体力の衰えを感じる40代後半に転職を考える看護師の悩み

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

いろんな知識を吸収する20代、仕事を覚えて一人でできることが増えてくる30代、そしてある程度責任も増えてくる40代。看護師は年代とともに常に成長して行くものです。 ですが、50代を前に、今後もこのように突っ走っていけるのか不安になるナースの方も少なくありません。50代前に働き方を模索して転職を考えるナースの事例と、その不安の解決策を解説致します。

この記事の目次

事例

「47歳。現在勤めている病院では、2交代で月の夜勤回数が7~8回あります。今はまだダメージも少なく続けることができていますが、50代以降のことを考えると体力的な不安を感じずにはいられません。

50代になってから転職するよりも、40代のうちに転職するほうが、条件の良いところに転職できそうだと思っています。 限界まで頑張って見て体力的に無理だとわかった時点で配置換えを考えることもできますが、今の病院では希望が通りそうにはありません。

そろそろ次の転職先として夜勤がないところを探すべきなのか、もう少し夜勤は続けるほうがいいのか決めきれずにいます。

分析

40代の後半になると、そろそろ体力的な衰えを感じる場面も増えてきます。特に女性の場合は更年期が始まる人もいますので、「このまま乗り切れるだろうか」「無理が利かなくなっているのではないだろうか」と考える機会も増えるでしょう。

求人情報や看護師転職サイトを見ても、少しでも若い方が勤務先も多くから選べます。50代に向けて早めに準備をしておくのが良いのか、50代になってから対策を練った方が良いのか、どちらが正解と言えるのでしょうか。

アドバイス

加齢や体調の変化は、だれにでもある当然の成り行きです。その変化に備えて早いうちから準備をしておくことは、非常に賢明な選択であると言うことができるでしょう。

もちろん50代になっても若いナースたちと変わらずに多くの夜勤をこなしていらっしゃる方もいます。体力ばかりは個人差があるものですので、一概に言うことができないのが実際のところです。

この事例のナースさんは、何か不安になる理由が具体的にあるのかもしれません。お母様の更年期が重くて非常につらそうな様子を見ていた記憶があったり、ご自身の体力に不安を感じるエピソードがいくつかあったりするのかもしれません。

そのように不安に感じる場合は、「限界まで頑張りたい」と考えるよりも、「長く勤める」ことを新たな目標とするのはいかがでしょうか。

40代・50代におすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧