介護施設の看護師求人を見分けるポイント

看護師 求人 介護
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

介護施設の中で看護師における役割は、施設によって大きく違っていきます。看護師が介護施設への就職や転職を考える場合には、仕事内容と良い施設を見分けていくことが大切です。良い介護施設を見分けるポイントを説明します。

介護施設の看護師特徴

介護施設で働く看護師は、医療行為だけではなく、看護ケアやコミュニケーション能力も重要になります。利用者様と長い時間をかけてゆっくりと関わることができるため、比較的ゆっくりと時間が流れていきます。

急性期病棟のように時間に追われる業務や走り回ることは少ないため、心に余裕ができることから、落ち着いている看護師が多いです。残業が少なく休みがとれることから、家庭を持つ人やプライベートを充実したい人にはおすすめです。

介護施設の看護師求人を見極めるポイント

介護施設は、介護職員以上に看護師が不足しています。多くの看護師は病院で働いているため、介護施設の看護師はとても需要があり多くの求人が出ています。

看護師求人の中で見極めるポイントは、衛生面や感染対策が適切に行えているかを見ていきます。ハローワークや求人広告の内容だけでは、確認ができないため直接見学行くことが必要になります。

見学を行う時には、入口から施設内まで清潔を保ち感染症予防が行えているかを見ていき、排泄介助や医療ケアを行う時にはプラスチック手袋や手洗いが行われているかがとても大切です。衛生管理がしっかりと行えている施設は、人員にゆとりがあり、安心して働ける環境が整えられているので、看護師として長く働くことができる良いポイントです。

介護施設の高収入看護師求人を選ぶポイント

介護施設の職員は、介護職員や看護師を含めてあまり昇給しないのが特徴です。そのため、介護施設の看護師が高収入を得るためには、看護長や部長などの役職に就くことが大切になります。働く介護施設の役職が、経営者との家族で構成されている場合には、役職につくのが難しいため、事前に確認していくと良いです。

介護施設の中でも、有料老人ホームは民間で経営しているため、高収入の求人が出されている特徴があります。有料老人ホームでは、受け入れる利用者様の基準や方針がそれぞれ違っているため、施設によって高収入な求人と低収入な求人に分かれます。

介護施設の看護師への就職を考える際に理解しておくべきこと

介護施設で働く看護師は、介護職員と協力して仕事を行います。介護施設では医療より介護が主体となるため、看護師も介護の仕事を一緒に行うことが求められます。介護職員より上の立場ではなく、同じ立場でチームとして仕事をすることが大切です。

介護施設では、利用者様が自分らしく生活を送れるように支援していきます。本人やご家族の意見を最大限に尊重しながら看護ケアを行うことを理解しておく必要があります。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧