看護師免許が与えられない事由(欠格事由)

看護師免許が与えられない事由(欠格事由)
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師免許が与えられない事由

せっかく看護師国家試験に合格できたとしても、保健師助産師看護師法に記載されている事由に該当してしまうと看護師免許が交付されないことになります。

看護師免許が交付されない事由としては、罰金刑以上の刑に処せられた者、看護師または准看護師の業務に関して犯罪または不正の行為(名義貸しなど)があった者、心身の障害により看護師の業務を適正に行うことができない者、麻薬、大麻またはあへんによる薬物中毒者などがあります。

看護師免許を取得できた後でこれらの事由に該当したり、看護師としての品位を損なったりした場合にはその内容に応じて戒告や3年以内の業務の停止、免許の取消(はく奪)などの処分が下されることになります。

看護師、絶対的欠格事由と相対的欠格事由

欠格事由には看護師資格が絶対に与えられない事由・絶対事由と、資格が与えられないこともある事由・相対的欠格事由の2種類があります。

ただ現在保健師助産師看護師法で規制されているのは相対的欠格事由だけで、2001年の同法の改定により絶対欠格事由は削除されましたので、絶対欠格事由で看護師免許がはく奪されることはなくなりました。精神疾患を患えば即看護師免許をはく奪されることはありませんが、症状によっては業務停止を求められることもありますし、重篤な症状なら免許取消となる場合もあります。

また、交通違反による罰金が欠格事由の条件に該当するかという質問がよくあるようですが、軽微な違反いわゆる青切符の場合は欠格事由に該当しないようですが、人身事故など重大な交通事故のように刑事罰が科せられる赤切符の場合は該当することもあるようです。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧