病院に転職したいけど年齢が…看護師の転職に年齢の壁は存在する?

  • no image0
  • LINEで送る

常に求人のある看護師は、他の職種に比べて年齢による転職の制限が低いといえます。

それでもやはり年齢的に転職が有利になったり不利になったりするのは確かであり、年齢制限のある職場も存在します。

将来的なプランをしっかりと立てるために、年齢制限についての情報を確認しながら、転職成功のコツを考えていきましょう。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 マイナビ看護師

年齢制限がある職場はどこ?40代看護師は急性期病院に転職できない?

平成19年10月の雇用対策法の改正により、年齢に関わらず等しく働く機会を与えるため、求人募集を行う際には年齢の制限を設けることができなくなりました

看護師の求人でも明確に年齢制限を表記していることは、一部の例外を除いてほとんどありません。

しかし実際には年齢の壁に阻まれ、応募をあきらめざるを得ない職場もあります。

ここでは年齢制限があると考えられる職場とその理由について、具体的に見ていきましょう。

急性期病院

急性期病院の年齢比率

キャリアの面から考えて急性期病院を希望しながらも、年齢に不安を感じている看護師も少なくありません。

急性期病院については明らかな年齢制限は設けられていないものの、全体的には比較的若い層が多い傾向にあります。

急性期病院の看護師の年齢構成を見てみると、20代と30代がそれぞれ30%、40代と50代がそれぞれ20%となっています。

病院側が若手を配置したい理由としては、急性期病院では救急車の搬入があり常に多忙であることが挙げられます。

そのため十分な体力があり、夜勤も問題なくこなせる看護師が求められています。実際の現場では急性期病院で、現役で働けるのは40代が限界という説もあります。

体力的に衰えを感じている世代では、急性期病院の業務スピードに合わせるのがきつくなっていきます。

急性期病院では緊急搬送のほか急変患者の発生などで、時間外労働が多くなりがちです。長時間労働に耐えられる看護師でないと、急性期病院の勤務が務まりません。

また急性期医療では医療技術や医薬品の進歩に応じた、看護ケアが必要とされます。

そのため新しいことを受け入れる柔軟性をもち、学習意欲が高く、スキルアップを望む看護師が好まれます。

体力面と学習能力を考慮した場合、どうしても若い世代の看護師の方が有利であるといえるでしょう。

美容クリニック

美容クリニックの求人でも、年齢制限を表記するのは禁止されています。そのため応募すること自体は、何歳の看護師でも自由です。

しかしその一方で、美容クリニックという施設の性格上「見た目」が重要視されることも確かです。

明らかな年齢制限がなくても、「20代のスタッフが多い職場です」などと記載されていれば、採用側はこの年代の看護師を求めていることがわかります。

そうした求人募集に40代の看護師が応募しても、採用されるのは難しいといえます。

ただ美容クリニックによっては手術室の経験があったり形成外科のキャリアが長かったりするなど、実質的なスキルを重視しているところもあります。

そうした条件であれば、30代、40代でも美容外科クリニックへ転職できる可能性が高くなります。

逆に基本的な看護師スキルがつかないうちは、美容クリニックへの転職が不利になることも考えられます。

一般的な病院とは違い、サービス業の側面も強い美容クリニックでは、対人能力、コミュニケーションスキルに合わせ、作業の手際の良さや注射・点滴の技術が求められます。

ただ若ければ美容クリニックで採用してもらえるかというと、決してそうではありません。

美容クリニックの看護師はある意味「売上」に影響のある役割を担うと考えて良いでしょう。

大学病院

大学病院の募集でも、年齢制限は表記されません。「35歳までの求人が多い」などの情報も見かけますが、基本的にはそうしたことはないと考えて良いでしょう。

ただこうした情報が出回るのには、理由があります。

年齢制限がかけられていなくても、大学病院で実際に採用されやすい年代が20代後半~30代半ばといった傾向が見られるからです。

大学病院では即戦力となる看護師でありながら、伸びしろの大きい看護師を求めています。

急性期病院と同様の夜勤やシフト制に加えて、大学病院の場合には勉強会や研修も頻繁に開催されます。

かなりの激務であるため、あまり年齢の高い看護師では勤めきれない可能性があります。また、大学病院という特殊性も理由の1つです。

大学病院では看護師の新人教育が確立されているため、新卒で入った看護師はしっかりと育てられます。

このため大学病院出の看護師は民間の病院からも大歓迎され、20代後半になると転職してしまう看護師も少なくありません。

必然的に20代後半から30代にかけての年齢層が薄くなるので、大学病院での採用がこの年代に集中しやすいと考えられます。

これ以外の年齢層で採用率を上げるためには、役職経験や専門性の高さが武器になります。

看護師に対する教育・管理経験者や「認定看護師」や「専門看護師」の資格保有者であれば、需要の高い年齢層以外でも採用される可能性はあります。

公務員

公務員看護師の場合には、各都道府県や自治体などによって、年齢制限を設けていることがあります。

たとえば東京都立病院では、受験の際の年齢制限が免許取得見込者の選考は45歳未満、免許取得者の選考は60歳未満とされています。

これはあくまで受験できる年齢制限であり、60歳で採用されるかどうかはわかりませんが、かなり高い年齢でもチャレンジすることができます。

国立病院の場合には準公務員の扱いとなりますが、こちらについても年齢制限はありません。

ただ、公的な病院でも夜勤やシフト制があることには変わりがないため、体力的な面で不安があれば採用されにくくなります。

公務員看護師になるための試験は、一般的な公務員試験内容とは異なり、面接と小論文です。公的機関で働くために重視されるのは、倫理観や看護観、人間性の確かさです。

公務員看護師への応募には年齢制限がないため、比較的高い年齢層の看護師も多く受験します。

若い看護師の場合では、まだうまく伝えられない看護師としての指針も、ベテランの看護師であれば文章にまとめられるということもあるでしょう。

公務員看護師の中途採用では、40歳前後の看護師が多く見られるといいます。

公務員看護師に求められる公明正大さ、高潔さや人間性の厚みといった点から、若い層よりも熟年層に期待される傾向があるようです。

治験業界

看護師が治験業界に転職をする場合、求人では法律的な問題もあり、年齢制限は設けられていません。

しかし実際のところは未経験で転職する際には、最低でも臨床経験1年以上としている企業が多いため下限は23歳くらいとなっています。

上限は一般的には35歳程度、比較的高い年齢でも40歳くらいまでが限界と言われています。

もっとも多く採用されている年齢層としては26~30歳といったところで、看護師としての臨床経験が十分にあり、未経験でもまだ吸収力の高い年代が求められる傾向が見えてきます。

治験コーディネーターとして働けるようになるには、治験に関する知識や実務経験を積む必要があります。

企業やその人自身の状況にもよりますが、基礎を押さえるまでには平均的には半年から1年以上かかり、一人前になるためにはさらに数年が必要です。

採用する側としては、育成に時間をかけるだけに長期間働いて欲しいと考えるのは当然です。

また、将来的にはさらにリーダー的業務を任せられる人材となってもらうために、できるだけ若いうちから治験業界になじんでいることが望ましいとされます。

すでに治験コーディネーターとして経験があれば別ですが、未経験者を採用する場合には、戦力となるまでの時間を見込み、若年層が求められているようです。

20代看護師の転職理由とは?転職で失敗しないためのポイント

20代看護師の主な転職理由とは?

20代は看護師のキャリアがスタートしたばかりで、自分の可能性も未知数です。一応の経験を積んだあと3年くらい経つと、「そろそろ」と考える人が多くなるようです。

業界の様子がつかめてきて現在の職場以上にキャリアアップできる場所があるのではないかと感じていたり、自分の人生設計にもっと適した職場で働きたいと思ったりすることがきっかけとして挙げられます。

看護師は最初の勤め先が、奨学金がらみであったり学校の関連施設であったりと、比較的縛りがある中での選択というケースが多いようです。

初めての医療現場の中で長時間の激務、研修や勉強会などただ目まぐるしく過ぎていく毎日の中で、働き方を変える方法として転職が意識されます。

20代看護師が転職先で期待されることとは?

20代の看護師は看護師としての基礎的な知識をもちながらも、まだ新しい環境に対応可能な若さがあります。

そのため応募先からは、非常に理想的な人材として受け入れられます。考え方にも柔軟性があり、新規分野についての学習能力も十分に期待できます。

未経験の診療科や専門的な分野であっても、本人の努力次第でほかのスタッフに追いつき、それ以上になれる可能性があります。

若さと経験がそろっていて、体力面でも心配がありません。

採用する側としてはとても魅力的な人材であると同時に、需要が多いだけに早期の離職については危惧される面もあります。

看護師として目指している姿を明確にし、しっかりとした看護観を示すことで、より有望で誠実な人材として迎えられる可能性が高まります。

20代看護師が転職で失敗しないためのポイント

20代の看護師が転職で失敗しないためには、押さえておくべきポイントがあります。転職後は、目の前の仕事に専念し、余計なことはなるべく考えないようにしましょう。

若いうちは目移りをして「ほかにもっと良い職場があったのではないか」などと、些細なことからでも転職に失敗したと思いがちです。

しかしそうした思いから、転職をくり返す結果となる例が数多くあります。

年次を重ねていくうちに新人看護師の教育や指導を経験し、豊かな知識が蓄積され、看護師としてさらに成長していくことができます。

これから看護師を長く続けていく上で、どのような看護師になっていきたいかを長期的な視点から考えていきましょう。

職業人としての人生設計を行うことで、理想とする姿に一歩一歩近づいていけるはずです。

30代看護師の転職理由とは?転職で失敗しないためのポイント

30代看護師の主な転職理由とは?

30代は自身のキャリアとともに、ライフワークバランスを深く考える年代です。結婚や出産、子育てといったライフイベントに伴い、働き方も変わらざるを得ません。

またキャリアを人生の中心にすえ、さらに上を目指すと決意する看護師もいます。

30代の看護師では、すでに十分なスキルをもちながらそれをどの方向に、どのように活かしていくかを考えた転職となります。

経験値、気力、体力とも充実した状態で、仕事を見直せる時期です。30代であればまだ、これまでとは違う分野に飛び込めるチャンスが開かれています。

治験業界や美容系クリニックなど、年齢を重ねると難しくなる方向にも進むことは可能です。

病院勤務に限界を感じ、そうした可能性を探りながら転職を選ぶ看護師も多い年代といえるでしょう。

30代看護師が転職先に期待されることとは?

30代の看護師は、まさに「脂がのった」存在です。現場での知識や経験が豊富で、医療業界について良く理解しています。

頼れる技術とスキルをもった即戦力として、求められています。医師や看護師長と若い看護師たちとの、コミュニケーションの仲立ち役としても期待されるでしょう。

現場によっては患者からの信頼感が得られるため、20代よりも優先して30代を採用するところもあるようです。

若い看護師よりも思慮深く慎重に転職先を決めていると見られ、長く働いてくれると考えられるようです。経験のある診療科であれば、すぐにリーダー格となる可能性もあります。

そのため転職活動も有利に進められます。未経験の診療科を目指す場合、年齢的にはラストチャンスといえるかもしれません。

30代看護師が転職で失敗しないためのポイント

30代の看護師が転職で後悔しないためには、自分の生活とのバランスをよく考えた応募先の選定が必要です。

まだ若いとはいっても、20代よりは無理がきかなくなり始める年代です。夜勤があまりに多かったり無理なシフトが設定されたりしているようでは、身体的な負担がかかり過ぎます。

結婚や出産を迎える人も多い年齢層でもあります。仕事と家庭・プライベートの両立を考慮し、子育てへの理解が得られ、設備やサポートが整った職場探しをすることが大切です。

30代は今後の看護師人生を考える上で、キャリアアップに最適な時期でもあります。

資格取得の支援制度がある職場を選ぶといった、長期的に見て有利な条件も転職のポイントとなります。

看護師の給与は経験年数によって異なりますが、慢性的な看護師不足の中で、30代看護師は売り手市場にあるといえます。

焦らずに求人情報をチェックしていけば、現在よりも良い待遇でライフスタイルに合わせた職場が見つかる可能性もあります。

40代看護師の転職理由とは?転職で失敗しないためのポイント

40代看護師の主な転職理由とは?

40代の看護師が転職に求めるのは、後悔しない生き方といえるのではないでしょうか。

これまで家族のために仕事量を抑え、パートで働いていたり日勤のみの仕事を選んできたりした看護師が、思う存分看護師としての役目を果たしたいと考えることもあります。

逆に仕事一筋でバリバリ働いてきたけれど、少しペースを落とし、穏やかな雰囲気の中で私生活を大切にしながら生きていきたいという場合もあるでしょう。

子育てを終えて「夜勤をもう一度したい」「急性期病院で働きたい」という希望を持つ人もいれば、社会への貢献度が肌で感じられる仕事を望む人もいます。

40代は看護師として、人間として、自分が思うように生きるため転職という手段を選択する年代といえるでしょう。

40代看護師が転職先に期待されることとは?

40代の看護師が転職する場合、採用側が求めるのは看護師としての熟練の能力を余すところなく発揮することです。

加えて物事に動じない精神力や、どのようなタイプの患者に対しても穏やかに接することができるコミュニケーション力が期待されるでしょう。

ただ前職で高いポジションにあった看護師が責務からの解放を希望して転職するときには、その経験を前面に出してしまうと敬遠されます。

なぜ40代の今転職に至ったのかについては、説明が必要ですが、あまり私的な感情を表すと精神的な未熟さと受け取られかねません。

応募先の施設で行っている事業と自分のスキルを関連させ、前向きな方向で転職の理由を語るようにすると、向上心や貢献の気持ちを伝えることができ、好感が得られます。

40代看護師が転職で失敗しないためのポイント

40代での転職は、これまでの働き方や生き方を変える転機となります。無理のない形で、ライフスタイルと合わせられるような職場選びをしていく必要があります。

長期にブランクがある場合は、教育体制が整っている病院を探すことが大切です。

年齢に関係なく、職業的な自信をつけられるようなサポートがあるかどうかが、看護師として活躍するカギとなります。

家庭を持っている人は残業が少ない職場を望む傾向がありますが、残業が少なくても看護スキルが身につけられるような職場を探すと良いでしょう。

比較的小規模な病院やクリニックでも、面倒見の良い院長や先輩看護師がいればスキルアップの問題をクリアできます。

急性期病院での募集では体力への負担の面から、40代がラストチャンスと言われています。求人条件では特に年齢的な言及がなくても、書類選考で落とされることもあります。

スキルや経験にいくら自信があっても、若いときと同じようには転職活動が進まないことも覚悟しておかなければなりません。

50代看護師の転職理由とは?転職で失敗しないためのポイント

50代看護師の主な転職理由とは?

50代看護師が仕事に求めるものは、現役の看護師として定年まで活躍できることでしょう。急性期病院で長年働いてきていても、明らかな体力の衰えに不安を感じてくる年代です。

夜勤や残業も一層辛く感じ、業務の流れについていけないと思うこともあるのではないでしょうか。

転職をして業態の違う医療施設にいけば、これまで培った経験が今よりも活かせるかもしれません。

急性期のような第一線の現場は後進に託し、より社会への貢献感をもてる職場を求める気持ちをもつ人もいるでしょう。

若い看護師と同じような働きができなくなったことを日々痛感しながら仕事をするより、自分のもっているスキルが活かせる場所に移ることを選び、勇気をもって転職に臨むベテラン看護師もいます。

50代看護師が転職先から期待されることとは?

50代で転職する看護師というと、「今さらなぜ」という疑問の声もありそうです。採用側に対しては、自分の転職にかける思いを明確に伝える必要があります。

慢性的な看護師不足、少子高齢化社会の中で、50代の看護師の転職は以前よりは難しい状況ではなくなってきています。

それでも年齢的なマイナス面は、少なくないと考えなければなりません。

50代看護師が転職先から期待されるのは、熟練した看護ケアスキルはもちろん、業務へのマネジメント能力や看護師をまとめる力です。

長く看護師として働いてきた経験を活かし、若い看護師の相談役や指南役を務めることもあるでしょう。

年齢を重ねた分、深みを増した人間性を持ち味とする看護師であることが求められます。

50代看護師が転職で失敗しないためのポイント

50代で転職する看護師の場合、失敗はかなりの痛手となります。心身ともにダメージを負わないように、キャリアの集大成として慎重に転職先を選びたいものです。

50代の看護師の転職の特徴としては、療養型、介護施設、訪問看護などの希望が増える傾向にあります。また迎え入れる施設側でも、経験値が高く穏やかな看護師を歓迎します。

50代にとってはあと何年現役でいられるかが重要なポイントとなり、65歳定年の職場を希望する看護師は多いようです。

また前職ですでにそれなりの収入を得ているため、年収500万円以上の収入を希望するケースが多く見られます。

50代では役職経験者が増えるため、転職先でも管理職希望している場合が多いようです。

しかし50代の求人自体が少ないため、条件に見合う応募先が見つけられるのはかなり困難であると考えて良いでしょう。

いまだ多くの病院では定年を60歳と定めているため、再雇用制度で65歳まで働く場合は給料が下がることを覚悟しなければなりません。

年齢制限がない職場はどこ?ベテラン看護師が歓迎される職場

慢性期病棟・病院

求人情報では年齢制限の記載が禁止されていますが、実質的な採用でも比較的年齢にこだわらないのが慢性期病棟や慢性期病院です。

慢性期病棟では長期的な治療や療養が必要とされる患者のケアを行います。

年齢制限のない理由としては急性期病院のように緊急性の高い症例が少なく、症状の安定した患者が主体となっていること、救急搬送がないことなどが挙げられます。

慢性期病棟・病院での看護師の業務内容では、高度な医療処置は必要なく、投薬による治療がほとんどです。

急変することは少なく、定期的な巡回と状態察により病状の回復状況を把握します。わずかな変化を見逃さない観察力は、経験豊かな看護師ならではのものです。

また食事や入浴介助など、日常生活のサポートケアがメインとなるため、若い看護師よりもむしろ年齢の高い看護師の方が重宝される傾向があります。

慢性期病院では生活習慣病などによって、入退院を長期にくり返す患者もいます。

長く続く治療に精神的な負担を覚え、入院生活に後ろ向きになる患者や家族の気持ちを含めたケアをするのも看護師の役割です。

こうした業務を通じて慢性期病棟や病院では、患者に寄り添った看護ケアを行いながら、看護師自身の精神性や患者を細かく観察する洞察力が養われます。

訪問看護

訪問看護

訪問看護は在宅で療養している利用者を訪れ、日常生活が支障なく送れるように処置をしたり生活のケアを行ったりする仕事です。

高齢者を相手にする仕事なだけに、一般的な病院以上に、柔らかな態度で接する必要があります。

場合によっては痰を取り除くなどの処置が必要となることもありますが、一般の病院のように注射などの手技が必要とされることはあまりありません。

訪問看護師は医師の指示を理解し、利用者とその家族が穏やかな毎日を過ごすためのサポートを実施します。

このため若い看護師よりも、経験を積んだ看護師が重宝される現場となっており、病院を退職した後で訪問看護師となるケースが多く見られます。

利用者の自宅に上がってケアを行う訪問看護の業務では、年齢をある程度重ねている方が、利用者や家族からの信頼を得られやすい傾向があります。

新鋭の医療技術などが必要とされない代わりに、人間的なふれあいができる人材が求められています。

また、訪問看護はケアマネジャーや地域の担当者などとも、緊密に連携していく必要があります。

コミュニケーションスキルの高いベテラン看護師の持ち味が活かせる現場といえるでしょう。

介護施設

介護施設では医療施設以上に、慢性的な人材不足が深刻です。

施設規模によって配置される看護師の人数が定められているため、安定的な運営のためには看護師の確保が必要となります。

介護施設の看護師は、病院で行われるような医療行為はほとんどない代わりに、日常的な体調管理の責任を負います。

介護施設は病院と違い病気やケガの回復ではなく、現状を維持し、穏やかに日常生活を送れることを目的としています。

医師が常駐していない施設では、定期的な医師の診断のもとで、指示された医療処置を実施します。

毎日の業務としては、利用者のバイタルチェックや、顔色、肌の観察を通じて、健康に異常がないかを把握します。

またほかの介護職員と同様に、食事や排せつなどの介助業務にあたるのも、介護施設で働く看護師の特徴です。

介護施設では看護ケアスキルの向上が難しいため、若い世代の看護師よりもすでにある程度の経験を積んだ看護師の方が適した職場といえます。

介護施設の看護師に求められるのは、高齢の利用者との意思疎通を図れるコミュニケーション能力と、他業種の職員と連携できる協調性です。

看護師のプライドをふりかざすことなく、必要とされる役割を果たしていけるという意味では年齢を重ね、円熟味を増した看護師が適任とされるようです。

ベテラン看護師におすすめの転職サイトはこちら

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「年齢不問」の看護師求人は本当に年齢不問なの?

「年齢不問」とされている求人募集は、本当に年齢制限が置かれていないのかというと、看護師業界でもかなり疑わしいといえます。

法律に従い、あえて年齢についてふれていなくても、その施設の業態によってはやはり求められる年齢層があり、それ以外では書類選考が通らないと考えられます。

法で定められているのは、求人募集においての年齢制限の禁止であって、必ずしも応募者を採用しなければならないということではありません。

どのような求人に応募するのも求職者の自由ですが、採用するかどうかの判断は採用側に任せられます

看護師の場合、特に急性期医療を扱う施設では、夜勤やシフトの体制がきつく、残業も多めです。

そうしたなかでは高位管理職のポストを除き、年齢の高い看護師が採用される可能性はほとんどありません。

また美容クリニックといったサービス営業の側面をもつ特殊な施設の場合では、看護師に求められる要素が一般的な医療施設とは変わってきます。

採用される条件の中に、年齢が大きく関わってくるのも仕方のないことなのでしょう。

一方で一度キャリアを終えた後、個人経営のクリニックや医療以外の施設で活躍する看護師も多数います。

同じ「年齢不問」であっても、採用選考を通過できるかどうかはその施設の性格によって違います。

転職時にはそうした現実的な状況を理解して求人情報をチェックしていくことが必要です。

転職先で歓迎される資格と役立つキャリア

年齢を重ねた看護師の転職では、これまでのスキルをどうアピールできるかで結果に大きな違いが出ます。

年代が高くなるに従って転職が厳しくなるのはある意味では仕方のないことですが、保有しているキャリアによっては、若さに勝る価値を認めてもらえる可能性もあります。

臨床経験の長さ、経験値については詳細を記した精度の高い職務経歴書が書類選考を突破する上での有効策となります。

さらにキャリアを強化してくれるのが、専門看護師・認定看護師・認定看護管理者といった社会的に実力を認められた専門資格です。

主任や師長の経験があると管理職候補として採用される可能性が高くなりますが、資格があれば、管理者として優れた資質を持ち、組織に貢献できる人材としてのアピール度が高くなります。

年齢が高くなるほど、若い頃のように動けなくなるのは当たり前です。しかし自身のキャリアをどう生かすかによって、看護師として求められる可能性をさらに広げられます。

年齢が不安、それでも転職したい!

年齢には不安があるけれど、それでも転職をしたいと考える看護師は少なくありません。看護師という職業柄、体力が低下するに従い、年齢制限が存在するのが現実です。

しかし空前の高齢化社会にあって、いくつになっても労働力としての価値が認められつつあります。

国家資格を保有する看護師ならば、なおさらその価値は下がりにくいと考えられます。年齢制限については法的な縛りもあり、採用側も公表していません。

そのため転職と年齢の関係性が、わかりにくい状態にあるのも事実です。

「自分の年齢でこの病院に応募できるのかな…?」と不安になったときには、プロの転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

看護師専門の転職サイトを活用すれば、希望する病院の年齢制限の情報が提供してもらえます。

もしもそこが叶わなければ、あなたの年齢でも問題なく受け入れてくれる病院を紹介してくれるでしょう。

年齢で転職をあきらめる前に、気軽に転職サイトに登録し、コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

5月は早期退職者の追加募集が増える時期

4月入職の新人看護師や勤務先の都合で退職時期をずらしていたスタッフの退職などが多くなります。そのため、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

夏のボーナス後の退職希望者を獲得する動きも始まります。また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

フルタイムで働けて夜勤もできる看護師や即戦力となる看護師はとても重宝がられます。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧