介護保険サービスの上手な使い方

介護サービス 目的
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

介護保険には上限が設定されているため、利用したいサービスのすべて介護保険を利用できるわけではありません。そのため、介護保険を利用する場合には工夫をしていくことが大切です。介護保険サービスの上手な使い方を説明します。

介護保険サービスはどのような目的に利用するべきか

介護保険サービスを利用する目的は、高齢者や身体障害・精神障害を持った人が安心して楽しく日常生活を送るために利用していきます。利用する者の意思を最大限に尊重して、目標にあったサービスを利用していきます。

介護サービスは利用者様自身が選択していくため、手伝ってほしいことや必要と思う内容を取り入れていくことが大切です。どのような生活をしていきたいか、どのようなことを介助してほしいのかをケアマネージャーへ伝えていきます。

上手な介護保険サービスの使い方

介護保険サービスは要介護度により上限の単位数が設定されているため、それ以上利用する場合には全額自己負担になります。そのため、介護保険サービスを上手に組み合わせて利用していくことが大切です。

介護保険サービスは、サービスの種類と時間によって単位が設定されています。上手に組み合わせることで効率よく介護保険サービスを利用することができます。

入浴の介助をしてほしい場合には、訪問入浴という選択だけではなく、訪問介護で入浴介助という選択もあります。訪問入浴に比べ単位数が少ないため、訪問入浴では週2回が限界だった場合でも訪問介護で入浴を行うことで週4回入ることができます。

また、訪問入浴と同じ単位を利用する場合に、デイサービスの入浴を利用することで、入浴とデイサービスも利用できます。 限られた中で利用していくため、ケアマネージャーと相談して目的に合った介護サービスを利用していくことが大切です。

複数の介護保険サービスを利用したい場合

寝たきりの状態や精神障害などで複数のサービスを多く利用していきたい人にとっては、介護保険サービスのみでは限界があります。そのため、介護保険サービスとは別に障害福祉サービスを上手に利用していきます。

障害者手帳の交付をされている人であれば、申請をすることで障害者区分が決定し、ケアマネージャーが立てたケアプランの内容に沿って、介護保険で足りない部分の時間を障害福祉サービスで利用することができます。

訪問看護や訪問入浴などで介護保険の上限まで利用していた場合に、障害福祉サービスの身体介護を利用することで複数の介護サービスを最大限に利用することができます。複数の介護サービスや多くの時間を利用できることで、在宅生活を続けていくことができます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧