介護認定審査会の仕組み

介護認定 審査会
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

介護保険を利用するためには、要介護認定を受ける必要があります。要介護認定を二次判定する機関として、介護認定審査会があります。一次判定の結果と主治医の意見書を原案として二次判定が行われていき、要介護認定の区分が決定します。二次判定を行う介護認定審査会の仕組みや特徴について説明します。

介護認定審査会の仕組み

介護認定審査会は、介護認定の審査と判定を行う市町村の付属機関として設置されています。介護認定審査会では、認定審査委員会と呼ばれる5名の審査員が審査と判定を行います。

訪問調査によって心身の状態に関する調査を行い、訪問にて得た内容をコンピューターに入れることで行う一次判定と主治医の意見書を原案として審査が行われます。介護認定審査会では、認定審査委員会が客観的な立場で公平に判定を行います。 要介護認定は、身体介護や生活援助・問題行動・リハビリ時間・医療行為の中で、介護に必要なサービスはどのような内容か、介護を行う時間はどの程度必要になるのかを基準として、今後病気の進行度や改善の可能性を踏まえて考えていきます。

介護認定審査会で判定された結果は、保険者である市町村へ通知することにより、市町村が介護認定を行います。介護認定審査会では、審査と判定を行い、認定するのは市町村なため間違えないようにする必要があります。

認定審査委員会とは

介護認定審査会は、認定審査委員会のメンバーが話し合って審査を行います。認定審査委員会のメンバーは、医療として医師や歯科医師・薬剤師、保健として看護師や保健師・歯科衛生士、福祉として介護福祉士や社会福祉士・介護支援専門員などの実務経験者が、市町村や関係団体からの推薦によって市町村長から任命されます。

介護認定審査会は、認定審査委員会のメンバーが過半数以上出席しているときに決議を行うことができます。認定審査委員会の任期は2年間とされており、再度依頼があった場合には再任されます。

介護認定審査会と介護保険審査会の違い

介護認定審査会とは違う機関として、介護保険審査会があります。介護保険審査会では、要介護認定が納得できないときに、不服申請を行う機関として都道府県に設置されています。要介護認定だけではなく、介護給付や保険給付など徴収に関わる審査請求も介護保険審査会で行っています。

介護保険審査会のメンバーは専門家や市町村の委員だけではなく、被保険者の代表者もメンバーとして加わります。介護保険審査会は、納得いかないことや不満なことに対して相談に乗ってくれる地域住民の強い味方です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

12月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

12月は冬ボーナス後の転職や年内の退職を考えている方の動きが活発になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧