ACLSプロバイダーの資格と役割

  • no image0
  • LINEで送る

BLSとACLS

救命救急処置にはBLS(Basic Life Support)とACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)があるようですが、日本語でBLSは一次救命処置とそしてACLSが二次救命処置と訳されています。

BLSとは例えば急に倒れたり、呼吸困難・窒息状態になった人に対して、医師や救急隊員などが来るまでの間に行う応急処置のことで、呼びかけをしたり、人工呼吸を行ったりします。大概は器具や薬品を使わないで対応することが多いのですが、最近ではAEDの普及もあり、AEDでの処置を行うケースもあるようです。BLSに関しては、一般の人を対象として講習会も開催されていて、特に資格がない方でも一定の知識・技能があれば行うことができます。

これに対してACLSは、心肺機能が低下するなど心肺危機に陥った患者に対して行う心肺蘇生法で、薬剤や医療用補助具などを用いて医師及び充分な訓練を受けている看護師・救命救急士などが医師の指示に基づいて行う処置のことで、このASLの処置の提供者がACLSプロバイダーということになります。

ACLSプロバイダーコースとの資格取得方法

ACLSブロバイダーはAHA(アメリカ心臓協会)が認定する二次救命処置提供者の資格です。このACLSプロバイダーの資格取得方法ですが、ACLSブロバイダーコースの講習を受けて試験に合格する必要があります。

ACLSプロバイダーコースは、医療従事者を対象としたコースで、心肺停止や重篤不整脈、急性冠症候群、脳卒中の初期治療などを含む、乳幼児から小児、成人までの一次救命処置および二次救命処置に関しての知識・技能について学ぶことになります。講習では、マネキンを利用しての人工呼吸、心臓マッサージの実技も行われるようです。講習は2日間行われ、講習時間は15時間程度です。

筆記試験に合格するためには、50問中42問以上の正解(正解率84%以上)が必要で、もし正解率が84%に満たない場合は当日1回だけ再試験を受けることが可能です。合格するとACLS Provider Card(合格認定証)が発行されますが、このCardには2年間の有効期限が設けられています。

ACLSプロバイダーコースの受講条件

ACLSプロバイダーコースの受講対象者は、医師や看護師、救命救急士、メディカルスタッフなどです。

受講条件として、AHAのBLSヘルスケアプロバイダーコースを履修していること、またそのカードを有していること、質の高いCPRが行えること等があります。その他にもACLSプロバイダーマニュアルのコアケースを理解していること、ACLSアルゴニズムを理解していることなども条件に含まれます。

新規受講時には、AHA BLS for HCPカードまたはAHA BLSインストラクターカードの提示が必要ですし、更新での受講時には、AHA ACLSプロバイダーカードまたはAHA ACLSインストラクターカードの提示が必要です。ACLSプロバイダーコースの標準受講料は、38,300円です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

3月でも4月入職に間に合う!早めの登録がカギ

転職シーズンに入り転職活動も活発になっています。4月入職に向けてあたらしい求人もどんどん決まっていく時期ですがまだ4月入職には間に合います。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めています。新着求人は早い者勝ちでどんどん決まっていきます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選びのコツ
  • 看護師の関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師とは?
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職成功のコツ

掲載サイト一覧