病棟の看護師求人はココをチェック!病棟勤務 求人選び5つのポイント

  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師として病棟で働くといえば多くの方は急性期病院の病棟をイメージしているかと思いますが、最近は病棟の種類が増え各病院・病棟により果たすべき役割も違えば入院している患者さんの病状も違います。

そのため給与や福利厚生ばかりを考えて転職してしまうと働き始めて後悔することも少なくありません。

病棟勤務を希望する方のために求人の選び方や比較するポイントを紹介します。

病棟勤務 求人選び5つのポイント

  • 1.どんな病棟があるか必ず確認する
  • 2.配属先の病棟はきちんと確認する
  • 3.夜勤やシフト状況を詳しく調べる
  • 4.病棟の忙しさを考える
  • 5.看護方式を確認、きちんと実情を調べる

1.どんな病棟があるか必ず確認する

初めて転職した方や、400~500床以上の規模の病院から200~300床規模の病院に転職した方から「○○病棟がないなんて信じられない」という話をよく聞きます。病院によって病棟の種類も名称も疾患の分け方も違うのです。入院患者の重症度も、各病棟の設備も全く違います。

『今までの病院(病棟)と同じはず!』という思い込みは危険です。病院を選ぶ場合は病棟の種類や入院患者の年齢層・重症度を確認しておかないと転職後に後悔することになります。

入院後すぐに他院へ転院する患者が多い場合は別ですが、入退院のサイクルを聞いてみると入院患者の病状がどの程度か少しは見当がつくと思います。

2.配属先の病棟はきちんと確認する

求人票をみるときは、希望する病棟(科)に配属されるかどうかを見極める必要があります。あなたが勤務したい病棟(科)がある求人を選んでも、その病棟に欠員があるかどうかまではわかりません。

病棟(科)はあるけれど看護師を募集している病棟は違うという場合があり、入職直前に配属先を告げられそのことに気がついたという方が多いのです。他の病棟でも欠員がある場合は、第一希望の病棟に配属されるかどうかを確認しておかなければなりません。

希望通りの病棟に配属されたとしても、定期的な異動がある病院では、同じ病棟で3~5年働くと異動になることが多いため勤務する病棟が変わります。

色々な病棟を経験しておきたいという方は、神経質になる必要はありませんが、定期的な異動があるのかどうか、希望すればずっと同じ病棟で働くことができるかどうかも確認する必要があります。

3.夜勤やシフト状況を詳しく調べる

転職先の病棟の夜勤の状況というのはとても重要です。2交代勤務なのか3交代勤務なのかということはもちろん、夜勤は何人でするかも確認しておく方がいいですね。

また、手術や検査の曜日が決まっている場合は、準備が必要でほかの曜日よりも業務が多くなります。曜日によって、または毎日、早番勤務や遅番勤務のスタッフがいるかどうかで夜勤時の負担がずいぶん違ってきます。ただし夜勤があって、早番勤務と遅番勤務もシフトに組み込まれるとなるとずいぶん不規則な勤務になるので自分に合った勤務体制のところを選ぶことが重要です。

病棟スタッフも全員が夜勤しているとは限らないので、夜勤をしているスタッフ数はどれくらいかも知っておく方がいいでしょう。平均夜勤回数や夜勤スタッフの出勤時間も聞いてみるといいですよ。ブランクがあり復職した看護師が多い職場は夜勤できるスタッフが少ないことが多く、夜勤回数が多くなる場合があります。とても細かいことのように思うかもしれませんが実際に働き始めた時に、不満を感じる部分なのでしっかり確認しておきましょう

4.病棟の忙しさを確認する

求人票だけ見てもなかなか病棟の忙しさまではわかりませんが、病院の手術件数や入院件数を聞くだけでもある程度忙しさがわかります。救急搬送される患者さんを受け入れる病棟がある場合は別ですが、そうでなければ患者さんの疾患や病状に合う病棟にどんどん入院してくることになります。救急指定病院でなくても、通院している患者さんの夜間の入院を受け入れているところも多いです。

緊急対応ができるスキルを身に着けたいときは入院や手術が多い病院を選び、そうでない場合は予定の入院だけを受け入れている病院を選ぶといいですね。

観察室がある場合はかなり重症の患者さんがいる病棟ということになりますから、病棟に観察室があるかどうかを聞いてみるのもいいと思います。中には観察室はないけれど30分おきに観察が必要な重症患者がたくさんいる病棟(病院)もありますので注意は必要です。

看護師のことだけ考えがちですが、病棟クラークや看護助手が各病棟に配置されているかどうかも確認しておきましょう。病棟クラークや看護助手がいるといないでは業務の煩雑さが違ってきます。必ず必要というわけではありませんが、ある程度の目安になると思います。療養型病棟の場合は介護福祉士や介護スタッフの人数、回復期リハビリ病棟では言語療法士や理学療法士・作業療法士の配置がどうなっているかも気を付けておくといいですね。

5.看護方式を確認、きちんと実情を調べる

初めて転職する方が特に戸惑うのが看護方式の違いです。「初めて働いた病院の看護方式が一般的だと思っていたら実は違っていた」というケースも多く、慣れるまでには時間がかかります。どうしても慣れることができず転職を考えなければならないこともあります。

看護方式はチームナーシング、プライマリーナーシング、プライマリーナーシングと固定チームを組み合わせたモジュール型や機能別に大きく分けられますが、病院や病棟によってニュアンスが違う場合もあります。プライマリーナーシングをやっていると聞いていたのに、とてもそう言えるものではなかったというギャップは必ずあります。スタッフ構成も確認しておけば転職後の様子をイメージしやすいと思います。

看護方式にこだわるタイプか、特にこだわりなく受け入れることができるタイプかによって、転職後の感じ方も違います。求人票には詳しく書かれていないことが多いですし、面接で採用担当や、看護部長に質問しても実像とは違う場合も多いです。働いている方や以前働いていた方の情報を得ることが大切です。

看護師の転職支援サイトを利用して詳しい状況を知る

看護師の求人票からは給与や福利厚生、病院の規模を知ることはできますが、どんなスタッフがいるかどんな取り組みをしているか、実際の病棟の様子はどうなっているかを知ることはとても難しいです。必ず見学して自分の目で見たり、肌で感じたりしておくことが大切です。

看護師の転職を支援しているサイトは人気看護師求人サイトランキングで特徴や対応地域を紹介していますので参考にしてくださいね。

看護師の転職を支援しているサイトの中には、関東・関西・東海に強い『看護roo!』『看護のお仕事』のように、事前に希望する病院の詳しい情報を教えてくれる看護師転職サイトがあります。以前勤務していた方や現在働いている方から聞いている情報なので、他では聞くことができない詳しい情報になっています。利用は無料なので是非活用してください。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

9月は12月退職や4月入職の動きが活発化!転職に向けて早めの情報収集を!

9月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、9月~10月に非公開で来年4月の募集を開始するところも多いので、早めに登録してキャリア相談や希望条件のヒアリングを済ませておくといいですね。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧