託児所がある看護師求人 院内保育のメリットデメリット

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

小さなお子さんがいる場合、病院内に24時間利用可能な託児所があると非常に便利です。しかし、全ての病院が託児所完備ということではないため、子育てしながら働くということが難しく、出産をきっかけに退職や転職する看護師が多いことも事実です。看護師と言う勤務時間が不規則な職業を持つ母親は、どのように対処することができるでしょうか。母も子も安心できる託児所について、具体的に見ていきましょう。

子どもを持つ看護師が選ぶことができる託児所

ナースという職業の特性上、時間が不規則になるのは仕方のないことです。一般の幼稚園や保育園のお迎えの時間に合わせられる日勤のみの職場なら問題はないのですが、夜勤や救急による突然の残業などが半日常化している場合も多いですので、そのような不規則な勤務形態に対応する託児所が望ましいです。

総合病院や大学付属病院などある程度規模の大きい医療機関では、病院内に託児所が付属されていることもあります。また、近隣の託児所と提携して、勤務形態に合わせて利用することができる場合もあります。託児に対する制度のない医療施設の場合には、看護師自ら24時間保育を実施している民間の託児所などを探す必要があります。利用できる託児所が近くにない場合には、ベビーシッターを雇ったりすることもあります。

日勤のみの看護師や准看護師であっても勤務時間を超えての看護業務があり、仕事を優先せざるを得ない場合も多く、延長保育ができる保育所を利用する場合もあります。別途料金が必要ですが、延長保育料は1回300円や30分300円など保育所によって異なっています。

延長保育の場合は、利用する施設や時間帯により、夕食を食べさせてくれるところや寝かしつけてくれるところもあります。

病院付属の託児所・院内保育所

医療機関により託児所の状況は様々で、0歳から3歳児までと決められている託児所もあれば、日中はほかの幼稚園や保育所に通う子どもたちも夜勤時に利用できる託児所もあります。利用可能な時間も日中のみの場合や、急性期医療の職員や夜勤に限って延長保育が可能な託児所など様々です。

24時間利用することができる院内保育所はそれぞれの看護師の勤務形態に合わせて利用可能です。中には、職員だけでなく、子どもを抱えながら看護を学ぶ学生のために院内保育所を設けた教育体制充実の大学病院もあります。

大抵の場合は病院で勤務する職員は皆、利用資格がありますが、定員に比べて利用希望者が多い場合には、非常勤の場合は利用できない場合もあります。院内保育所の費用は、民間の延長保育に比べて、割り引かれていることがほとんどです。

院内に託児施設を持っていない病院の中には、院外の託児所と提携しているところもありますし、民間の保育園の利用料金の一部を病院で負担してくれる場合もあります。

病院付属の託児所のメリットとデメリット

託児所付きの病院は、仕事をするママに取って大きなメリットです。職場が近いので子どもを預けに行く時間も節約でき、熱を出したり急なトラブルがあったりした時のお迎えもすぐに行くことができます。もちろん病院併設ですので、子どもの病気にもすぐに対応できることは心強いです。

デメリットとしては、保育スペースが比較的狭いことです。あくまでも託児所ですので、幼稚園や保育園のような環境は望めません。短時間の場合は特に気にならないかもしれませんが、長時間子どもが過ごすなら手狭な印象は否めません。また、パートの保育士が多いので、幼稚園や保育園と比較すると保育の質に問題を感じるかもしれません。

民間の託児所のメリットとデメリット

民間の託児所のメリットは、設備が整っており遊具も豊富で園児が多く、たくさんの刺激を受けることができる点です。またカリキュラムもしっかりしています

デメリットとして考えられることは、託児所がある場所です。通勤途中にある場合や、託児所の場所が勤務する病院と近いなら問題はありませんが、該当する託児所が地域になく、少し離れてしまうこともあります。そのような場合は、送り迎えや急なトラブルへの対応に問題を抱えるかもしれません。

夜勤などのある仕事を持つ親のために24時間利用可能な託児所や、夜遅くまでの延長保育を実施している保育施設もありますが、院内保育園に比べると費用がかさみます。利用する時間や預ける子どもが2人以上いる場合は、保育料を払うために働いているような状況になることもあります。

院内保育所ありの求人を探す方法

求人情報にも託児所付き看護師求人などと記載されていることがおおくなってきました。ママさんナースが働きやすい環境を提供するために、保育施設完備の一般病院も増えています。

院内保育所がある医療機関は子育てと仕事の両立もしやすく、寮付きの病院と並んで人気がある求人です。そのうえ、託児所の定員が限られているため、募集開始とともにすぐに募集が締め切られるということもあります。特に夜勤が多い病棟勤務を希望する場合は、夜間保育を行っている院内託児所や保育所が少ないため求人探しはとても難しくなります。

院内保育所や託児所がある求人を探す場合は、託児所の環境や利用資格、空き状況や費用などしっかりと調べておく必要があります。ほかにも病院の勤務時間、残業の有無などもあわせて探さなければなりません。

病院の状況を詳しく知っている看護師求人サイトのコンサルタントに相談して、自分の勤務形態やライフスタイルに合う求人を見つけることが大切です。

おすすめの看護師転職サイト

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 ナース人材バンク
5位 医療ワーカー

11月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧