看護知識とスキルをいかすクリニカルアドバイザーの役割

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

クリニカルアドバイザーとは

最近、看護師の求人サイトの中で「クリニカルアドバイザー」「クリニカルスペシャリスト」あるいは「アプリケーションスペシャリスト」という言葉を目にすることが多くなりました。クリニカルアドバイザーとは病院やクリニックなどの医療機関に勤務して看護業務を行うのとはちょっと違い、医療機器会社や製薬会社などの企業に就職して看護知識とスキル、臨床経験などを活かす仕事です。

具体的に言えば所属している企業の営業マンに同行して医師や看護師などに製品の紹介や使用方法を説明したり、営業のサポート業務を行ったりするのが仕事ということになります。ですから看護師としての技量の他に営業活動に向いた資質も要求されてきます。

人とのコミュニケーションに自信がある人、看護師としての自分の可能性をもっともっと引き出してみたいという人にクリニカルアドバイザーはぴったりの仕事ではないかと思います。

クリニカルアドバイザーの仕事

医療機器の製造会社にクリニカルアドバイザーとして雇われた場合には製品の使用方法を医療機関のスタッフに説明するばかりではなく、その有効性をPRしたり関連情報を提供したりもしますが、導入後・販売後のフォローをすることも大切な仕事となります。

また勉強会やセミナーの開催、展示会における啓蒙活動、その他自社製品の普及などに貢献するのもクリニカルアドバイザーの大切な業務です。

クリニカルアドバイザーの職に就くためには看護師の免許以外に特別な資格は必要ありませんが、やはり臨床の経験が多ければ多いほど企業でも実践力として重宝されることは言うまでもありません。医療機関で看護師として働いていたときに医療機器を使った経験なども仕事に役立つはずです。

クリニカルアドバイザーの心構え

クリニカルアドバイザーは企業の社員ですから社内でデスクワークに携わることもありますし、また最新の学会情報を取得するためにあちこちに出張する機会も増えてきますので、いろいろな形態での職務に柔軟に対応できる人が好ましいとされています。

営業活動は仕事の中心となりますので最低でも普通免許証を取っておくことは必須ですし、外資系の製薬会社にクリニカルアドバイザーとして転職したいというのであれば英語力もアップしてビジネス英会話をマスターする必要があります。

看護師の仕事は初任給がいい割に勤務5年、10年と経過していくと年収が頭打ちになってしまいます。広い世界で自分の能力を充分に発揮したい、実力に見合った収入を得たいという人にとってもクリニカルアドバイザーは魅力的でかつやりがいを感じることのできる仕事といえます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧