福祉レクリエーション・ワーカーの資格と役割

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

福祉レクリエーション・ワーカーの仕事

人生を豊かにするうえで、楽しみや生きがいは全ての人にとって必要なことですが、身近にありそうでなかなか見つけられない場合もあります。社会福祉士やホームヘルパーをはじめ福祉に関連した資格は数多く存在していますが、高齢者や心身に障害を持つ人が、その人らしく輝ける時間を過ごすための支援を行うことを目的とした福祉レクリエーション・ワーカーという資格があります。

福祉レクリエーション活動の専門家として、あらゆる福祉施設を職場とする福祉レクリエーション・ワーカーの仕事内容は、生活プログラムの一つである『レクリエーションタイム』をより楽しく充実させるための企画・準備・運営となります。

また、地域においても、様々なイベントを通じて地域社会と福祉施設とをつなぐ役割を担っているほか、ボランティアスタッフの養成やコーディネート、よりよい街づくりに向けた行政へのアドバイスなど、幅広い活動範囲を有する職業といえます。

受験資格について

福祉レクリエーション・ワーカーは、財団法人日本レクリエーション協会が認定する民間資格です。対象者の生きがいを発見するという目的に向かって広く活用できることから、福祉・医療関係の仕事に携わっている人が補佐的な資格として取得するケースが多いようです。

同協会が実施する通信講座を受講し、資格認定審査に合格することが、この資格の取得方法となります。「レクリエーション・インストラクター」「レクリエーション・コーディネーター」「グループレクリエーション・ワーカー」いずれかの資格を取得していることが条件の一つです。

また、受講開始日において満18歳以上で、「レクリエーション・インストラクター養成講座」等を受講予定・受講中の方、既に資格取得のための所定時間を修了している方も受験資格はクリアします。しかし、修了のみで未登録の場合はレポート課題が1科目追加される決まりになっています。尚、介護福祉士や保育士・看護師などの資格保有者は、反対にレポート課題が一部免除となります。

福祉レクリエーション・ワーカー誕生までの道

福祉レクリエーション・ワーカー養成通信教育課程では、2年以上3年未満という学習期間が確保されていますが、最短1年程度で終了できる場合もあります。学習内容は、レクリエーションに関する基礎的知識・援助技術51時間、社会福祉および隣接領域に関する基礎的知識・援助技術50時間、福祉レクリエーションに関する専門的知識・援助技術70時間です。

更に、レポート課題やスクーリングのほか、福祉レクリエーション総合学習として30時間の現場実習も行います。全課程を修了した者には修了証が発行され、筆記試験と実技試験による資格認定審査へと駒を進めることになりますが、その合格率はおよそ80%といわれています。

合格後、2か月以内に認定と登録の申請手続きを行う必要がありますが、それにより日本レクリエーション協会公認指導者としての認定証と資格証が交付され、福祉レクリエーション・ワーカーの誕生となります。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧