病院に転職したいけど年齢が…看護師の転職に年齢の壁は存在する?

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

30代後半以上の看護師は経験が豊富です。

しかし、転職して新天地で働くとなると、体力面や新しい知識を吸収する面で不安を感じる人も少なくないはずです。病院側もこの年代の採用の難しさをわかっており、看護師を採用する際に年齢制限をかけるケースもあります。

そこで、このページでは病院に勤務する看護師が転職を考える場合、年齢はどの程度影響するか急性期病院を中心にみていきます。

急性期病院・看護師の平均年齢は?

急性期病院の看護師の年齢

急性期病院の看護師は、年齢構成を見てみると、20代と30代がそれぞれ30%、40代と50代がそれぞれ20%となっています。比較的若い看護師が多いのが特徴です。

その理由は、急性期病院では救急車の搬入があるので忙しく、ある程度の体力が求められるためです。病院としては若い年代の看護師を多く配置したいのです。

そのため、看護師の転職の時期はどうしても世代によって変わってきます

ちなみに、急性期病院で働くと幅広い看護の知識が学べます。

ですから急性期病院で働く看護師には、学習意欲の高い看護師が多い傾向があります。

認定看護師を取得したい、きちんと看護の知識を身に付けたいといった目標を持っています。

給与面では、医療機関の中でも急性期病院は高給です。そのため、より高い給与を求めて入職する看護師が多いようです。

急性期病院・看護師の平均勤続年数は、何年くらい?

続いて、急性期病院で働く看護師の勤続年数についてみてみましょう。これによって働く環境の質や「やりがい」を測ることができます。

勤める病院にもよりますが、平均すると勤続年数は7年くらいです。

看護師の勤続年数が長い病院は、働く人にとって魅力がある職場だと言えます。

逆に短い場合は何か問題があることが考えられます。

勤続年数が長い病院と短い病院を「休日」「収入」「福利厚生」「人間関係」で比較してみました。

休日で比較

職員の勤続年数が長い病院 職員の勤続年数が短い病院
  • 年間120日以上の休日
  • 有給休暇消化率が80%以上
  • 休日出勤がない
  • 年間休日が120日以下
  • 有給休暇が消化できない
  • 無給の休日出勤が多い

収入で比較

職員の勤続年数が長い病院 職員の勤続年数が短い病院
  • 基本給が高い
  • 残業代が支給される
  • 昇給率がいい
  • 賞与が多い
  • 基本給が低い
  • サービス残業
  • 昇給しない
  • 賞与が少ない

福利厚生や人間関係で比較

職員の勤続年数が長い病院 職員の勤続年数が短い病院
  • 託児所がある
  • 寮や社宅がある
  • 人間関係がよい
  • 託児所がない
  • 寮や社宅がない
  • いじめが横行している

これらはあくまで一例ですが、勤続年数が長い病院は「安心して働く環境が整い、待遇面も良い」ということがうかがえます。

転職を考えている看護師は、できるだけこれらのポイントをチェックしてみると、長く働ける良い職場に出会いやすくなります。

年代別に見る看護師が仕事に求めること

ひと口に看護師の気持ちと言っても、年代によって思っていること、考えていることは異なってきます。

ここでは、世間の看護師さんたちがどんなことを考えているのか、年代別に見てみましょう。

20代

キャリアをスタートさせたばかりの年代ですから、今の仕事に慣れるのに精一杯でしょう。

この年代は目の前の仕事に専念しつつ、新人看護師の教育や指導を行うことを経験することで知識を蓄積する時期です。

定年まで看護師として活躍するうえで、どんな看護師になりたいか人生設計を立てることが大切です。

30代

結婚や出産を迎える年代です。それを機に転職する看護師が多くなり、仕事よりも家庭が中心になります。

そうなると、残業を少なくして早く帰宅することが優先事項になってきます。

また、独身でも「夜勤に疲れた」と感じることが多くなり、肉体的に楽な仕事に就きたいと考えはじめる年代でもあります。

家庭を優先したい方は子育てに理解のある病院を探すと、きっと良いワークライフバランスをつくれるはずです。

独身の人は将来のプランを見直しつつ、夜勤が少ない病院や、急性期でなくケアミックス病院を検討するといった対策が必要になります。

40代

子育てが落ち着いてきて、自分のやりたい事をやろうと考え始める年代です。

一時期はパートで働いていた人も、常勤やフルタイムでしっかり働こうと考えはじめます。

ブランクがある場合は、教育体制が整っている病院を探すことが大切です。特に再就職支援制度や復職支援制度などの体制が整っていると安心ですね。

家庭を持ってる人は、残業が少ない職場を望む傾向があります。その場合、残業は少なくても看護スキルはしっかり身に付けられる職場を探すとよいでしょう。

なお、現実問題として急性期病院での募集は40代が限界だと言われています。

50代

急性期病院よりも、療養型や介護施設、訪問看護への希望が多くなります。また、65歳定年の職場を希望するケースが多く見られます。 この年代の看護師の特徴としては、以下の点を希望する方が多いことです。

  • 定年まで長く働きたい
  • 年収500万円以上を希望する
  • 管理職を希望する

長年の経験を活かす意味でも、希望に沿う求人を探してみましょう。

特に転職エージェントでは、本人のキャリアを尊重しつつ、同年代の看護師が多い職場を紹介してくれます。それは若年層ばかりの環境だとなじめないのでは?と感じる人が多いための配慮です。定年まで長く働ける職場を探してみましょう。

年代ごとに異なる看護師・転職事情で気になること

看護師として働くうえで、世代ごとに気になることや転職するうえでのポイントは異なるものです。

30代では「給与額」、40代では「年齢制限」、50代では「給与と定年」についてみていきましょう。

30代看護師の「給与」事情

急性期病院に勤務している30代看護師はどのくらいの年収があるのでしょうか。

これは経験年数によって異なります

例えば21歳で正看護師の免許を取得、ブランクなしで勤めて経験9年の看護師であれば、年収480~500万円くらいに達します。

助産師や保健師、認定看護師の資格があると、より高給になる可能性があります。

40代看護師の「転職」事情

40代は、転職についても触れてみます。

一般的に言うと、急性期病院の現場では年齢がネックになり転職しづらくなる年代です。

本人に自信があっても、一般的に「40代は体力がない」「物覚えが悪い」というイメージを持たれてしまいがちです。

また、40代は経験がある反面、仕事のやり方に融通がきかないと思われてしまうこともあります。

そのため、自分のやり方を強く主張するとまわりに合わせられない、と決めつけられてしまうことも少なくありません。

本人が新しい環境を受け入れようという前向きな気持ちをアピールしたいところですが、現実的な問題として、書類選考の段階で年齢だけを見て落とされるケースも多いからです。

そこで評価をされるのも簡単なことではありません。

50代看護師の「転職と定年」事情

多くの病院では定年を60歳に設定しています。

これは公立病院も私立病院も変わりません。

再雇用制度を採用している病院では65歳まで働くことが可能ですが、その場合は給料は下がります。

給与を重視する方は、事前によく確認しておきましょう。

なお、療養型病院や介護施設などは65歳定年が多いので、視野に入れて検討するとよいでしょう。

転職先で歓迎される資格と役立つキャリア

年代が高くなるに従って転職が厳しくなるのは、ある意味では仕方のないことです。

それでも、「年齢の高さ」を「経験の厚さ」に変えて、逆に有利に転職を進めることもできます。

臨床経験が10年以上あると有利になりますし、主任や師長の経験があると管理職候補として採用される可能性が高くなります。

また、管理職認定看護師(ファーストレベル・セカンドレベル)や認定看護師の資格を持っていると有利に働きます。

長年積み重ねてきた看護師としてのキャリアを上手くアピールできるようにしましょう。

自分がこれまでどんな病院で働き、どんな事を学んできたのか?年代的に厳しい現実に直面したとしても、諦める必要などありません。

年齢が不安、それでも転職したい!

以上、転職と年齢の関係についてみてきました。

やはり看護師は体力がモノをいう仕事ですから、年齢制限が存在するのが現実です。

同時に、病院側も年齢制限をおおっぴらに公開しないケースも多く、「転職と年齢の関係」は実は、わかりにくい状態にあるのも事実です。

「自分の年齢でこの病院に応募できるのかな…?」と不安になる人も少なくないのかもしれません。

そんな時は看護師専門の転職コンサルタントに相談することをおすすめします。

気になる病院があれば年齢制限の現実を教えてくれますし、あなたの年齢でも問題なく受け入れてくれる病院を紹介してくれるでしょう。

さらに、希望の条件や今までの経験などもしっかり踏まえたうえで職場を探してくれるのです。

「自分の年齢では転職なんて無理」とあきらめる前に、気軽に転職サイトに登録し、コンサルタントに相談してみましょう!

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧