【体外受精コーディネーター】資格と業務内容

  • no image0
  • LINEで送る

体外受精コーディネーターの役割

スキルアップを目指す看護師におすすめの資格に、体外受精コーディネーターというものがあります。体外受精コーディネーターはNPO法人日本不妊カウンセリング学会による認定資格です。近年、不妊症における医療技術が進歩しているにも関わらず、子どもが授からないという方も増えており、体外受精コーディネーターなど不妊症に関する知識、技術に特化した方が求められています。

体外受精コーディネーターの役割は卵子や精子、受精卵を直接扱う治療法においてカップルの立場から治療方法のアレンジ、それぞれのカップルが持つ問題の解決、カップルと関係する職種の調整などを行うことです。仕事内容は患者さんへの治療方法の説明や治療スケジュールの説明、治療の経過やカウンセリングなどとなっています。

体外受精コーディネーターが活躍する場として、産婦人科医院や不妊治療を行う総合病院、専門クリニックなどがあります。看護師や准看護師などが資格を取得し、体外受精コーディネーターの資格を活かしながら活躍を目指すケースも増えてきているようです。しかし資格取得は簡単ではなく、現在資格保持者は全国で400人程ですが、今後はニーズの高まりが予想され将来性が高い資格と言えます。

体外受精コーディネーターの資格取得方法

体外受精コーディネーターの資格の取得方法は、認定試験に合格することとなっています。試験については筆記試験と面接試験があり、受験資格は一定の条件をクリアした方に与えられます。

認定試験の受験資格の取得に必要な条件は、セミナーや講座の受講を3回以上していること、認定申請の際に日本不妊カウンセリング学会の会員であることとされています。また、認定申請には生殖医療に関する基礎知識を有している、不妊患者の心理・社会的な問題を理解している、不妊カップルの自立的決定を促すことができるなどの目標に到達していることも必要となります。

また、患者さんを中心にした考え方を理解して応用できる、情報の適切な伝え方を知っているということなども体外受精コーディネーターを目指すには必要と言えます。

認定試験と資格の更新

認定試験は1月から3月ごろに行われ、会場は仙台、東京、大阪、福岡などとなっています。認定費用は15000円かかります。さらに日本不妊カウンセリング学会の会員として年会費が5000円必要です。資格取得後は更新が5年後ごとに必要で、更新では審査が行われます。

審査は学会への出席や発表、学会誌の投稿、論文の投稿、養成講座への参加、スキルアップセミナーへの参加などによって得点がそれぞれ加算される仕組みになっています。日本不妊カウンセリング学会への出席で10点、不妊カウンセリングスキルアップセミナーへの参加で15点、体外受精コーディネーター養成講座への参加で15点というようにそれぞれに点数がつき、合計30点以上を取得する必要があります。

学会などへの参加における点数は本人の自己申告で、学会事務局で確認を行います。発表や投稿に関しては掲載論文などのコピーの添付が必要となります。また、更新費用は6000円となっています。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

3月でも4月入職に間に合う!早めの登録がカギ

転職シーズンに入り転職活動も活発になっています。4月入職に向けてあたらしい求人もどんどん決まっていく時期ですがまだ4月入職には間に合います。

ほぼすべての医療機関や企業が、退職者の補充のため求人募集を始めています。新着求人は早い者勝ちでどんどん決まっていきます。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選びのコツ
  • 看護師の関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師とは?
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職成功のコツ

掲載サイト一覧