准看護師と正看護師の給料の違いは?給料の平均相場と手取りを紹介

准看護師の給料
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「准看護師の給料は正看護師よりも低いの?」「准看護師の給料を上げる方法はないの?」

この記事では准看護師と正看護師の給料の差や、給料をアップさせる方法を取り上げています。

それでは、正看護師とは異なる立場の准看護師を取り巻く環境を確認しましょう。

准看護師と正看護師の給料の差は?平均給料と初任給紹介

准看護師の給料は安い

准看護師と看護師の平均給料比較

看護師と准看護師の資格の違いがあることは知られているものの、実際の平均給与額の差がどれほどなのか気になるところです。

日本看護協会の調べによると、看護師の平均年収は約475万円、准看護師では約407万円となっています。

平均月収では看護師が約33万円、准看護師では約28万円と毎月5~6万円ほどの差があります。

そこに平均20万円弱のボーナスでの差が出るため、トータルの年収では大きな違いとなります。

准看護師と看護師の初任給比較

看護師と准看護師の初任給を基本給で比較すると、看護師の平均初任給は23万円、准看護師は15~17万円です。

ここに各施設によって手当が上乗せされるため、初任給であっても各人で大きな違いが出てきます。

手取り額で見た場合の一般的なケースでは、看護師では20万円前後、准看護師では15万円前後が相場となります。

各種手当についても基本給を基準として計算されるため、ベースの違いがトータルの額に影響します。

准看護師と正看護師の給料に違いが生まれる理由

正看護師と准看護師の給与格差

正看護師と准看護師の仕事に差は?

看護師は病気やケガを患った人が医療機関などで診療や治療を行う際に医師のサポートを行ったり、入院している人の生活補助を行ったりすることが主な仕事です。

しかし同じ仕事でありながら、准看護師と正看護師との間には一般的に給与格差があると言われています。これは、准看護師は正看護師とでは立場に異なりがあることが理由です。

正看護師の場合、医師からの指示があれば自ら医療処置を行うことができます。

しかし、准看護師の場合には、医師からの指示のみではなく正看護師からの指示があり、その指示のもとでないと仕事を行うことができません。

准看護師と正看護師との間で実際に行うことができる医療行為の範囲に違いはありませんが、仕事を行うための判断に対する責任の重さに違いがあるとして給料に差が出やすい傾向となっています。

准看護師の給料の相場は?男女別・施設別給料紹介

准看護師の男女別給料平均

准看護師の月額給与を男女で比較すると、男性が約29万円に対して、女性は約27.5万円となっています。

この違いの理由としては、男性の准看護師は女性よりも働ける場所が少なく、ひとつの職場での勤続が長期化する傾向があることが挙げられます。

また、結婚で一時退職する人の多い女性と比べて、男性はキャリアを継続させやすいことも要因と考えられます。

男性の場合は夜勤などを多く入れることができ、勤務時間が長く、家庭があっても連続勤務を引き受けやすい傾向があります。

積極的にキャリアアップを図り、各種の資格を取得して手取り額を上げる人も多いようです。

クリニックや大規模な病院、職場による給料の違いは?

単純に月給を比較した場合には、大病院、一般病院、介護施設、クリニックの順で給与額が高くなります。

一般的に見て、大学病院や総合病院では准看護師の募集が少ないですが、国公立の病院では比較的募集が多くあります。

国公立の病院に就職できれば、准看護師でも公務員として扱われ、平均月額で約33万円と准看護師の給与としてはもっとも高くなります。

一般病院での月給平均は約28万円、介護施設では約27万6,000円、クリニックが約26万4,000円です。

診療科別に見ると、平均年収がもっとも高いのは、外来業務の450万円を押さえて訪問看護の452万円となっています。

基本給にプラスされる各種の手当によって、最終的にはかなりの差が出てきます。

介護施設では、准看護師でも夜勤がある場合が多いようです。

基本給が同じであっても、日勤業務のみのクリニックはもっとも給料が安くなります。

准看護師の給料は安い?手取りと手当からわかる給料事情

准看護師の給料の手取り

日本看護協会の統計によると、准看護師の平均月収は約28万円です。

看護職は手当の割合が他の職種と比較して大きく、全体の11%を時間外・夜勤手当が占めています。

准看護師の基本給は24~25万円が相場なので、夜勤などがなければ、手取りは20万円以下です。

夜勤手当を含めた平均月収から見た手取り額は、22万円前後と考えて良いでしょう。

実例では、日勤のみの手取り額が21万円、夜勤を4~5回入れて23万円前後という回答が見られます。

勤務先の立地などによって多少の変動がありますが、正看護師平均のように25万円を超える手取りとするのはかなり難しいようです。

残業・休日出勤したときの手当

給与には、このような基本給と各種手当をさす所定内給与のほかに、超過労働給与と呼ばれる所定外給与もあります。

所定外給与とは残業などで支払われる給与のことです。

他の仕事の場合でも多くの場合、業務を行う上で残業を要することはあります。

しかし、看護の仕事では特に休日出勤や夜勤の業務を行うことが多いため、所定労働時間外の勤務を行う可能性は大きくなります。

そのため、准看護師などの看護師の給与では残業手当や夜勤手当、休日労働手当を受ける金額が加算されやすい傾向がみられます。

労働基準法では原則として1週間に40時間、1日に8時間という法定労働時間を超えて働く場合には給与の25パーセント増しで給与支払いが行われることが定められています。

夜勤で働くともらえる手当

なかでも午後10時から午前5時までの深夜時間帯の労働に対しては、通常の時間外勤務に加えて深夜勤務分の割り増しとなる給与の25%の給与も加算されることとなっています。

また、法定外勤務のうち、法定休日に勤務を行った場合には給与の35%増しの給与支払いを行うことも定められています。

他にも病院や医療施設ごとに定められている手当にはさまざまなものがあり、その分が基本給に上乗せとなっているため、准看護師の給料は他の職業の給料と比べて高い傾向が見られます。

准看護師の給料をアップさせる方法

般的な職種で給料アップを目指す場合、現在の職場で昇給するか、転職により収入を増やすという方法があります。

資格を取得して手当を多くもらったり、役職を得て給料を上げたりできれば、現職でも希望は叶います。

一方、そうしたことが望めない職場であれば、転職してもっと高い給料の仕事を探すほかありません。

准看護師には、どのような給料アップの方法があるのでしょうか。

ここでは准看護師の収入向上について、詳しく見ていきましょう。

准看護師は昇級ができない

さらに、長期的に看護の仕事を続ける中で、給与額に差が生じるケースもあります。

一般的に長く勤務する中で給与が上がる要因となるのが昇級です。

看護師の昇級は看護主任や看護師長、看護部長といった管理職となります。

看護主任は看護師の指導、看護の現場での運営や業務の把握といったことが求められる階級です。

看護師長のサポート的な役割を担っています。

看護師長は看護師たちスタッフを統括し、病棟内の組織運営を行うことが一般的です。

そして看護部長は看護部の総統括者として全看護職員をまとめ、経営者の1人として病院や施設の運営に関わることもある役職となっています。

管理職に就くということは、このような責任ある役割を担うことです。

准看護師は正看護師の指示がなくては業務ができないため、現場の責任を担うことが難しく、そのために管理職への昇給はできないとされているのです。

准看護師の給料と正看護師の給料に開きが出やすい理由には、このように給与を上げる手段となる昇級ができないという准看護師に対する昇級システムも背景にあるのです。

准看護師として転職し、給料アップを目指す

これまで見てきたように、准看護師はリーダー的な立場になることが難しく、そのシステム上、昇格による大幅な昇給が見込めません。

現在の職場での給料に不満がある場合、年齢を重ねても収入アップには期待が持てないでしょう。

准看護師が給料アップさせるもっとも効果的な方法は、やはり転職です。

求人をする側は、そのときどきの社会の状況に合わせた給与額を提示しており、業務内容が変わらなくても、就業条件が良くなっている可能性があります。

加えて介護施設や訪問看護師など、病院以外でも看護師が必要とされる場が広がっているため、自分の条件に合わせた職場選びができます。

転職することで、准看護師であっても、今よりもずっと高い年収を得られるチャンスが期待できます。

奨学金制度のある病院に転職し、看護師を目指す

収入アップの方法としては、看護師資格の取得がもっとも確実です。

看護師全体の平均年収は准看護師よりもはるかに高く、求人募集の選択肢も個人病院のような小規模な施設から大学病院や総合病院など、多岐にわたります。

准看護師であれば、働きながら定時制の学校に通学し、3年ほどで看護師免許が取得可能です。

かし、まったく個人的に取り組むのは、やはりつらいものがあります。

そこで、転職に際しては、奨学金制度が整っている病院や、看護師資格取得を奨励していてサポート体制が整っている病院を選ぶことが重要です。

無理なく看護師となるためには、賢い職場選びがポイントとなります。

来的なレベルアップのためにも、慎重に転職活動を進めていきましょう。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧