看護師が育児休暇を取る前に知っておくべきこと

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師の育児休暇

看護師として働く方で、育児休暇の取得をする方は多いようです。育児休暇については育児、介護休業法という法律によって定められています。出産後は子どもが1歳になるまで育児休暇を取得する権利があり、雇用者側でも育児休暇の取得を許可しなければなりません。さらに子どもが小学校に入学するまでは深夜勤務の制限がされるようです。

職場環境や育休後の職場復帰への不安などから、育休が取りにくいというケースも少なくないようです。出産を控えている場合、たいてい産前産後休暇を取った上で育児休暇も取得することになります。

産前は6週間、産後は8週間の産前産後休暇を取得することが可能ですが、職場環境によっては出産ギリギリまで働く方や産前休暇中も働く方がいるようです。また、産休は取るが育休は取らないという場合もあり、産休後すぐに職場復帰する方も多いようです。

育児休暇後の復帰

育児休暇後の復帰の際に育休前のように働くことができるかということや、スキルの低下、ポストを失うかもしれないなど様々な不安を抱えている方が多いようです。実際に育児休暇明けに職場復帰すると、これまでの部署には自分のポストがなくなっている場合や、他の部署へ配置替えになったというケースが少なくないようです。

たとえスムーズに復帰できても、子どもの体調が悪いといった理由で休みを取るなど職場の理解がなければ働きにくくなってしまうようです。育児休暇後の職場復帰は夜勤をなくしてもらう、きちんと話して理解してもらうなど職場の協力が不可欠と言えます。

職場復帰後にポストを失い、人間関係がうまくいかなくなり退職、転職せざるを得ないというケースも少なくないようです。復帰後に職場環境ががらりと変わり、ストレスで退職するケースもあるようです。

育児休暇中の給料

育児休暇に入る際に給料に関する不安は少なくないと思われます。育児休暇中には雇用保険から支給される育児休業給付金制度を利用することができます。給付額は休業前の給与の50%×育休月数となっています。給付期間は子どもが1歳になるまでとなっています。

育休中に就業先から給与の80%以上の支給がある場合や、雇用保険に加入していない場合などは育児休業給付金制度を受けることができないようです。さらに、育休後に同じ職場で働く見込みがなければ受け取れないようです。

職場によっては育休中の給料に関しては無給となるケースも少なくないようです。育児休暇中は病院を通して申請すると社会保険料が免除されるようです。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧