療養型の病院はなぜ3か月で退院しなくてはいけないの?

療養型 退院時期
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

療養型の病院は、急性期病棟や回復期リハビリ病院からの受け入れが多い病院です。大きい病院では、療養型病棟という形で入院を受け入れています。療養型では、原則として3か月以内に退院することが求められています。療養型の病院についてわかりやすく説明します。

療養病床の役割や特徴

急性期や回復期病院で入院を終えた患者さんが、在宅療養するためには、受け入れるための時間を要する場合があるため、すぐに退院することが難しい場合があります。そうした状況に対応できる病棟として療養病床があります。

療養病床では、治療とリハビリを同時に行っていくことが目的とされているため、医療的な処置だけではなく、日常生活のリハビリテーションや生活援助など、幅広く対応しています。在宅復帰への一時的な入院を目的としているため、合併症などで状態が悪化した場合には、一般病床への入院となります。

療養病床には現在医療保険を利用して入院する医療型療養病床と、介護保険を利用して入院する介護療養型医療施設の2種類あります。しかし、厚生労働省からは介護型を廃止し、医療型への一本化していく方針がとられています。

医療型の療養病床では3か月以内に退院しなければいけない

医療型療養病床は、介護型と違い廃止の予定はありませんが、療養病床へ入院した場合の在宅復帰が難しいことから、病床数を減らす方向で進められています。医療型療養病床では、必ず3か月以内に退院しなければいけないという制度があるわけではありません。

しかし、長期間の入院は病院にとって収入が得られないことや、在宅復帰へのリハビリは3か月以内に行うことが有効とされているため、入院期間は3か月以内と規定している病院が多くあります。

状況や事情により3か月以上入院できる特例もありますが、病院側としてはできる限り早期退院を促していくのが現状です。

廃止される介護療養型医療施設とは

病院から自宅や施設へ帰れない方が一時的に利用する施設で、介護保険を利用して入所していきます。介護療養型医療施設は、65歳以上の要介護1以上の人が入所することができます。65歳未満であっても、要介護認定を受けている人は入所できるところがあります。入所期間は特別定められておらず、平均入所期間は約1年となっています。

介護療養型医療施設は、2012年から新設が認められなくなっており、2020年には廃止予定となっています。しかし、病院から自宅へ帰れない人がたくさんおり、現在入所している人の行く先が決まらない状況が続いています。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧