【排尿機能検査士】資格と業務内容

  • no image0
  • LINEで送る

排尿機能検査士とは

泌尿器科医の現状は、一般的に結果の判読と患者への説明、準備設定、検査の実施、後片付けに携わっており、とても効率が良いとは言えない状況です。しかし、尿流測定以外の検査項目については、準備設定から精度管理に至るまで、相応の知識と経験を必要としています。

そこで日本排尿機能学会では、泌尿器科医とともに排尿機能検査に関わる排尿機能検査の専門家の育成を目的とした「排尿機能検査士」という資格制度を2004年に制定しています。以前の排尿機能検査は、神経因性膀胱が中心でしたが、最近では女性尿失禁や下部尿路閉塞疾患などの患者にも行われており、病態解明と治療法選択において重要な役割を担っているようです。

資格の取得者はまだ少ないですが、泌尿器科で働く看護師の方には是非オススメしたい資格です。排尿機能検査士の資格を取得していなくても検査の介助を行うことは出来ますが、資格を取得すればより専門的な知識・技術を持って業務に携わることができ、仕事にやりがいや自身を持つことが出来ます。

資格の取得方法

排尿機能検査士の認定を申請できるのは、排尿機能検査に関する活動実績のあること、コメディカルスタッフとしての人格及び見識を備えていること、日本泌尿器科学会専門医の推薦があること、日本国の看護師・保健師・助産師・准看護師、その他(臨床検査技師・診療放射線技師・理学療法士・臨床工学士など)の医療に関する資格を有することなどに該当する方です。このように、より専門的な資格では、他にも透析技術認定士のように基本となる資格と一定期間の実務経験が要件となっていることも多いです。

資格の取得方法は、履歴書や免許書のコピー等の書類、申請料5,000円の振込用紙のコピー等を提出します。毎年1回、申請書類により総合的に評価し、排尿機能検査士としてふさわしいと判断されれば認定されます。ただこの資格には5年間の有効期間がありますので、5年毎に認定更新を行う必要があります。

更新するには、資格認定後5年間で総単位数30単位以上が必要で、そのうち20単位以上は排尿機能検査士講習会に1回以上参加した単位が含まれていることが条件となります。更新申請時には、排尿機能検査士認定資格更新申請書、更新料5,000円の振込領収書のコピー、単位取得確認書類を提出します。

講習会について

5月または6月の年1回実施されている講習会には、講習会を初めて受講される方や基礎的事項を再度確認のために受講したい方を対象とした「初級コース」と、従来のコースを1回以上受講された経験があり、次のステップの講習を受けたい方を対象とした「Advancedコース」の2コースがあります。

2014年6月に開催された第11回排尿機能検査士講習会ですと、定員は初級コース・Advancedコース共に200名で、受講料は1,000円となります。講習会に参加する際には、日本排尿機能学会のホームページにある講習会資料をダウンロード・印刷し、講習会会場に持参します。

排尿機能検査士講習会の会場は毎年異なりますが、東京や横浜をはじめ、金沢、盛岡、長崎、徳島、山形など全国で開催しているようです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月は早期退職者の追加募集が増える時期

4月入職の新人看護師や勤務先の都合で退職時期をずらしていたスタッフの退職などが多くなります。そのため、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

夏のボーナス後の退職希望者を獲得する動きも始まります。また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

フルタイムで働けて夜勤もできる看護師や即戦力となる看護師はとても重宝がられます。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧