NICUは過酷な現場?NICU看護師の実態に迫る!

  • no image0
  • LINEで送る

通常の新生児室ではケアすることが難しい新生児が入るNICU。 過酷な状況のため親御さんとのかかわり方も難しいと言われますが、その分大きな喜びを感じることもあります。

ここでは、NICUで働く看護師の仕事内容ややりがい、そして仕事の短所まで詳しくご紹介していきます。

ランキング1位 看護roo!
ランキング2位 看護のお仕事
ランキング3位 マイナビ看護師

NICUの意味と看護師の役割

NICUとは?

NICUとは、新生児集中治療室(Neonatal Intensive Care Unit)の略で、生まれたばかりの新生児に特化した集中治療室です。

NICUは低体重児や先天性の重い病気を持つ新生児に対して24時間体制で医療を行う部門で細菌感染や栄養補給など、新生児が十分に育ち、安定した状態になるまでの間集中した治療を施す場所です。

NICUに設置されている保育器は一般的な保育器とは違い、薄暗く、温度や湿度などが子宮の中に近い状態で保たれています。

基本的にNICUは大きな病院に設置されています。高度な医療技術、最先端の医療器具などが必要になるためです。

NICUに設置されている保育器は一般的な保育器とは違い、薄暗く、温度や湿度などが子宮の中に近い状態で保たれています。

また、NICUに所属する医師と看護師は他の病棟や科との兼任が禁止されているため、常に同じメンバーが交代でNICUの管理をしています。

NICU看護師の主な役割は2つ

NICUでの仕事まとめ

NICUには、重い病気をもった新生児のみが入っていますので、スタッフは通常よりも高いスキルが要求されます。

先天的な疾患を抱えている場合には容態の急変などが起こることも珍しくありません。

このような一刻を争う新生児の症状を常に監視し、いざという時にはすぐに必要な処置をすることがNICUに勤務する看護師の大きな役割です。

新生児のケア

  • おむつの交換や授乳
  • バイタルチェック
  • 呼吸器の管理

新生児のケアには、おむつの交換や授乳などはもちろんのこと、バイタルチェックや呼吸器の管理などが代表的なものとして挙げられます。

新生児の症状をいち早く察し、的確な処置をするのが看護師の役目です。呼吸器などに疾患がある場合などには、挿管チューブなどを管理するのも看護師の役割です。

家族のケア

  • 精神的なケア
  • 毎日の面会

生まれてきた自分の子どもがどのような状態にあるのか?無事成長していくことはできるのか?という不安を家族は常に心に抱いています。

そんな不安を抱える家族に対して、精神的なケアを行うのもNICUの看護師の大きな仕事内容の1つです。

NICUの看護師として働くメリット・デメリット

NICUで働くメリット

NICUで働くメリットとしてもっとも大きいのは、一般病棟では経験することのできない高度な医療スキルを身に付けられるということでしょう。

豊富な知識量と幅広い対応力という点においては、通常のICUでも同じですが、NICUでは新生児を対象に見ているため、成人よりも遥かに高度な医療スキルが要求されるのです。

そのため一般病棟で働いている看護師よりも圧倒的な技術力が身に付くことができるでしょう。

また、NIUCでは新生児の体調管理に万全を期すために、最先端医療機器が揃えられていることが通常です。

そのため、さらに医療機器に対する知識や技術も必然的に身に付くようになります。

NICUで働くデメリット

NICUで働くデメリットには患児である赤ちゃんと成人との違いに困惑してしまうことが挙げられます。

たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんと成人では体の作りも大幅に異なるため、さまざまな薬剤の適量やバイタルなどの正常値も大きな違いが出てきます。

そのため、NICUで赤ちゃんとの仕事に慣れてしまうと、いざ一般病棟に移ったときに新生児と成人の違いになかなか慣れないということが多いようです。

このときに困惑してしまうというのはNICUで働く上でのデメリットといえるでしょう。

また、小さな命と向き合う仕事はいつ患児が急変するかわからないため、常に緊張していなければならない状態であるのは想像以上に精神的な辛さを感じるものです。

このようなメリットとデメリットから考えると、NICUの看護師に向いているのはメンタルが強く、体力がある人といえるでしょう。

デメリットでも挙げたように、精神的な辛さが付きまとうNICUではメンタル面の強さは必須といえます。

NICU看護師がやりがいを感じるとき・辞めたいとき

NICU看護師のやりがいポイント

NICUの看護師にはやりがいもたくさんあります。生まれつき何かしらのハンデを持って生まれてきた赤ちゃんが、懸命な治療の結果として元気になっていく姿は何物にも代えがたい喜びがあります。

自分たちがいなければ決して助かることのなかった命が元気になっていく姿にはやりがいを感じている看護師もたくさんいます。

これは両親や家族のケアという点でも同じで、大きな不安を抱えていた家族が徐々に元気を取り戻してくれたり、感謝の気持ちを伝えられたりした時にはとても大きなやりがいを感じるでしょう。

NICU看護師が辛いこと

NICUにいて看護師が経験するもっとも辛いことといえば、やはり新生児が亡くなってしまうことでしょう。

はじめてこの辛さを感じた看護師のなかには、二度と経験したくないという気持ちからNICUの看護師を辞めてしまう人もいるほどです。

また、NICUに入っているのにもかかわらず、赤ちゃんの命を助けられなかったという事実に対し、両親から怒りや不満をぶつけられることもあります。

現代の医学ではどうすることもできない症状であったとしても、両親からすれば唯一無二の子どもをなくしてしまったことに変わりはありません。

このほかにも、NICUは24時間体制であるため、勤務中は常に神経を張り詰めていなければなりません。

成人であれば問題のないことであっても、免疫力や体力がない新生児にとってはちょっとした異変でも命に係わる重大な原因になりかねません。

このちょっとした変化を見逃さないために、NICUのなかには常に緊張感が漂っています。

NICU看護師を辞めたいと思うのはどんなとき?

他の部署とは違うNICUならではの苦労とは、どういったものがあるのでしょう?生まれて間もない小さな命にかかわるNICUは、働く看護師にとってもさまざまな悩みがあります。

それでは、NICU看護師の「辞めたい理由」を次のランキングからみてみましょう。

第1位:命を助けられなかった

NICUに救急搬送されても亡くなってしまうケースや、順調に回復していても急変し死亡するケースがよくあります。

それが続くと、気持ちの切り替えが難しく、無力感を感じ、辞めたいという気持ちが湧いてきます。

第2位:家族の心のケアが大変

家族のケアに心を砕いても、まったく受け入れられない場合があります。

家族から怒りをぶつけられることもあり、その対応に疲れてしまうときに辞めたいと感じます。

第3位:ストレス

NICUでは、容体が思わしくない患児が多く、小さな変化を見逃すことができません。

現場は24時間を通して緊張感があり気が抜けないうえ、外部と遮断された狭い空間で患児に向き合っています。

そのため、一般の病棟よりもストレスを感じることが多く、さらに業務量が多いので仕事が終わると疲れてくたくたになる毎日が続きます。

一日中、呼吸器やモニターなどの機器に囲まれて過ごしているので、仕事を終えた後もモニターの音が耳から離れないと訴える看護師もいます。

特にNICUを自ら希望して配属された看護師よりも、本人の希望ではなく異動を命じられて配属された看護師の方が「辞めたい」と感じるようです。

NICU看護師に向いているタイプと有利な資格

こんな人がNICU看護師に向いている

体力面に関しても、通常よりも夜勤や時間的な拘束が長くなりがちなNICUではどうしてもタフさが要求されます。自分の体調を壊すことなく、このハードワークに耐えていけるような人が理想的でしょう。

家族のメンタルケアをするためには、必ずコミュニケーションが必要です。

コミュニケーションを取ることが苦手だと、適切に病状や退院後の育児方法などを伝えられないだけでなく、不要な心配や不安を両親に与えてしまいかねません。

いつまでも落ち込んだ感情を引きずらずに、感情の切り替えを上手くできるというのも重要なスキルです。

NICU看護師になるために有利な資格

  • 助産師の資格
  • もっとも代表的なものが助産師の資格です。

    助産師は新生児の取り上げやその後のケアを専門に行う人であり、生まれたばかりの赤ちゃんに対する深い知識を有しています。

    そのため、新生児のみを扱うNICUでは助産師の資格を持っている看護師は特に優遇される傾向にあるようです。

  • 新生児集中ケア認定看護師
  • 新生児集中ケア認定看護師という資格もNICUでは有利に働きます。

    この資格は日本看護協会が主催・認定している資格であり、臨床現場でのエキスパートを認定するものです。

    新生児集中ケア認定看護師の資格を持っていればしっかりと意味を理解した医療行為が行えるようになります。

    また、周りのスタッフからしても新生児への医療行為を熟知した看護師として評価されるようになるでしょう。

  • 特定行為研修制度
  • 2015年から始まった特定行為研修では、通常の看護師ではすることのできない特定の医療行為を特別に行うことができます。

    この研修を受けることによって、さらに幅広い対応や迅速な処置を行うことができるようになると期待されています。

NICU看護師へ転職するのに押さえておきたいポイント

NICUに転職する看護師に大事なこと

  • 即戦力
  • 観察力
  • 厳しい環境での忍耐力

NICUの仕事内容と、メリットデメリットついて説明しましたが、未知の世界ですし、まだまだ不安があるという看護師の方がほとんどでしょう。

看護師専門の転職サイトで活躍する転職コンサルタントに自分にあった看護師の道を相談するのも1つの選択肢だと思います。

NICUの勤務実態や待遇などについて聞くことができ、NICUの看護師への転職に興味をもったのであれば、病院の紹介もしてくれます。

また、NICUで働きたいのかどうか迷っている方や、NICUで働いているけれども辞めたいと思っている方でも、自分にあった看護師の道を相談してみるという価値は大いにあるでしょう。

NICUで働くということ

NICUでの仕事は体力的にだけでなく、精神的にもとても大変です。

NICUで働く人は、人の命を助けたいという強い気持ちを持っている人が大半ですが、そんな強い気持ちとは裏腹に目の前で生まれたばかりの赤ちゃんが亡くなってしまうことも起こるでしょう。

しかし、そのつらさの一方で、新生児の小さな命を助けられたときや、元気になった赤ちゃんを見たときの喜びが大きいことも確かです。

NICUが設置されている大きな病院であっても、過酷な現場であることから、人手不足が問題になっています。強い志を持っているのであれば、NICUの看護師を目指してみるのも1つの選択肢でしょう。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

4月は予定人員確保の追加募集が増える時期

4月入職予定者の内定辞退や家族の転勤や進学による急な引っ越し、年度末に退職できなかったスタッフの退職などが多くなります。その為、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

日勤のみの常勤希望が増えるため、フル出勤可能で夜勤もできる看護師はとても重宝がられます

4月になればいい求人は残っていない」と考えるのは早計です。新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選びのコツ
  • 看護師の関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師とは?
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職成功のコツ

掲載サイト一覧