看護師の給料は高くなる?3つの方法と平均年収が高い病院ランキング

看護師の年収・給料
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「看護師の年収って平均いくらなの?」「同じ看護師なのに友達のほうが高い給料をもらっているのはなぜ?」「年次や役職が変わると給料は上がるのかな?」

ここでは平均的な看護師の給与と給料アップの方法を紹介していきます。

看護師の平均年収は478万円

看護師の平均年収
平均年収給料の平均手取り金額
478万円33万円26万円

平成27年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均的な年収はボーナスなどを含め約478万円、平均月給は33万円です。一般的に、手取りは月給の75~80%と言われているため、看護師の手取りの平均は26万円ほど。もちろん月々の天引きされる税金によって変わります。

看護師の年齢別の年収 ~20代から60代まで~

看護師の年収相場

ここからは年代別・エリア別・男女別・大学病院別の年収についてご紹介します。ご自身の年収と照らしあわせながら見ていきましょう。

看護師の年収は、初任給から高いのが特徴です。20代前半で30万円以上の給与がもらえる職業は、なかなかありません。それもそのはず、患者から見ればたとえ新人であっても立派な「プロの看護師」です。働き始めた瞬間から重たい責任を負うことになります。そんな重責の分、高い初任給であるとも言えるでしょう。

平均年収の推移
看護師の年齢別の平均年収
年齢平均年収平均給料
20~24歳388万円33.8万円
25~29歳468万円38.5万円
30~34歳480万円39.8万円
35~39歳494万円40.4万円
40~44歳525万円42.7万円
45~49歳532万円43.5万円
50~54歳536万円43.9万円
55~59歳515万円42.4万円
60~65歳415万円34.6万円

一方で、看護師は昇給しづらいという特徴もあります。一般企業の場合、勤続年数や活躍ぶりによっては大幅な昇給が期待できます。しかし看護師は、一定の給与水準を保ちながらも大きく昇給することは望めません。

そのため、現在の給与が平均以下であれば、これから大幅に昇給するとは考えづらいのが現実です。

  • 新人看護師でも20代前半から平均月給は30万円を超える
  • 今の給与が平均以下であれば今後大幅に昇給することはあまりない

看護師の男女別の年収

以前は看護師といえば女性の代表的職業でしたが、最近は男性看護師の活躍も目立ちます。ここからは、看護師の年収の男女差を見ていきましょう。

これまで女性優位だった看護師の世界では、一般社会ほど年収の男女格差は見られません

平均年収で比べると、男性の方が10万円ほど上回っています。

看護師年収の男女差

男女の年収差が生まれる理由としては、男性看護師の多くが四年生大学を卒業していること、男性看護師を受け入れる病院は大学病院や総合病院など大規模な医療施設が多いことがあげられます。

救急医療などの特殊環境を選んだり、資格取得を志す男性がいることも影響しているかもしれません。

今後、男性看護師の割合が増えるにつれ、男女の年収格差はより少なくなるでしょう。

施設形態別の看護師の給料

看護師の年収は、勤務先の病床規模によっても変わります。

次のグラフの通り、大学病院や老人ホームは比較的給与が高く、クリニックは低い傾向にあります。

施設形態別の看護師の給料

各施設の給与の傾向を解説していきましょう。

大学病院は、学歴による収入差があります。地方の大学病院は都市部よりも初任給は低いですが、公立の大学病院が多く、勤続年数が長い看護師が多いため平均給与が高くなっています。

クリニックは、夜勤手当や残業手当がないため、平均給与が低くなっています。小さなクリニックにはパートやアルバイトが多いことも一因となっています。

介護系施設(老人ホーム、デイサービス、在宅看護)は、比較的高い給料をもらえるのが介護系施設です。専門職として需要が高いものの、常に人材不足で求人が豊富にあります。

デイサービスの給料がやや低いのは、時間外勤務がなくパートの割合が多いためです。

介護施設の数は増加傾向にあるため、介護系施設の給料が大きく下がることはなさそうですが、個人経営の場合はその経営手腕を見極めることが大切です。

同じ看護師なのに年収に差がつく3つの要素

看護師の年収差

まずは基礎知識として、年収を構成する要素をご説明します。看護師の年収を構成するのは(1)基本給(2)各種手当(3)ボーナス(賞与)の3つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)基本給
給与の基本となる賃金。時給・日給・月給・年棒など給与形態が違っても基本となる金額を基本給という。
(2)手当
基本給以外に諸費用として支払われる賃金。職務手当や扶養手当など、固定された手当のほか、勤務時間外、条件によって支払われる手当もある。
(3)ボーナス
「特別手当」「賞与」などとも呼ばれ、一般的には夏と冬に支給。年度末に決算賞与が出るところもある。ボーナスは手当をのぞく基本給で計算される。

看護師の年収をアップさせる3つの方法とは?

ここからは今の職場でできる3つの年収アップの方法を見ていきます。

管理職へ昇進して基本給と手当を上げる

年収を上げるためには、給与の大部分を占める「基本給」を上げることがカギです。大幅に基本給を上げる方法として、管理職に昇進するという方法があります。

当然ながら、昇進は周囲が認めてくれてようやくできるものです。そのため昇進して年収を上げるためには、ある程度の時間が必要です。

夜勤の回数やシフトを変えて手当を増やす

同じ職場で年収を上げる2つ目の方法は、「働き方を変えて手当を増やす」です。

夜勤の回数を増やせば、手軽に収入をアップさせることができます。しかし、日勤とのつながりやローテーションの関連もあるため、シフトに入る回数は自分でコントロールできるとは限りません。また、時間と体力に余裕がある方でなければ長続きしないでしょう。

資格をとって専門看護手当をもらう

スキルアップにもつながる資格取得は、年収アップにもつながります。看護師のなかでも専門性の高い知識の保有者に与えられる資格として、専門看護師と認定看護師があります。

資格手当の平均は、専門看護師は月1万832円、認定看護師は月9,773円です。

なお、医療機関によっては資格手当がないところもあります。実際に資格手当を支払っているのは施設の半数以下で、賃金表上では資格を評価していない病院が多いので注意が必要です。

看護師の年収を大幅UPさせる唯一の方法~年収600万も!

転職で年収600万

ここからは、年収を大幅にアップさせるための唯一の方法として、「転職」という選択肢をご紹介しましょう。

転職を決意するのは、なかなか勇気のいることです。しかし生活に不安を抱えて暮らすよりは、思い切って環境を変えたほうが将来のためでしょう。

看護師の給与は、将来的に大幅に上がることは期待できません。そんななかで短期間で確実に年収上げるためには「転職」は非常に有効な手段です。転職ならば、すべての人に収入アップのチャンスがあるのです。

絶対失敗したくない!転職情報を手に入れる方法

「今よりも、もっとたくさんお給料が欲しい」「仕事の大変さを考えると受け取る給与が少なすぎる」

とはいえ、お給料がいい求人が見つかっても、「仕事量が多いキツい職場なのでは?」「辞める人が多くてスタッフが足りないのでは?」と少し不安になり、そう簡単に飛びつくことはできませんよね。

そんな時に活用したいのが、看護師の転職サイトです。看護師転職サイトのキャリアアドバイザーは希望の年収を満たす求人の紹介だけでなく、離職率や実際の残業状況、夜勤体制の詳細など、働くうえで大切な内部情報も教えてくれます。

まずは、適正年収を知り給与アップのために必要なことがなにか、ほかの病院で働く看護師の給与がどれくらいなのか知ることが収入アップへの第一歩となりますよ。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧