【心臓リハビリテーション指導士】資格と取得条件

  • no image0
  • LINEで送る

日本心臓リハビリテーション学会認定 心臓リハビリテーション指導士

心臓リハビリテーション指導士は2000年に日本心臓リハビリテーション学会が心臓リハビリテーション指導士の認定制度を発足させたことから始まった資格で、患者の入院から退院まで他の職種と連携を図り、指導・管理する役割をもつのが心臓リハビリテーション指導士です。

心臓リハビリテーションは狭心症、心筋梗塞、心不全といった心疾患や、心大血管術後などといった患者を対象としており、心疾患の患者は心機能の低下から身体的・精神的にダメージを受けるため、運動だけではなくカウンセリングや教育も含め改善へ導いていきます。

以前は急性心筋梗塞後の離床とデコンディショニング予防が中心でしたが、最近はCCUの普及や心臓手術の進歩もあり早期の離床、早期退院ができるようになり、再発防止のための心臓リハビリテーションに変わりつつあり、運動療法以外に食事療法や禁煙指導、教育、心理カウンセリングなどの包括的なリハビリテーションが主な仕事内容となってきているようです。

心臓リハビリテーション指導士の仕事とは

心臓リハビリテーション指導士という名前の為運動療法リハビリテーションの指導をする専門職と見られてしまいがちですが、心臓リハビリテーション指導士の主な役割は入院直後から患者の容態を見て、退院調整までを行います。

心臓手術の翌日からリハビリを開始し、一般病棟に移り生活動作指導を受ける患者さんに対して心臓リハビリテーション指導士は歩行トレーニング、運動療法の計画や実施、評価といったことや、薬剤の効き目や栄養状態、他の入院患者や家族とのコミュニケーションが取れているかといった部分の確認など総合的にトータルコーディネートしています。

病院などの医療施設では心臓リハビリテーション指導士の資格をもつ看護師が資格を活かし、心臓リハビリテーション外来や循環器病棟を担当し患者への生活指導や、日常生活の中で運動習慣が身につくよう患者1人ひとりにあわせて運動内容を提案しています。

心臓リハビリテーション指導士資格取得

資格取得のために条件が4つあり、1つ目は心臓リハビリテーション指導士受験応募時期に継続して2年以上の学会会員歴があること、2つ目は医師、看護師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床心理士、臨床工学技師、健康運動指導士の10職種いずれかの資格を有していることです。

3つ目は心臓リハビリテーション実地経験1年以上あることまたは心臓リハビリテーション研修制度により受験資格認定証の公布を受けていること、4つ目は毎年行われている指導士講習会の出席とその後行われる試験合格することの4つの条件を満たす必要があります。

その他にも、受験申請時に10例の症例報告を提出する必要もあるようです試験合格後は郵送にて認定書が届き、資格更新の為に5年間に既定の単位を取得するほか毎年会費を納入することが必要です。心臓リハビリテーション指導士資格認定試験は、筆記試験で行われ、試験の施行日や申請方法については、毎年日本心臓リハビリテーション学会の機関誌に公示されます。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

5月は早期退職者の追加募集が増える時期

4月入職の新人看護師や勤務先の都合で退職時期をずらしていたスタッフの退職などが多くなります。そのため、予定人員が確保できなくなり追加募集をする医療機関が増える時期です。

夏のボーナス後の退職希望者を獲得する動きも始まります。また、復職を考えている潜在看護師の方が求人を探し始める時期なので、ママさん看護師向けの求人も多くなります。

フルタイムで働けて夜勤もできる看護師や即戦力となる看護師はとても重宝がられます。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの転職の希望条件はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 看護師の病院選び
  • 看護師の人間関係の悩み
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の転職
  • クリニック看護師
  • 夜勤なし日勤のみの看護師求人
  • ブランク看護師の復職

掲載サイト一覧