆっくり過ごせるというのは、大きなメリットと言えます。

  • 急変や入院がなければ、ある程度落ち着いて仕事ができる
  • 急変や緊急入院があると忙しい夜勤ですが、そういったイベントさえ起きなければ、日勤に比べると、ある程度落ち着いて仕事をすることができます。よって、ゆっくり仕事をしたいという看護師さんにとって、夜勤専従はメリットが多いといえます。

夜勤専従の看護師が正社員として働くデメリット

夜勤専従の看護師が正社員として働くデメリットとしては、以下の2つがあげられます。

  • 生活リズムが狂い、体調管理が難しい

    夜勤は二交代の場合、昼過ぎから翌朝まで長時間労働となります。勤務中、何かしらイベントが起こると仮眠時間や休憩時間も取れず、働き詰めになってしまいます。夜勤専従となると、夜間睡眠がとれないことで生活リズムが狂い、体調管理がとても難しくなる、というデメリットがあります。

  • 仕事ではない日に出勤しなくてはいけないことも
  • 正社員の看護師は、通常業務以外にも、委員会や係などを任されます。これらの仕事のほとんどは、日勤の勤務時間中に会議が行われますが、夜勤専従の場合、全ての職場ではありませんが、これらの会議へ出席するため、時間外である日勤の時間にも出勤を余儀なくされる場合があります。

夜勤専従の給料は高給与?

夜勤手当は職場によって額は違うものの、二交代の職場における相場は、約15,000円となっています。仮に夜勤手当が15,000円で、一か月あたり9回の夜勤に入った場合、基本給に加えて135,000円がプラスされることになります。

常勤では一般的に夜勤は月4~5回であり、手当が計60,000~75,000円となることを考えると、常勤に比べ、夜勤専従の給料は高くなる、ということが言えます。夜勤専従として働くにあたっては、どんなに回数を入っても、夜勤手当の金額が低ければ、それだけ手取りの金額も低くなってしまい、メリットを十分生かせません。

よって、夜勤専従でより高給与の正社員求人を探す場合には、「夜勤手当がいくらか」という点は必ずチェックしましょう。

夜勤専従の看護師求人を探すなら転職サイトがオススメ

夜勤専従の求人は、看護師の求人全体の中でも5~6%と少なく、また条件の良い求人ほど非公開求人となっているため、自分の条件にあう求人を探すことは、かなり難しくなっています。そこでお勧めなのが、転職サイトへの登録です。

転職サイトは、非公開求人を含むたくさんの求人情報から、あなたの希望にあった夜勤専従の正社員求人を紹介してくれるだけでなく、人間関係など、職場の内部情報も教えてくれるため、より自分にあった求人を探すことができます。

また、見学日の調整や面接対策など、あなたの転職活動を全面的にバックアップしてれます。求人数そのものが少ないからこそ、夜勤専従の正社員求人を探す際は、転職サイトをお勧めします!

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

12月は準備期間!転職に備えてサイトへの複数登録を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「求人情報が出る1月から、転職先を探せばいい。」では、転職活動のスタートが遅すぎます。

良い条件の求人に出会うためにも、一足早く転職サイトへ登録をして、準備をすることをおすすめします。

自分にあったコンサルタントを見つけるためにも、複数の転職サイトに登録しておきましょう。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧