失敗しない!看護師の職務経歴書の重要項目3つ

看護師の職務経歴書の書き方
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師の職務経歴書 作成の基礎

応募書類には履歴書の他に職務経歴書とういうものがあります。この二つの書類の違いは中身とその詳しさにあります。

履歴書は学歴や経歴を簡潔にまとめたもの、その一方で職務経歴書は今まで勤めてきた職場での経験を詳しく書きあらわしたものです。

病院によってどちらも提出する時もあれば、履歴書だけの時もあります。履歴書だけなのか、または履歴書と職務経歴書両方必要なのか。提出漏れのないよう、念入りに必要な応募書類の確認をしましょう。

別のページで看護師の履歴書の書き方を紹介しています。

もう書いてしまった人も間違っていないかチェックしてみてくださいね

看護師の職務経歴書は手書き?パソコンで作成?

職務経歴書の書き方には決まりはなく、要点をきちんと書いていれば書き込む内容も自分で決めて良いことになっています。

手書きかパソコン作成か迷われる方が多いのですが、履歴書は今でも手書きが基本ですが、職務経歴書はパソコン作成が主流となっています。

用紙は市販のもので大丈夫ですし、自分で作成しても問題ありません。自分で作成する場合は、全体的な読みやすさ・伝わりやすさを心掛け、パソコンスキルをアピールしましょう。

職務経歴書の書き方と職務経歴書に記載すべき重要な項目

職務経歴書に記載すべき重要な項目は

  • 【職務経歴とその業務内容および成果】
  • 【取得資格】
  • 【自己PR】

の3つです。

1.【職務経歴とその業務内容および成果】

【職務経歴とその業務内容および成果】には勤務先の基本情報・具体的な業務内容・勤務先で学んだことを書きます。

基本情報とは【経験業種】【勤務期間】【雇用形式】【勤務先名・部署または診療科目・病床数・職員数】などのことです。今まで勤めてきた企業、病院、または施設の基本情報を調べ、書いていきましょう。特にこれといった決まりはないので、追加したい項目があれば足していきましょう。

次に基本情報の下に業務内容を書いていきます。業務内容には配属先、配属先での業務内容、具体的な担当業務やそれによる実績・成果を記入していきます。

「いつからいつまで、どこにどのように勤め、そこでどのような経験をし、なにを学んだか。」を簡潔に伝え、アピールしましょう。

2.【取得資格】

次に【取得資格】では、今現在持っている免許や資格を古いものから順に正式名称で記入します。取得した日付も正確に書きましょう。

例えば、近頃は電子カルテの普及が進んでいることも手伝って、パソコンスキルのある方は歓迎されますし、外国人の方が多い地域の病院などでは語学力の必要性が高くなってきているため、英語検定やTOEIC・TOEFLなどの語学資格も優遇されるケースがあります。

民間の資格であったとしても、自己PRにつながりそうなものは積極的に書いていきましょう。

3.【自己PR】

最後に【自己PR】を書きます。履歴書と同様、職務経歴書にも自己PR欄があります。

履歴書には主に「看護師としての人間性・特徴」を重点的に書き、職務経歴書には主に「今までの経験を踏まえて、今後どのように活かそうと思っているのか」を明記し、履歴書とまったく同じにならないよう工夫を加えましょう。

職務経歴書でうまく伝えなければ低い評価を受け不採用?!

職務経歴書は書き方に決まりがなく自由に作成できる反面、書類の見やすさや見せ方のうまさが採用に大きく影響します。

看護師として採用に値する十分な経験と技術があるにもかかわらず、書類をうまく作成できずに低い評価を受け不採用になってしまうことも実際にはよくあることです。それでは、病院にとっても大変な損失です。そんな事態を防ぐために、職務経歴書がうまく書けずに悩んでいる方には看護師専用の転職サイトの利用をおすすめしています。

職務経歴書や履歴書の添削サポートがある看護師求人サイト

看護師転職サイトの『看護のお仕事』『マイナビ看護師』では、応募先の医療機関や企業に合わせた職務経歴書の書き方のアドバイス以外にも、応募予定の病院よりも給与や雇用条件がいい非公開求人の紹介もしてくれます。

転職後に後悔しないように、利用者の満足度が高い看護師求人サイトを看護師求人サイトランキングで紹介しているので最低3~5件の看護師求人に登録し提示された条件を比較して転職先を決定しましょう。自分では切り出しにくい給与や雇用条件の交渉も、看護師転職サイトの担当者さんが代行してくれるので頼もしいですね。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

10月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

「冬のボーナスをもらってから転職しよう」

しかし、11月からでは、条件のいい求人の倍率は高くなるため希望の就職先に転職することが難しくなります。

10月から転職サイトに登録をして、いち早く条件のいい求人に応募できる状態にしておきましょう。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧