看護師ももらえる再就職手当の手続き方法

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

再就職手当、その手続き方法

もし病院に勤務していた看護師の方が離職して、失業給付で失業手当の給付を受けていたけれど、しばらくして再就職できた場合再就職手当を受給できるかもしれません。

再就職手当とは、失業者の再就職を促進したり支援したりする就職促進給付の手当の一つで、この他に就業手当などもあります。再就職手当は基本手当(失業手当)の所定給付日数の3分の1以上の支給日を残して、安定した職業に就業でき、かつ支給要件をすべてクリアした場合に受け取ることができる給付金です。

もし、所定給付日数が3分の1に満たない場合はこの再就職手当を受け取ることができません。この手当は出来るだけ早く再就職できることを目的とした手当の一つです。

再就職手当、必要要件

再就職手当が支給されるための要件が所定給付日数の残日数の他にもいくつかあり全て満たす必要があります。

要件としては、1年以上勤務することが確実であることや待機日満了後の就職であること、離職前の雇用主への再就職でないこと、受給資格決定前から採用内定していた事業所でないこと、給付制限がある場合待機期間終了後1カ月間に関してはハローワークまたは許可・届け出のある職業紹介事業者の紹介により就職であること、3年以内の就職について再就職手当、常用就職支援手当の支給を受けていないことなどがあります。

雇用保険の加入者・被保険者の要件を満たす条件での雇用であることも要件の一つです。パートやアルバイトなどのように雇用期間が1年を超える保証がない場合は再就職手当や就業手当給付の対象外となる可能性もありますので、できるだけ1年以上勤務できる正社員での就職が望ましいです。

再就職手当、支給金額の計算方法

再就職手当の金額は所定給付日数および支給残日数によって支給金額が異なってきます。

再就職手当の支給額は、基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×支給率(50%または60%)で計算されます。支給率は支給残日数が3分の1以上で3分の2未満の場合が50%、支給残日が3分の2以上の場合には60%となります。例えば所定給付日数が150日の場合、残日数50日未満であれば支給対象外、50日~99日であれば支給率50%、100日以上であれば支給率60%で算出されることになります。

再就職手当を計算する際の基本手当日額には上限が設けられていて、離職時の年齢が60歳未満の場合5885円、離職時の年齢が60歳以上の場合4770円となります。但しこの金額は毎年8月1日に変更される場合もあります。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧