英文の看護師履歴書の書き方

英文の看護師履歴書の書き方
  • no image0
  • LINEで送る
看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

英語が好きな看護師におすすめの外資系企業

履歴書と言えば通常は日本語で書くものですが、最近では外資系企業の日本進出も増えており、医療機関ではなくそういった外資系企業で働きたいと考えている看護師であれば、英文の履歴書を提出しなければならない場合もあるようです。

英文履歴書の提出を求める外資系企業は、当然のことながら採用にあたって応募者の英語力も確認したいわけですから、英語を話すのも書くのも苦手という人にはもともとこのような外資系企業は向いていないかもしれません。

逆に英語が好きで、看護師としてのスキルと同時に英語力も伸ばしたいというのであれば、外資系企業に的を絞って転職サイトなどで検索を行うのもいいかもしれません。案件はそれほど多くはありませんが、病院勤務の看護師とはまた違った職務に挑戦することができます。

英文履歴書の書き方

英文履歴書は日本語の履歴書と違い、「氏名を書く欄」「学歴を書く欄」などが設けられている様式というものがありません。ですから、英文履歴書を初めて書くのであれば、まずは書き方をいろいろと検索し、どのようなものかをまず把握することが大切です。

英文履歴書は日本で言う履歴書と職務経歴書の2つを合わせたようなもので、「contact Information(氏名・住所・電話番号など)」「Objective(希望職種)」「Professional Summary(職歴・スキルのまとめ)」「Work Experience(アルバイト、インターンなども含んだ職歴)」「Education(学歴その他)」「Skills(技能)」から構成されています。

順番に関してはコンタクト先が最初に来る以外、特に決まりはありませんので、自分の強調したい項目を上の方に持っていくようにします。

オーストラリアで看護師

国内の外資系企業ではなく、海外で看護師として働きたいと思っている人も英文履歴書を書く必要が出てきますが、現在看護師の資格をまだ取得しておらず、将来的に看護師の資格を取り、英語も勉強して国際的に活躍したいというのであれば、STEP ONE COLLEGEなどもおすすめです。

同校ではオーストラリアにおいて一般英語コースを受講した後、現地の看護・介護トレーニングセンターで週1回のトレーニングおよび2週間のワークエクスペリエンスに参加します。最終課題を提出してコースを修了した後は通信プログラムを続ければ、オーストラリアの看護師資格を取ることも夢ではありません。

資格を取った後には、英文履歴書を提出すればオーストラリアで看護師として働くことも可能です。

おすすめの看護師転職サイトTOP5

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースではたらこ

10月は冬ボーナス後の転職や4月入職に向けた動きが活発化!

10月は年内の転職を考えている方が求人を探し始める時期です。「冬のボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい」と考えていると準備ができず年内の転職は難しくなってしまいます。

大学病院、総合病院、企業の中には、10月に非公開で来年4月の求人を募集するところも多く、募集期間もとても短くなっています。

新着の条件がいい求人が看護師の転職サイトで非公開求人として紹介されています。転職サイトによって扱う求人情報が異なりますし情報が入る時期も違います。

条件がいい求人を探している方は、複数の看護師転職サイトに登録して非公開求人情報が手に入りやすい状態にしておくといいですね。

  • no image0
  • LINEで送る

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の職場はどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧