回復期リハビリ病院の入院期間と対象疾患

回復期 リハビリ
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

回復期リハビリ病院へ入院する場合には、誰もが入院できるわけではありません。回復期リハビリ病院への入院できる対象疾患は決まっています。また、入院期間も決められているため、その間に退院していく必要があります。回復期リハビリ病院にはどのような規定があるのかわかりやすく説明します。

回復期リハビリ病院の対象疾患

回復期リハビリ病院に入院するためには厚生労働省により2つの条件が設けられています。1つは、入院することができる患者さんの対象疾患が決まっています。もう1つは、対象疾患の発病や手術から入院までの期間が定められています。

この2つの条件が満たされることが必須条件です。対象疾患と入院までの期間はそれぞれ異なっています。入院の対象疾患と発病や手術から入院までの期間は以下の通りになります。

  • 1. 脳血管疾患・脊髄損傷・頭部外傷・脳症・多発性硬化症・高次脳機能障害・外科的手術からの廃用症候群の方で、発症または手術からリハビリ病院までは2ヶ月以内。
  • 2. 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の骨折の方で、発症または手術からリハビリ病院までは2ヶ月以内。
  • 3. 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の神経・筋・靱帯損傷後の状態・股関節または股関節置換術後の状態の方で発症または手術からリハビリ病院までは1ヶ月以内。

回復期リハビリ病院の入院期間

回復期リハビリ病院は回復するまで入院できるわけではなく、入院期間が定められているため、状態が安定しない患者さんは入院することができません。入院期間は、重度の脳血管疾患や脊髄損傷で180日と定められています。

外科的手術をしても重度でなければ150日と1ヶ月少なくなります。また、骨折などの整形疾患や術後合併症による廃用症候群でリハビリが必要な方は90日と少ない日数しか入院することができません。

しかし、実際には病院で平均入院期間の日数を減らしていくような取り組みがされているため、最長期間の入院を利用することは困難な状態です。

回復期リハビリ病院全体の平均入院期間65日程度となっており、早期退院が求められています。それぞれの疾患別でみても、重度の脳血管疾患の人は90日、通常の脳血管疾患であれば70日、骨折などの整形疾患の人は55日と最長期間の半分ほどで退院しているのが現状です。

回復期リハビリ病院の退院

回復期リハビリ病院では、早期から退院についても考えていきます。リハビリを行う内容として、歩行状態を安定することだけではなく、自宅で日常生活を送れるようにリハビリを行います。リハビリ職だけではなく、看護師や介護スタッフと共にチームでプログラムを考え在宅復帰を支えていくため、入院のときにはどのような状態で退院したいかを明確にしていくことが大切です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧