保健師資格はどうやって取るの?少ない保健師求人を見つける方法とは

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師関連の資格の中でも人気のあるのが保健師です。保健師資格を持つことで仕事の幅が広がり、看護師以上のやりがいを感じる人もいます。

ここでは保健師資格の取り方と、プラスアルファでとっておきたい資格などについてご紹介します。

保健師の資格取得方法

保健師の資格を取るには、国家試験に合格することが必要です。そして、試験を受けるためには、看護師資格をすでに取得していることが前提となります。

つまり保健師になるためには、看護師国家試験と保健師国家試験の2つに合格しなければなりません

保健師を目指す場合、所定の学業をおさめた後、看護師と保健師の国家試験を同時に受験する方法と、看護師になった後で保健師養成のための学科を受講し、あらためて国家試験に臨む方法とがあります。

※保健師教育過程は実習が必須項目となっているため、平成29年現在、通信教育や夜間講座による受講などは認められていません。

学校卒業と同時に2つの国家試験を受験する方法

卒業と同時に看護師と保健師の両方の国家試験を受けるためには、4年制大学の看護学系学部で保健師学科を専攻している必要があります。また統合カリキュラム制を実施している4年制の看護系専門学校で学んだ場合も、受験資格を得られます。

大学でも専門学校でも、保健師の資格をとるには最短で4年かかります。

看護師になった後で保健師資格を取得する方法

すでに看護師の資格をもって働いていて保健師を目指すときには、厚生労働省が定める学校で一定期間受講後、国家試験を受ける方法があります。

受講期間は保健師養成学校であれば1年、看護大学に編入の形をとるのであれば2年かかります。働きながら保健師資格を取るためにサポートを受けられる職場もありますが、実際のところ、勉学と仕事の両立はかなり難しいと考えて間違いありません。

実態としては、保健師国家試験合格者のうち、93%が看護師実務経験のない新卒者となっていますので、看護師として実績を積んで保健師になるルートをとる人は少数派だといえるでしょう。

それでも看護師をしながら保健師という新たな可能性に挑戦し、見事に受験に成功した例はたくさんあります。自分の将来を見つめ、本気で取り組めば決して不可能なことではありません。

保健師資格の難易度

保健師資格の合格率は約90%~95%と、非常に高くなっているのが特徴です。保健師国家試験の受験資格を得るために定められたカリキュラムをしっかりと学べば合格できるといえます。

ただし合格者の状況を見ると、新卒の合格率が90%前後であるのに対し、既卒の合格率は30~40%という結果となっておりかなりの開きがあります。合格率が高いといっても、社会人が働きながら取得するのには、難関であることに間違いありません。

また、保健師資格の試験は一年に1回しかありませんので、不合格になってしまうと次に受験できるのは1年先ということになります。

資格取得に年齢制限はありませんが、取得後に進む道によっては年齢的な制限がかかることもあるので、特に社会人経験後に保健師を志す方はなるべく一回目で合格するようにしたいですね。

試験科目は公衆衛生看護学、疫学、保健統計学そして保健医療福祉行政論となっていますが、病気予防や健康維持・増進が保健師の主な仕事になることを考えると、公衆衛生看護学の知識が特に重要だといえるでしょう。

また看護師と違い、保健師の仕事は社会のさまざまな人たちと、大きな関わりを持ちながら進められます。保健師資格の勉強を通じ、これまではあまり縁のなかった法律などの幅広い知識を学ぶ機会が得られます。

あれば役立つ有利な資格

保健師の資格をとって仕事をする場合、関連する資格を取得することでさらに仕事の幅を広げるのに役立ちます。保健師のプラスアルファの資格としておすすめのものは5つあります。

  • 第一種衛生管理者
  • 産業カウンセラー
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 養護教諭としての教員免許

第一種衛生管理者

衛生管理者とは、職場などにおける労働者の健康障害を防止する専門家で、一定の頻度での職場巡視や職場内の健康異常者の発見や処置、安全衛生教育、健康相談などが業務です。

保健師の仕事と密接な関わりがあり、特に産業保健師として活躍する場合は有利な資格といえるでしょう。

産業カウンセラー

産業カウンセラーとは、企業で働く従業員などを支援するのが仕事で、心理学的な手法を使って従業員が抱えているメンタルヘルスの問題などを自らの力で解決できるようにサポートすることを主な業務としている人です。

保健師も広い視野で対象者の相談にのる必要がある仕事ですので、心理面、精神面からのアプローチもできるようになるこの資格の取得は、業務の幅を広げるというメリットにつながるでしょう。

健康運動指導士

健康運動指導士は、保健機関や医療機関などと連携しながら効果的で安全な運動を実施するための運動プログラムを作成するプロです。また、そのプログラムの実践指導計画の調整を行う役割も担っています。

健康増進といった観点から保健師と関係が深い資格ですので、取得することで活躍の場を広げられる可能性があるでしょう。介護施設や福祉施設、アスレチッククラブ・フィットネスクラブなどでも活かすことのできる資格です。

健康運動実践指導者の資格

健康運動実践指導者とは、健康づくりを目的として運動の指導に与えられる名称で、平成元年に養成が開始された資格です。3つ目の健康運動指導士と両輪をなす資格だといわれています。

自らが運動の見本となれる実技能力が求められる点が特徴です。

養護教諭としての教員免許

養護教諭としての免許をとれば、いわゆる保健室の先生として仕事をすることができます。生徒の健康管理と保健指導を行う仕事で、毎年実施される健康診断の準備や健康調査などの対応をします。

さらに病気やケガの予防指導などもしながら子どもたちの健康を守る役割があります。学校保健師を目指す人は、養護教諭の資格も取得することをおすすめします。

保健師の求人

保健師は国家資格を2つ保有する非常に高度な専門職といえますが、それに対する求人はあまり多いとはいえません。

時期を問わず募集されている看護師と比較すると、良い条件の求人を見つけるのはなかなか大変です。

理由として、行政、産業、学校いずれの保健師でも募集がかかる絶対数が少ないことと、看護師と違い年齢的なマイナス面がないため勤続年数が長いということがあげられます。

チームで働く看護師とは違い、保健師はひとつの職場で複数人を必要とされません。

保健師の資格に期限はなく、辞めない限りは安定した収入と規則的な生活時間が提供されます。デスクワークが中心となるため、年齢を重ねても体力面での心配がありません。そのため一度就職すると、長期にわたって勤め続ける傾向が高くなります。

保健師は人気の高い仕事ですが、それだけ求人は見つけづらくなります。

例え良い求人が公開されたとしても、すぐに応募が殺到してクローズされてしまいます。まして看護師をしながら保健師の仕事を探すのはとても難しいことです。

保健師の資格を無事取得し、看護師からの転職を考えるときには、転職サイトの利用が最適です。転職サイトによっては保健師の求人に強く、良質な求人情報を提供しているところもあります。

個人的に保健師の求人が見つけられないときでも、転職サイトに登録しておけば求人が発生したときに取りこぼしなく知ることができます。

看護師とは異なる求人活動のノウハウについても、プロのアドバイスがあれば心配ありません。

保健師という高度な資格取得に成功しても、納得のいく職場を探せなければ苦労が報われません。資格取得とともに生きがいある人生を手にするためにも、転職サイトを上手に活用していきたいものです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

7月・8月はボーナス時期!転職に向けて早めの情報収集を!

7~8月はボーナス支給時期です。夏のボーナス後の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると出遅れてしまいます。

中途採用で経験者を補充したい医療機関の求人も活発になってきます。大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

保健師資格はどうやって取るの?少ない保健師求人を見つける方法とはの関連記事

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧