転職回数の多い看護師は不利? 転職を繰り返すデメリットとは?

看護師の転職回数
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

「転職回数って何回まで?」「転職回数が多いと書類選考で落ちるって本当なの?」

「転職回数」は転職希望者にとっては、気になるものです。看護師を雇用する側の病院では、転職回数が何回以上だと「多すぎる」と判断されてしまうのか?転職回数が多くても、転職を成功させるためには何が必要なのか?

医療機関の採用担当者のアドバイスをもとに、転職回数が多くて悩んでいる看護師さんの疑問にお答えします。

1.看護師の転職NG回数は?

転職回数が多いと「転職がしにくくなる」のは事実です。ここでは、各年代(年齢)別に「何回からNG転職回数としてとらえられるのか?」を見てみることにします。

「年代(年齢)」と「転職回数」、何回からがNG?

年齢 転職
NG回数
NG回数の理由や背景
20代 3回以上 20代は、「若い」というだけで高い評価を得られる年代です。実際に、若年層の柔軟性は採用側に好まれます。しかし20代で3回以上の転職を繰り返していると、「問題があるのかな?」と疑われることもあるので注意が必要です。
30代 4回以上 30代は、採用側からの人気が高い年代です。ある程度の経験や実績を積んでいる年代という点を評価されるからです。しかし転職回数が4回以上になってくると、採用側も気にするようになります。当てはまる場合は、転職回数についての質問の準備はしておきたいものです。
40代 5回以上 40代は、もう若年層とは見られない年代です。転職できる施設も限られてきます。一方、経験やスキルがある人材に対しては、高いニーズがある年代でもあります。一般的な転職NG回数は5回以上でしょう。それ以上してしまっている人は、採用側から質問されるので準備が必要です。
50代 6回以上 50代は、どんな職務・職責を全うしてきたの人なのか?が問われる年代です。良い経験を積んで入れば、50代であっても、施設、療養院で人材として強く求められます。転職NG回数の限度は、6回以上です。これ以上の転職回数」があると、理由を聞かれるはずです。多い転職回数に対しての回答はしっかり準備しておいてください。

看護師という仕事は、他の仕事に比べれば転職しやすいことは事実です。看護師不足が慢性化しているからです。また、女性の職場ということもあり、結婚、出産、子育てなどのライフイベントやライフプランなどに対しても、寛容です。

ただ、だからと言って、「転職回数が多いのが当たり前」という姿勢で臨めば、悪い印象を与えてしまいます。転職回数が多い場合、採用側は「理由」を求めます。

上記、年代別の「転職NG回数」を意識し「何歳で何回までが転職NG回数なのか?」「何歳までにどの位のキャリアを踏んでおくべきなのか?」を頭に留めながら、回答を用意してください。

2.転職回数が多いことのデメリット

転職回数の多さが生むデメリットは2つです。1つ目は転職時にデメリットになることで、2つ目は自分の成長にとってデメリットになることです。

デメリット その1. 転職活動が不利になる

書類ではじかれやすくなる

前述した通り、一般的には転職回数には、年代別に限度(許容度)があります。転職を繰り返して転職回数が多い場合、書類ではじかれてしまう可能性が高くなります。

特に好条件の求人の場合、多数の応募者を絞り込む最も簡単な方法が、書類段階での選別です。そのときに「転職回数の多さ」は1つの判断材料にされてしまう可能性があるのです。

面接で疑念を抱かれやすくなる

たとえ面接に進んだとしても、転職回数の多い看護師さんは、「忍耐力がないのでは?」「すぐに辞めてしまうのでは?」「経験に固執して、自分たちのやり方に合わせてくれないのではないか?」「人間関係を上手く築けないのではないか?」という疑念を採用側に抱かれながら、進行することになります。

看護師さんにどんな事情があれ、コロコロ辞めてしまうような当にならない看護師さんを雇いたいとは考えません。

デメリットその2. 専門的なスキルが身に付かない

専門スキルが身につかないのは、自分自身にとってもデメリットです。短期間で職場を離れて転職を繰り返していると、1つのスキルを深めて、スキルを軸にしたキャリア形成はしづらくなるからです。毎回違う施設や部署(病棟やオペ室、外来)などをまわっていると結果的にスキルとしては中途半端になってしまいます。

また、中途半端なスキルだと、人材としてのニーズが低くなることは言うまでもありません。

3.転職回数が多いことのメリット

「転職回数」が看護師にもたらすものは、決してマイナスのことばかりではありません。様々な職場での人間関係づくりの経験や、多様な臨床経験によって得た実地のスキルは、看護師をマルチプレーヤー「ジェネラリスト」に育てます。

病棟・外来・オペ室・内視鏡・透析室と幅広く経験している看護師であれば、転職回数が多くても「どこの部署に配属されても即戦力として対応可能です」とアピールすることもできるわけです。

メリット  スキル・経験・柔軟性

スキル

看護師としてのスキルは、長く看護師をすることで身に付けられるものです。最新機器の扱い方や、専門医療のスキルなどは、一度身につけることで次の職場でも用いることができます。

経験

現場での経験は、対応力につながっていきます。医療の場では、突発的なこと、イレギュラーなことが、日々起こります。適切に動く対応力が求められる現場では、様々な現場を経験したことが大きなアドバンテージになります。

柔軟性

多くの職場に身を置いていたことで身につくことの1つに柔軟性があります。チームワークある仕事さばきも、スムーズな人間関係も、この柔軟性がなければ、決して生まれることはないものです。

4.転職回数が多い求職者、希望病院ごとの心構えとは?

病院側は、転職回数の多い求職者をどう見ているのでしょう? 病院別にどんな傾向があるか? どうしてそう考えるのか? など、傾向はつかんでおきたいものです。

採用側の目線を知ることで、面接時にどのような対応をすべきなのかも見えてくるかもしれません。せめて、自分が受ける病院のことくらいは、掴んでおきたいものです。

急性期病院

急性期病院は、その性質上、急変や急患が多くなります。これに応じて「突発的な残業」や「先端的な医療を学ぶための勉強会」も多くなるため、時間に融通がきかせられて、頭も柔らかい人を採用したいと望むようです。となると、どうしても転職回数の少ない若年層の転職希望者が有利になるというのが現実のようです。

大学病院

大学病院には、付属の看護学校から数多くの新卒生が入職してきます。このため、大学病院の場合、新卒採用をされた看護師さんの方が、中途採用の看護師さんよりも、多くなります。

このため、転職を繰り返している看護師さんは、入職後、若い看護師さんと共に働かないといけません。そこにギャップを感じないような覚悟を決めておく必要はあります。

また「転職回数の多さ」という観点からは、そうした環境に馴染めるか? ということが聞かれる可能性もありますから、答えを準備しておいて下さい。

総合病院

総合病院も、大学病院に似ているところがあり、新卒生が多く入ってきます。ですから中途採用を狙って転職するのは当然、簡単なことではありません。転職回数の多い応募者は不利になりやすくなります。

それでも、アピールの仕方次第でチャンスもあります。「経験年数をお持ちの方であれば、それなりの転職回数は気にならない」とする病院面接官もいます。いづれにしても転職回数が多いと警戒はされているのでその点はよく認識しておくと良いでしょう。

クリニック

元々採用枠が少ないのがクリニックです。他の志望者で優秀な看護師がライバルだということを想定して、もし転職回数が多い場合には、「なぜ転職回数が多くてもやっていけるのか」に焦点を絞って質問に対する回答を準備して欲しいものです。

公立病院(市立・県立などの病院)

市立病院や県立病院など公立病院には、しっかりした制度が整えられています。年功序列による給与・階級、退職金制度・産休育休制度、など民間の病院より整備されるケースが多く見られます。つまり、労務環境が整っているということです。

離職率も民間病院と比較すると、低いのが実情です。こうした職場の特性から、早期離職をしてきた看護師に対しては、決してポジティブな見方ばかりをしてくれない環境だということは知っておきたいところです。

企業(産業保健師や治験、コールセンター)

看護師の業界は転職をして、いろいろな経験をするべきという考え方をする人もいます。しかし、民間企業の場合には、同じところで務め続けている人(特に大手)を評価する風潮が有ります。

企業なので、病院に比べると選考が厳しく経歴重視です。転職回数が多いと書類選考で不合格になりやすい傾向があります。この点は十分に認識した上で面接を受けたいところです。

まとめ

病院ごとに見てきましたが、まとめると、新卒をメインに採用している医療施設は必然的に、転職回数が多い求職者を嫌がる傾向があります。

転職回数が多い求職者の場合、自分のスキル、経験、やりたいことを明確にアピールする必要があります。逆に言えば、転職回数が多くても、転職回数の限度を常識としてわきまえながら、そうした点をアピールすることで、採用率があがるのではないでしょうか。

5.転職回数が多い求職者、どうやって転職活動するべき?

自分の良い面にスポットを当てる

転職回数の多い少ないには、デメリットばかりでなくメリットもあるということがわかりました。

では、「転職回数の多さ」を書類や面接でどう伝えたら良いのでしょうか? まず知っておきたいのは、下手に取り繕ったことを言う必要はないということです。

今一度、自分のキャリア、経験を振り返ってみて、その中で「プラスの側面=前向きの内容」にスポットを当てて面接官に伝えてください。転職回数が多かったことで、自分自身が何を得て、それらは新しい職場にどう役立てることができるのか? 、「自分の軸は何なのか」を伝えるのです。

「どこにスポットが当てられるのかわからない」という人は、この記事で紹介した「メリット」の部分で、自分自身が複数の職場を経験することで得たプラス面を見つけてみてください。

例としてあげるなら、次のようなアピールが考えられます。

  • タイプの違う患者さんに向き合ったことで、どんな患者さんにも対応できる柔軟性を持っている
  • 最新医療機器のある現場で働いていた経験を御院での〇〇の仕事に活かせると思っている

などです。

また、新しい分野への転職を目指す場合には、なぜ新しい分野で働きたいのか、その意欲を見せられると好印象です。

例えば、

  • 循環器科にチャレンジしてみたい
  • 新しいスキルを身につけたい
  • 新しい可能性で自分の力を試してみたい

もちろん転職回数が多いことが負い目になって、自信がなさそうに伏し目がちで話すなんてことはないようにして下さい。明るい印象は、とても大切です。

「自分の職場」を見つけよう

この記事でも紹介したように、どうしても「転職回数が多いことのデメリット」は存在します。やむを得ない事情や、ポジティブな理由での転職もあるのはもちろんですが、どんどん転職回数が増えていくのはなるべく避けたいものです。

転職したくないと思えるくらいに、「自分に合った職場」に巡り合えたらいいと思いませんか?上記でも紹介したように、今までの転職経験を活かして「自分の軸」を確立し、「自分に合った職場」はどんな職場なのかを明確にさせることが必要です。

そうして見つけた職場は、あなたにとって、これから先長く続けたいと思える大切な職場になるでしょう。 

第三者に相談する

それでも、「どうやって自分の軸を見つけたらいいかわからない」という人にお薦めしたいのは、第三者、できればプロに相談するということです。

前述のように、良い転職先に出会うには、「自分を知る」必要があります。

また、転職希望者の「転職回数」が多い場合、「転職回数」のことについては必ず聞かれると思っておいた方がよいでしょう。いい回答をするには、自問自答や自己分析をしなければなりません。自分自身に向き合うことは、自分の軸をクリアーにしてくれます。

しかし自己分析は第三者に手伝ってもらいながらやる方が上手くいくこともあるのです。転職サイトのコンサルタントは、看護師の希望やビジョン、不満、不安、条件などの他、スキルや仕事観を引き出すのが仕事です。

彼ら・彼女たちの中には「転職回数が多くて転職がうまくいかなかった看護師」を受けもった経験のある転職コンサルタントもいます。彼らに相談することで、転職回数の多さに、プラスの光を当てることができ、新しい視点で転職活動に臨めるようになる可能性はグッと高まります。

そしてその転職活動の結果、あなたにとって理想の職場に出会えるはずです。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

11月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが本格化!

11月は冬ボーナス後の転職を考えている方が本格的に求人探しを始める時期です。年内の退職を考えているなら早めの報告が必要になります。

ほぼすべての医療機関や企業が、来年4月の求人募集を始めます。条件が良い新着求人はどんどん決まっていく時期です。

条件がいい求人は看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧