【大人気資格!】保健師とは?保健師になる方法と資格

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師関連資格のなかでも人気があるのが保健師です。看護師と保健師は似ている部分も多く関連性が強い資格といえます。

そこで、保健師の仕事内容や向いている人、保健師になる方法、どんな活躍場所があるのか、そしてプラスアルファでとっておきたい資格などについてご紹介します。

保健師って何する人?保健師とは?

保健師を理解するためには、まず保健師の仕事内容を知っておく必要があります。

保健師の仕事は、病気やケガを予防して心身ともに健康に生活できるように保健指導や健康指導を行うことです。

看護師と保健師の違い

医師や看護師も保健師と同じく病気やケガに関わる仕事ですので似ているように感じるでしょう。

医師や看護師は病気やケガをした人に対して治療や看護を行うのが仕事ですが、保健師は病気やケガが発生する前の予防と健康増進が仕事である点が違います。

健康増進や病気やケガの予防が仕事となりますので、健康増進や予防に関する知識を広めることも大切になります。

そのため、健康に関連したさまざまな場所で健康相談に乗ることも多いです。例えば、健康診断がある場所で保健師が健康相談を行ったり、乳幼児の検診、予防注射なども保健師が行ったりする場合があります。

特に、健康相談については保健師の得意分野の1つといえるでしょう。相談内容は個人によってさまざまで、専門的な医学や健康に関する知識と相談者を幅広く観察して把握する視野の広さが求められます。

保健師の4つの活躍場所

保健師は活躍する場所の違いによって行政保健師、産業保健師、病院保健師、そして学校保健師の4つに分類されるのが一般的です。

保健師として病気などの予防を仕事とする点は共通していますが、それぞれ違った点もありますので、順番にご紹介します。

1.行政保健師

行政保健師は、各地域の保健所や市役所などの行政機関で公務員として保健師の仕事をします。

保健師の労働形態としてはこの形が最も多いといわれていて、行政側の一員として、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代の地域住民の健康を守る役割を担います。

2.産業保健師

産業保健師とは、産業を担う企業で働く保健師のことです。企業で働く産業医や人事担当者などと連携してその企業の従業員の病気やケガを防ぎ健康を管理するのが仕事です。

メンタルヘルスの管理も保健師の仕事の範疇に入ります。

3.病院保健師

その名の通り病院勤務の保健師です。保健師は原則として看護師免許を持っていることが求められますので、両方の資格を活かして病院で働く保健師もいます。

4.学校保健師

生徒と職員の健康を管理するために学校に勤務して保健師の仕事をします。

保健師に向いている人ってどんな人?

保健師はさまざまな場所で活躍できる仕事ですが、保健師として仕事をすることに向いている人とはどんな人でしょう?ポイントとしては3つあげられます。

  • コミュニケーション能力が高いこと
  • 広い視野を持っていること
  • 多くの人と協調して仕事ができること

コミュニケーション能力

この能力はほとんどの仕事について求められる能力ではありますが、保健師では特に求められる能力です。

仕事場によっても多少違いますが、それでも幅広い年代の人とコミュニケーションをして相談者などの健康状態を把握する必要があります。

行政保健師や病院保健師になれば、コミュニケーションの相手は子どもからお年寄りまで広がります。コミュニケーションの能力が高ければ相談する人も心を開きやすくなり、保健師としてよい仕事ができることにつながるでしょう。

健康に不安を感じている人にとっては、包容力があって人の話をしっかり聞いてくれる保健師はありがたい存在です。

広い視野を持っている

これは保健指導をする相手がどんな生活をしているかが健康にかかわってくることが多く、広い視野を持っている保健師でないと重要なことを見逃してしまう可能性があったり、理解できないことがあったりして適切な健康相談ができないからです。

広い視野とは、文字通り視覚野が広いという意味だけではなく、観察力と一般常識を含めた広い知識という意味を含めて理解した方がよいでしょう。

相談者が発する情報を逃さずさまざまなデータを解読し物事を総合的に見られる広い視野が保健師には求められます。

協調して仕事ができる

どんな場所で保健師の仕事をするにしても、その組織内の人間関係だけでなく、外部の医療機関や行政機関、福祉機関や教育関係機関などと協力して仕事をしていく必要があります。

豊富な知識と経験があれば保健師単独で対処できるケースもあるでしょうが、さまざまな関係機関と協力した方が健康に不安を抱えている人に対してよりよいサポートができることも多いです。

そのため、多くの人と協調して仕事ができる人が保健師には向いているといえます。

保健師になるには?

保健師になるためには、国家試験に合格することが必要です。そして、試験を受けるためには受験資格を得る必要があります。

まず「看護師資格があること」という要件を満たす必要があります。さらに、一定の条件うち最低1つを満たすことで受験資格が得られます。

一定の条件の主なものとしては、文部科学大臣の指定した学校で1年以上保健師になるために必要な学科を修めること、文科省などの基準に適合している指定養成所を卒業すること、一定の外国の学校もしくは養成所を卒業などしたことなどがあげられます。

合格率

合格率は約85%から90%と非常に高くなっているのが特徴です。そのため、試験を受験できれば高確率で合格が期待できますので、受験資格を得ることが最大のポイントになるといっても過言ではないでしょう。

保健師試験を受けるための準備方法としては、

保健師指定認定校の認可を受けた看護学校で勉強する方法

看護師として実績を積んだ後に保健師学校に入学する方法

という2つの選択肢があります。自分の合った方法を選べばよいですが、実態としては、保健師国家試験合格者のうち、93%が看護師実務経験のない新卒者となっていますので、看護師として実績を積んで保健師になるルートをとる人は少数派だといえるでしょう。

試験科目

試験日は例年2月で、試験地は全国の主な都市で行われます。受験手続としては、11月下旬から12月上旬など指定されている期間内に試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局に受験に関する書類を提出します。

試験科目は公衆衛生看護学、疫学、保健統計学そして保健医療福祉行政論となっていますが、病気予防や健康維持・増進が保健師の主な仕事になることを考えると、公衆衛生看護学の知識が特に重要だといえるでしょう。

保健師の勤務先は?

保健師が活躍する場所によって4つに分類される点はご紹介しましたが、保健師が活躍できるより具体的な勤務先をご紹介します。

  • 保健センター
  • 事業所
  • 病院や診療所
  • 地域包括支援センター
  • 福祉施設
  • 学校
  • 企業や団体

保健センター

保健センターとは市町村などが設置する行政機関の1つです。

保健師は職員として働くことになりますが、乳幼児や妊婦、成人や高齢者などすべての世代を含む住民が対象になる点と、地域に根差して保健と福祉の総合的な相談に乗る点が特徴です。

事業所

さまざまな事業所で産業医や衛生管理者などと一体となって事業所で働く従業員などの健康管理と健康増進に従事します。

工場などでは事故予防に重点が置かれるケースも多いですが、うつ病などのメンタルヘルスへの関わりが求められるケースが増えているといわれています。

病院や診療所

病院内などには病院内外の関係機関との間に入って対象者を支援する地域医療連携室や、生活習慣病などの健診やその後の指導を行う保健指導室、退院後の療養生活を支える退院支援室などの部署が設置されていることがあります。

保健師はそういった場所で仕事をするケースが多いです。

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、各地域の高齢者支援や介護・福祉の中核機関で、保健師はここで介護予防などのケアマネジメントなどを行います。行政との調整なども欠かせない仕事です。

福祉施設

福祉施設にもさまざまなタイプがありますが、保健師が活躍する場所としては高齢者を対象とした社会福祉協議会、老人福祉センター、老人保健施設等の福祉施設があります。

また、子どもを対象とした保育所や障害児通所施設、児童相談所などの福祉施設が主になります。

学校

学校の保健室で養護教諭として生徒や職員の健康診査、健康相談、そして施設の環境管理などを通して健康の保持と増進に努める仕事をするケースも多いです。

その他に、大学の研究機関で働き保健師活動の研究などを行ったり人材育成に携わったりするケースもあります。

特殊な企業や団体

特定非営利活動法人や非政府組織、国際協力機構といった場所があげられます。国際的に活躍する人もいますし、国内でユニークな活動に従事して保健師として活躍している人もいます。

さらにとっておきたい資格とは?

保健師の資格をとって仕事をする場合、さらに別の資格を取得することで仕事の幅をさらに広げることが可能になります。保健師のプラスアルファの資格としておすすめのものは5つあります。

  • 第一種衛生管理者
  • 産業カウンセラー
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導者
  • 養護教諭としての教員免許

第一種衛生管理者

衛生管理者とは、職場などにおける労働者の健康障害を防止する専門家で、一定の頻度での職場巡視や職場内の健康異常者の発見や処置、安全衛生教育などが業務です。

保健師の仕事と密接な関わりがあり、特に産業保健師として活躍する場合は役に立つ資格といえるでしょう。

産業カウンセラー

産業カウンセラーとは、企業で働く従業員などを支援するのが仕事で、心理学的な手法を使って従業員が抱えている問題を自らの力で解決できるようにサポートすることを主な業務としている人です。

保健師も広い視野で対象者の相談にのる必要がある仕事ですので、心理面からのアプローチもできるようになるこの資格の取得は、業務の幅を広げることにつながるでしょう。

健康運動指導士

健康運動指導士は、保健機関や医療機関などと連携しながら効果的で安全な運動を実施するための運動プログラムを作成するプロです。また、そのプログラムの実践指導計画の調整を行う役割も担っています。

健康増進といった観点から保健師と関係が深い資格ですので、取得することで活躍の場を広げられる可能性があるでしょう。介護施設やアスレチッククラブ・フィットネスクラブなどでも活かせる資格です。

健康運動実践指導者の資格

健康運動実践指導者とは、健康づくりを目的として運動の指導に与えられる名称で、平成元年に養成が開始された資格です。3つ目の健康運動指導士と両輪をなす資格だといわれています。

自らが運動の見本となれる実技能力が求められる点が特徴です。

養護教諭としての教員免許

養護教諭としての免許をとれば、いわゆる保健室の先生として仕事をすることができます。生徒の健康管理と保健指導を行う仕事で、毎年実施される健康診断の準備や健康調査などの対応をします。

さらに病気やケガの予防指導などもしながら子どもたちの健康を守る役割があります。学校保健師を目指す人は、養護教諭の資格も取得することをおすすめします。

保健師の求人探しはどうするの?

看護師の仕事は病気やケガをした人を看護することですが、保健師の仕事は病気やケガの予防です。保健師の活躍の場所は広く、病院はもちろん企業や団体、行政機関や学校などが主な職場となります。

保健師の仕事は病気やケガ防止と健康増進など社会的な意義は大きく活躍の場所も広いですので、興味がある人は目指してみることをおすすめします。

保健師の求人を探すなら、転職サイトの登録をおすすめします。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧