面接でうそつく必要ない看護師の退職理由の伝え方を例文で紹介します

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師の退職理由はどんなものが多いの?

結婚・出産・育児などのライフイベント

女性看護師の退職理由として多いのは、ライフイベントによるものです。人生の大きな転換期を迎えたときに、そのまま仕事を辞めてしまうパターンです。たとえば、結婚出産育児などが挙げられます。もちろん、これらのライフイベントを経ても、休業期間の後に復帰している看護師は存在します。しかし、看護師の仕事と家庭を両立できずに、退職してしまう人もまた、大勢いるのです。復帰を目指して努力してみても想像以上に育児や家事が忙しく、断念するケースもあるでしょう。看護師の仕事は激務になりがちなため、結婚した女性は家族の協力なしには続けることが簡単ではありません。

看護師としてのスキルアップ

現在の施設とは違った分野への興味が出てきた看護師も、退職をして新しい挑戦に踏み出します。専門分野にしたいものが見つかった、スキルアップをしたくなった、そんな看護師は医療自体を辞めるわけではなく、転職という形で新天地を探します。自分のやりたいことを実現させるために現在の職場を辞めるのはポジティブな動機であり、これからも医療界に貢献していくことが期待できます。

職場の人間関係

全ての看護師がポジティブな理由で退職するわけではなく、ネガティブな理由で辞めていく人もいます。たとえば、人間関係のトラブルです。看護師が人間関係で悩みやすいのは、責任が重大な仕事であるがゆえ、きびしい指導が行われがちだからです。先輩からすれば「早く成長してほしい」という気持ちから発せられた言葉でも、本人からすると傷つけられてしまい、モチベーションが下がってしまうこともあります。また、患者や患者の家族とのコミュニケーションが苦痛で、「辞めたい」と思い始める看護師もいるようです。

女性比率が高い職場なのも、働きにくさを感じる人が出てくる原因です。女性ならではのグループや、噂話の多さに辟易したり、男性看護師が孤立したりすると、職場から出て行きたいと考えてしまうでしょう。

ハードな仕事内容

職場自体への不満もあります。看護師は患者を優先に働く職業なので、仕事内容は非常にハードです。人材不足に陥っている施設も多く、ともすれば超過勤務になりがちです。残業休日出勤も多くなるでしょう。「聞いていた内容と違う」、「給料に見合わない」、そんな不満が勤めているうちにわき上がって来ます。通勤が困難で休日もなかなか訪れず、有給の申請もしづらい、そんな職場なら特に若い看護師はやる気を無くしかねません。他の職業に就く同世代の労働環境と自分を見比べたとき、仕事が嫌になってしまう人もいます。他の人たちが休日や平日の夜を楽しく過ごしている一方で、夜勤や土日出勤が続く自分の仕事に疑問を持ってしまうのです。

理不尽なクレームへの対応

患者さんからの理不尽なクレームに耐えかねて退職しているケースも跡を絶ちません。できるだけクレームの少ない職場で働きたいと思いますよね。
正直な話、クレームに対しては有効な手立てはないといえるのですが、どうしても理不尽なクレームが続くのならば、病院の規模や患者さんの層があっていないということも考えられます。

そこで、クレームへの対応方法をどうするかという考えから脱却し、「転職を考えてみる」というのも一つの手です。

看護師が辞めたくなる理由はさまざまであり、職場や本人の問題によっても変動するといえるでしょう。

今の職場を退職理由を伝えたのに退職できない… どういうこと?

看護師に明確な退職理由があれば、病院を辞めて新しい道を探すのも良いことでしょう。しかし、本人がいくら辞めたくても辞められないケースがありえます。病院側から引き止められたり、本人の意志に反して辞める日取りを引き伸ばされたりするパターンです。本人からすれば一刻も早く次のステップに進みたいのに引き止められて、「足を引っ張られている」ような感覚を抱くことでしょう。しかし、それには現場や病院の切実な事情も介在しています。

病院の慢性的な人手不足

どうして「辞めたい」と宣言している人材を引き止める必要があるのかというと、慢性的な看護師の人手不足です。現在、数多くの医療機関が設置され、医療技術も発達しています。しかしながら、そこに従事する人の数が十分に追いついているとはいえないのが現状です。看護師の激務の原因もまた、こうした人手不足によるといっていいでしょう。特に、キャリアを重ねて新人の教育にもあたれる人材は非常に貴重です。病院からすると、長期間勤務してもらって人材の育成に従事してほしいのが本音なのです。そのため、少しでも勤務期間を引き延ばして、一人前の看護師を育ててもらおうと考えます。

引き止めには現場の声も反映されています。一人の看護師が辞めるだけで、人手不足の現場は混乱に陥りがちです。シフトを組み直し、担当を見直す必要が出てきます。結果、今以上の激務を強いられることもあるでしょう。せめて新しいスタッフが補充されるまでは待ってほしいとお願いされることも考えられます。そして、新人が入れば「新人の試用期間が終わるまで」など、退職を引き延ばされ、予想以上に長く勤務せざるをえない状況に追い込まれてしまうのです。

病院側が新たに求人を出すことへのコスト

病院側からすれば、新たに求人を出すのが嫌という本音もあります。看護師が一人抜けるだけで現場の負担は相当なものになるため、求人を出さざるをえません。しかし、転職サイトや求人サイトに情報を掲載するのは少なくないコストがかかります。また、採用するか否かを見極められるまでに多くの人材を書類選考し、面接していくだけでもかなりの時間を要します。その間、現場の業務が滞ってしまうので、リーダー格の看護師が面接に出ている間、他の看護師が負担をかけられてしまうのです。そんな手間を考えれば、少しでも長く現在のスタッフを引き止めたいと願ってしまうのもうなずけます。

ほとんどの病院では話し合いを重ねることで、本人と病院側の妥協点を見出し、退職の日取りを決めていきます。退職をしようとする看護師に優しい言葉で引き止めようとするケースも多いですが、本音は病院側の都合によるものがほとんどです。

あまりにも退職に時間がかかりすぎすると次のキャリアにも影響が出ます。退職を決めたなら、確固たる意志で病院側に希望を通す強さも必要です。

看護師の面接での退職理由の伝え方のコツを知りたい!

看護師が退職するときには、強引に辞めざるをえないこともありえます。しかし、病院と亀裂を生んだまま辞めていくのは後味が悪いものです。また、医療業界に留まるのであれば、悪い辞め方をした評判がどこかに伝わってしまう可能性もあります。できることならば、病院側にも納得してもらったうえで円満な退職を行いたいところです。

直属の上司との面談を設ける

まず師長など直属の上司に面談の機会を設けてもらい、そこで退職の意思を伝えましょう。 直属の上司を飛び越えて、看護部長などに伝えてしまうことは失礼にあたるため気をつけましょう

看護師の退職理由の例文を知りたい!

今の病院を続けられない理由を明確に伝える

病院は基本的に看護師が不足しているため、退職したいと切り出しても引き止めに合うことがほとんどです。しかし、一度断られたからといって諦めるのではなく、何度も面談の場を設けてもらうことが大切です。「退職する」という強い気持ちを持って交渉しましょう。 すでに転職先から内定をもらっていたら「次の病院が決まっているので辞めます」と言ったり、ほかに転居する予定があれば「○月に○○県に転居してこれまでのように出勤できなくなるため辞めます」と言ったりするなど、今の病院を続けられない理由を明確に伝えるようにするとベストです。

前向きな転職理由は引き止められにくい

そのためにはまず、退職理由をよく考えることです。「仕事がきつい」、「人間関係に疲れた」、それらも本人にとっては立派な退職理由でしょう。しかし、一般的な退職理由としては弱いといえます。曖昧な退職理由を提示してしまうと、病院側から引き止めにあったとき、論破されてしまいます。「仕事がきついのはまだ慣れていないから」、「人間関係は努力すれば改善できる」という風に、もっともらしい反論をされて、いつの間にか勤続することになってしまうのです。病院側もできることなら人材を失いたくないので、必死に引き止めをしてくると予想されます。病院側がつけ入る隙もないほどの明確な退職理由を告げましょう。 病院の体質に対する不満は明確な理由になりますが、トラブルを起こす可能性があるので「別の施設に興味がある」などの前向きな理由がおすすめです。

看護師の退職理由の伝え方・書き方で気をつけることは?

せっかく看護師として就職できたのであれば、一つの職場で長く勤務したいのは当然です。しかし、実際に勤務してみてから見えてくる欠点や不満もあるでしょう。どうしても自分自身の力で改善できないものであれば、退職するのも正当な決断だといえます。

しかしいざ転職すると、退職理由を転職先にどのように伝えるのかで悩むものです。退職理由を伝えることで忍耐力がないと誤解されたくないですが、うそを伝えるわけにはいきません。

転職を考えている方におすすめなのが看護師専用の転職サイトに登録し、転職コンサルタントに新たなキャリアを目指すサポートをしてもらうことです。多く転職の実績のある転職コンサルタントは、転職に有利な転職理由の伝え方や書き方を熟知しています。特に実績のある転職サイトを下記にまとめておいたので、ぜひ登録してみてください。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

12月は準備期間!転職に備えてサイトへの複数登録を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「求人情報が出る1月から、転職先を探せばいい。」では、転職活動のスタートが遅すぎます。

良い条件の求人に出会うためにも、一足早く転職サイトへ登録をして、準備をすることをおすすめします。

自分にあったコンサルタントを見つけるためにも、複数の転職サイトに登録しておきましょう。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧