臨床心理士の資格と役割

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

信頼性・知名度の高い臨床心理士の資格

心理学関連の資格が数多くあるなかで、社会的信頼性と知名度が最も高い資格といえるものに臨床心理士があります。

臨床心理士は、文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格ですが、心理職に就くための採用基準とされることもあって、取得希望者が多く人気の高い資格となっています。

ストレス社会といわれる現代では、うつ病をはじめとする精神疾患や、心的原因が身体疾患を引き起こす心身症が増加し、社会問題にまで発展しています。臨床心理士は、それらの精神心理的問題を抱えるクライアントに対し、心理学領域における専門的な知識と技術を駆使して、様々な症状の予防・改善に導く心の専門家です。

以上のことより、臨床心理士の重要性は非常に大きいものとなっています。分野は少し違いますが、身体機能の低下により呼吸状態が悪化することも多いため呼吸療法認定士の資格取得を希望する人も最近増えています。

資格取得への道

臨床心理士になるには、資格審査に合格しなければなりませんが、そのためにはまず、資格審査を受けるための受験資格を得る必要があります。資格認定協会が認可する指定大学院の修士課程を修了することが必須条件となりますが、この指定大学院には第1種と第2種があります。

第1種は、大学院修士全科生修了時点で受験資格を取得できますが、第2種指定大学院の場合は、修了後、1年以上の実務経験を必要とします。仕事と両立しながら通信教育で受験資格を得ようとする人もいますが、遠隔教育の大学として知られる放送大学は、第2種指定校となっています。

資格審査には一次試験と二次試験があり、一次試験では筆記試験と論述試験を受け、そこで好成績を収めた人のみが二次試験の面接に進みます。合格率は6割前後となっており、難易度はそれほど高くないようですが、むしろ、受験資格を得ることのほうが難しいとされているようです。

業務内容と活躍分野

臨床心理士が行う業務には、臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助、研究調査という4つの柱があります。心の特徴や問題点を探る心理査定とカウンセリングを意味する心理面接が中心業務となりますが、問題解決のために、個人だけではなく、地域や環境に広く働きかけるという重要な役割も担っています。

心理職者として自らの専門性に磨きをかけ、臨床で常に優れた技能を発揮させるためには、研究活動は欠かすことができません。まだまだ発展途上の段階にある臨床心理学という学問を、新たに切り開いていくという意味でも、やりがいは充分にあるといえます。

臨床心理士は、医療・保健分野をはじめとして、教育や福祉、産業と労働、司法・矯正の分野にいたるまで、幅広い領域で活躍しています。それは、臨床心理士という立場の重要性を、社会が強く示しているということの証しといえます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧