【思春期保健相談士】資格と業務内容

  • no image0
  • LINEで送る

思春期保健相談士の仕事

思春期保健相談士とは、社団法人日本家族計画協会が認定している資格で、主な仕事内容は思春期の子ども達に専門的な知識・経験を積みながら適切に対応し、支援活動を行うことです。

思春期保健相談士は、誰でもなれるわけではなく、保健師や看護師、養護教諭、警察官などの専門職に従事している方でなければ、思春期保健セミナーの受講資格がないので、資格取得ができないようです。思春期保健相談士の資格取得後は、医療や福祉、教育など様々な分野で、活躍することができます。

特に、心療内科や精神科、婦人科などでの需要が高いようで、医療現場で働く医師や看護師の方の資格取得も増えているようです。資格を取得したからといって給料が大幅に上がるわけではありません。

しかし、メンタルクリニックなどにかかる中高生が増加傾向にある現在、精神科の看護師としてスキルアップを図るのにおすすめしたい資格の一つです。

資格を取得する方法

思春期保健相談士の資格取得方法は、規定のセミナーを受講することで、社団法人日本家族計画協会が主催する「思春期保健セミナー」のコース1(総論編)やコース2(各論編)、コース3(実践編)の全課程を修了すると、思春期保健相談士として認定されます。

資格は更新が必要なので、資格取得後に「思春期保健相談士認定カード更新対象セミナー」を2年以内に受講する必要があります。セミナーを受講するには、FAX、郵送、HPの「WEB申込み」から申込みをします。

開催の2ヶ月前までに「仮受付・受講料振込みのお知らせ」が送付されますので、指示に沿って振込みをします。1ヶ月前より、「受講受付票」などの通知書類一式が送付されますので、セミナー受講当日に受講受付票を提出します。

セミナー開催14日前以降に申込する場合は、「仮受講決定通知書」「仮受付票」が送付されますので、セミナー受講当日に、仮受付票の提出と、受講料の支払いをします。ただし、開催14日前ですと、すでに定員に達しており、受講できない場合もあるようなので、受講を考えている方は、早めの申込みが必要です。

思春期保健セミナーについて

思春期保健セミナーですが、コース1は毎年9月ごろ3日間開催され、定員は東京会場が150名、札幌会場30名、大阪会場100名、熊本会場40名です。受講費は東京会場が30,000円+税ですが、他の会場は20,000円+税となります。

コース2を受講するには、コース1を修了している事が条件となります。日程は通常、11月上旬の3日間開催されているようです。定員は180名で、受講費は30,000円+税となります。

コース3は宿泊研修となりますので、受講費40,000円+税の他に、宿泊費29,000円+税(シングル・2泊7食分) が必要となります。1月上旬の3日間行われます。受講終了後に、思春期保健相談士として認定されます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月は早期退職者の追加募集が増える時期

4月入職の新人看護師や勤務先の都合で退職時期をずらしていたスタッフの退職などが多くなります。そのため、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

夏のボーナス後の退職希望者を獲得する動きも始まります。また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

フルタイムで働けて夜勤もできる看護師や即戦力となる看護師はとても重宝がられます。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧