精神保健福祉士(PSW)の資格と役割

精神保健福祉士(PSW)の資格と役割
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

精神保健福祉士とは

国家資格はいろいろとありますが、中でも福祉分野に関する国家資格には「社会福祉士」「介護福祉士」「精神保健福祉士(PSW)」の3つがあり、「三福祉士」と呼ばれることが多いようです。精神保健福祉士は1997年に誕生した資格で、精神障害者の保健と福祉分野に特化したスペシフィックソーシャルワーカーということになります。

精神保健福祉士の職場としては精神科病院や精神障害者福祉施設、総合クリニックの精神科、地域活動支援センター、就労移行支援事業施設、社会復帰促進施設などの他に保護観察所や矯正施設などといった司法施設を挙げることができます。

こころの病を抱えた精神障害者に対しての社会復帰や社会参加支援の取り組みは日本でもようやく基盤整備が図られた現在、専門知識と技術を有する精神健康福祉士の需要は間違いなく増えていくことが予想されています。

需要が増えていくものとして、呼吸療法認定士の資格も挙げられます。呼吸療法の重要性が増す昨今、重宝されるようになっているからです。

精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉センターや保健所などでは必置資格に準じる配置となっていますので、将来に向けて何か資格を取りたいと考えている人には精神保健福祉士はおすすめの資格と言うことができます。

精神保健福祉士になるためには年に1度行われる国家試験を受験して合格しなければなりませんが、受験をするためには「保健福祉系大学等(4年制)で指定科目を履修していること」「保健福祉系短大等(3年制)で指定科目を履修し、1年以上の実務経験(相談援助実務)があること」「一般系大学等(4年制)を卒業し、一般養成校1年制または2年制通信を修了していること」などといった細かい規定がありますので、同資格を目指すのであれば最初に確認しておくことが大切です。

社会福祉士の資格を持っている人であれば短期養成施設等(6か月)を修了すれば受験資格を得ることもできます。

社会福祉士とのW資格

この資格は学士の学位を持たない人でも相談援助実務に4年携わった後一般養成施設で講座を履修すれば受験でき、さらに合格して精神保健福祉士の資格を得れば福祉研究のために大学院に入学する際の審査対象ともなり得ます。

精神保健福祉士の有資格者は社会福祉士の資格も同時に持っていることも多いものです。社会福祉士は精神障害者も含めて高齢者や身体障害者の行政・司法面などすべての福祉分野を担うジェネリックソーシャルワーカーですので、両方の資格を持っておけば就職や転職の際にはかなり有利なはずです。

通信教育でも受験資格が得られますから、多少ハードですが働きながら資格取得を目指すことも不可能ではありません。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧