ハートセイバーAEDの資格と役割

  • no image0
  • LINEで送る

ハートセイバーAEDの資格とは

看護師におすすめの資格としてハートセイバーAEDがあります。ハートセイバーAEDは成人、小児を問わず心肺停止になっている方の蘇生を行うという重要な役割を担っています。安全で適切な人工呼吸などの心肺蘇生を行うために、ハートセイバーAEDの資格取得を目指す方が増えているようです。

心肺蘇生は緊急時に行うためプレッシャーを感じることも少なくないようです。そのため冷静さ、正確さが求められます。実際に命を救えた際にはやりがいを感じることができ、いざという時に役に立てる資格です。

看護師が看護業務において実際に蘇生をメインで行うことは少ないと思われますが、医療従事者として身につけておきたいという方が少なくないようです。しかし、資格取得後に実践することがなければ忘れてしまう場合もあるため、定期的に練習する必要があり、努力が欠かせない資格と言えます。

ハートセイバーAED資格の取得方法

資格の取得方法としてはハートセイバーAEDプログラムの受講があります。受講プログラムでは心肺蘇生法と自動体外式除細動器であるAEDの使用方法を学ぶ実践トレーニングを行います。受講プログラムは半日以内で終わることが多く、実技全てのコースを受講された方は実技試験の受験資格を得られ、合格すると資格とともに認定証であるカードが与えられます。実技試験は受験者が到達度に納得いくまで繰り返し行えます。

受講資格は特に指定がなく興味がある方、必要がある方などどなたでも受講可能となっています。受講者には看護師などの緊急時に対応を求められる医療従事者が多いようですが、一般市民の方でも受講することができます。家族、友人など心肺蘇生が必要になった場合に役立てたいという方も少なくないようです。

また、保育士や学校教員、キャビンアテンダント、スポーツインストラクターなど仕事内容によって必要となる場合がある方が資格取得を目指しています。プログラム修了後に発行される修了カードは、心肺蘇生のスキルを持っていることを証明する国際認定証となっています。カードは2年間有効で2年ごとに更新が必要となります。

ハートセイバーAED受講プログラムの内容

受講プログラムはAEDの使用法の他に心臓マッサージ、ポケットマスクによる人工呼吸法、気道に異物が詰まった時の対処法など実技を中心とした内容となっています。事前に勉強しておく必要はありませんが、当日に学んだ技術をしっかりと習得することが大切となります。

プログラムでは反応確認と呼吸の有無、救急システムの発動とAED要請など心肺蘇生に必要なスキル、知識を学ぶことができます。基本のコースでは成人の方を対象とした内容となっていますが、オプションとして1歳から思春期までの小児と、1歳未満の乳児を対象とした心肺蘇生法、窒息解除法などを追加して学ぶことができます。

プログラムは最初から最後まで受講する必要があり、途中参加や退席をした場合は受講不可、もしくは認定証の発行ができなくなる場合があるため注意が必要となります。受講費用は5000円から10000円程となっています。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

3月でも4月入職に間に合う!早めの登録がカギ

転職シーズンに入り転職活動も活発になっています。4月入職に向けてあたらしい求人もどんどん決まっていく時期ですがまだ4月入職には間に合います。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めています。新着求人は早い者勝ちでどんどん決まっていきます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選びのコツ
  • 看護師の関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師とは?
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職成功のコツ

掲載サイト一覧