看護師の転職の不安や悩みを解消!転職理由やメリット、職場別・科目別の転職先まとめ

看護師 転職

看護師として働く中で今の職場に対して不満に思ったり、悩んでいることありませんか?

「もっと自分の考えに沿った看護を提供したい」「もっと条件のいい職場で働きたい」

そんなあなたの願いが、転職によってかなえられるかもしれません。

今回は看護師の転職事情や、理想の職場に就職する方法をご紹介します。

看護師転職の驚きの現状…転職する割合はなんと〇〇%!

他の職場で働いてみたい。

でも、具体的に転職って何をしたらいいのかわからないし、いろいろと不安。

そう感じている看護師は多いと思います。

新卒として働くのとは違い、自分で退職を決意し、行動に移していくことはかなりの労力と勇気が必要です。

転職に不安を感じるのは、当然のことなのです。

転職する看護師はどれくらい?

日本看護協会の調査によると、2011年度から2014年度までの離職率は、10.9%、11.0%、11.0%、10.8%とほぼ横ばいで推移しています。看護師の離職率が10.9%というと、およそ10人に1人は離職している計算になります。

この高い離職率は、同時に高い転職率にもつながっているとされており、多くの看護師が転職しているのです。

看護師は売り手市場とされており、他職種に比べ高い求人倍率を誇っています。

そのため、看護師という職業だからこそ、転職がしやすい、ということがいえます。

せっかく看護師という資格を持っているのですから、転職できるというメリットをフルに活かしたほうがいい、というわけなんです。

転職する看護師の悩みや不安

どうして看護師は転職している方が多いのでしょうか?

転職の理由は人それぞれですが、転職によって得られる大きなメリットとして、「看護師としてより成長できる」ということがあげられます。

「苦手な採血がスムーズにできるようになった!」

「心に余裕ができて、患者さんとコミュニケーションを取れるようになった!」

など、自身の成長を感じるポイントは人それぞれでしょう。

看護師として成長したい!と思った時に「転職する」という選択肢を選ぶ看護師さんは多くいます。

看護師として基本的なことはどこの職場でも同じです。しかし、病院によってルーチン化されていることが、他の病院ではされていないなど、それぞれの職場によって、看護には違いがあります。

一つの病院で経験を積むということも一つの手段ですが、勤務先を変えさまざまな職場の看護を経験することで、看護師としてよりたくさんの経験を積むことができる、というのは転職をする上で大きなメリットです。

他にも、「お給料を今よりも上げたい」「もっと楽な職場に行きたい」という理由もあります。

勇気を持って転職に一歩踏み出してみること…

転職の理由は人によってそれぞれです。

「こんな理由で転職してもいいのかな?」と思ってしまう方がいるかもしれませんが、自分が悩んでいたり、不安に思っていることの解決方法として、転職があるのならば、それは立派な転職理由です。

そして、どんな理由があっても転職しやすいのが、看護師という職業なのです。

転職経験が2回以上あるけど…転職に不利にならない?

転職回数が多いと、転職に不利と聞いたことがある方は多いと思います。

確かに数か月か一年ほどで転職を繰り返していると、転職先に「この人はここに就職してもすぐに辞めてしまうのではないか」と考えられてしまう可能性はあります。

しかし、自分の中できちんとした理由がある場合は、理由を相手に説明した上で、「ここでは長く働きたいです」というアピールをすれば、そこまでのマイナスポイントにはなりません。

「転職回数が多いから」という理由だけで転職を断念することはないと考えられます。

転職の悩みを解消!~勤務形態別で探すメリットとは?~

転職先を探すにおいて、まず検討すべきなのが勤務形態です。

ある程度プライベートよりも仕事を優先することができ、給与や年金、保険についても重視するのであれば常勤を選択する方がほとんどでしょう。

常勤以外がおすすめなのはこんな人

子育てや介護など、プライベートをある程度優先し、シフト制ではなく働く日にちや時間帯を指定したい場合には、非常勤やパートという働き方もあります。

この場合、年金や保険については一定の基準を満たさなければ自己負担となってしまいますが、スケジュールの融通が常勤よりもききやすくなります。

また、主婦の方の場合には配偶者控除の範囲内で働く、ということも可能になります。

他にも、派遣会社に登録し、派遣看護師として単発や短期、長期派遣として働くという方法や、夜勤専従や日勤専従など、自分が働きたい勤務時間を指定して働く、という方法もあります。

転職するにあたっては、自分の条件に合わせて、勤務形態から検討するとよいでしょう。

転職の悩みを解消!~あなたにおすすめの施設は?~

看護師の仕事は、医療機関以外にもどんどん広がっています。

クリニック

一般病院などとは違い基本的にカレンダー通りの休みとなっていることが多いため、子どもがいる方には特に人気があります。

一方で、クリニックでは看護師の人数が少ないため、子どもの急な体調不良などで休みにくいというデメリットもあります。

クリニックのやりがいは病気の早期発見の手助けができることがあげられます。地域医療として重要なクリニックで働くことは大学病院などの大きな病院では違うやりがいを感じられるでしょう。

介護施設や老人ホーム

日勤のみを選択できるところも多くあります。また、医療介入も医療機関に比べると少ないため、ブランク明けの方にも人気があります。

お給料も高めに設定されているところが多いですが、医療資格を持っている職員は少ないため、急変時などは一人で対応しなくてはいけないという場面もあります。

病院

さまざまな勤務形態で募集しているところが多いため、自分の希望にあった勤務形態で働きやすくなっています。

一方で、ブランクがある方や働ける時間が限られている方にとっては、フォロー体制が整っている病院を選ばないと、

  • 不安なまま看護業務に復帰しなくてはならない
  • 時間内に仕事を終えられない

など、後悔しやすいという欠点があります。

転職の悩みを解消!~科目ごとの特徴とは?~

看護師として勤務形態、勤務地、施設と同等に悩んでしまうのが「診療科」です。

今回は特徴的な診療科について、解説していきましょう。

整形外科

ほかの診療科と比べると、患者の年齢層が幅広いのが「整形外科」です。

重篤な患者の割合は低く、患者の入れ替わりが激しいという特徴があります。

多くの方が運動器の疾患によって入院されているために、身体介助が多く、体力がいるとともに、腰を痛めやすい診療科ともされています。

整形外科はこんな人におすすめ
  • 体力には自信がある
  • 患者さんがどんどん良くなっていく過程を見守りたい

【整形外科】
働く看護師の業務内容と転職成功のコツ

整形外科看護師の残業の実態!必要なスキル・働くメリット・デメリットや適性まで徹底調査

精神科

患者さんの言動や行動に流されず、患っている疾患から冷静にアセスメントし、寛解へ導き、援助していくのが精神科です。

経過が長い患者さんも多く、看護師として患者さん一人ひとりと向き合う時間が長くなります。

精神科は患者の心に寄り添う看護を行うため、スタッフ間の関係も良好なのが特徴です。

また、閉鎖病棟や開放病棟の病棟の違いでも業務の特徴が変わります。

精神科はこんな人におすすめ
  • 患者さん一人ひとりとじっくり向き合いたい方
  • 患者さんの感情に流されず、常に冷静に看護師として患者さんと向き合える方

精神科看護師は大変?
スキル、メリットデメリットを徹底調査

精神科病院の看護師求人
精神科勤務の経験がなくても可

精神科 看護師求人はしっかり比較!

精神科で働く看護師が抱える悩みとは?
やりがいはあるの?

【精神科】
看護師の求人と仕事内容

小児科

おもに0歳から15歳までの患児を対象にしているのが小児科です。

他の診療科と比べ、小児全般を取り扱うため、さまざまな分野の疾患に対する知識が要求されます。また、小児医療センターなど専門病院では特殊な症例に携わることもできスキルアップもできます。

そして、患児だけではなく、患児を支える家族に対するフォローも小児科の看護師として必要となります。

小児科はこんな人におすすめ
  • 子供が好きな方
  • 忙しい中でも常に患児や家族の状態を観察し、フォローできる視野の広い方

小児科看護師のオススメ求人
転職を成功させるカギ

小児科で働く看護師の仕事内容

小児科の看護師の給与の実態と手当

緩和ケア

疾患による苦痛を緩和し、患者さんのQOLを上げるのが緩和ケアです。

終末期を迎える患者さんやそのご家族に対する看護を提供したり、疾患による苦痛が強い場合は、体位の調整を行うなど苦痛を軽減させ、QOLを向上させます。

小緩和ケアはこんな人におすすめ
  • 患者さんとそのご家族が安楽に過ごせるよう、言動や行動について細かく気を配れる方
  • 自分の考えではなく常に相手の立場にたって物事を考えることができる方

緩和ケアの看護師求人の見分けるポイント

緩和ケアの看護師
働くメリットとデメリット

【緩和ケア】
看護師の役割と仕事内容

救急外来

緊急で搬送される患者さんに対応する救急外来。

疾患名が確定されていないことも多いため、看護師としてのより幅広い知識と技術が要求されます。スキルアップしたい看護師にはおすすめの職場です。

救急外来では、さまざまな疾患の急性期に触れることができます。

救急外来はこんな人におすすめ
  • 看護師としてより成長したい方
  • 疾患を勉強したい方
  • たくさんの患者さんと接していきたい方

救急外来(ER)看護師の求人情報の選び方
転職で失敗しない方法

産婦人科

幅広い世代の女性を対象に、妊娠から産褥期までの方や、婦人科疾患を持っている方、新生児の看護をおこなうのが産婦人科です。

産科の場合は他の診療科と違い、「異常を早期に発見し、対応していく」ことが必要となります。

婦人科の場合は婦人科疾患を患っている患者さんに寄り添い、ケアしていきます。

産科はおもに助産師が働き、看護師は補助的な役割を果たしているケースが多いようです。そのため、看護師として働くには婦人科がメインとなるでしょう。

産婦人科は特に女性としての気遣いが重要となります。そのため、患者さん一人ひとりのニーズを感じ取り、それぞれに適した看護を提供できる方が、向いているといえます。

産婦人科はこんな人におすすめ
  • 看護師としてより成長したい方
  • 疾患を勉強したい方
  • たくさんの患者さんと接していきたい方

産婦人科看護師への転職と業務内容

産婦人科看護師はどんな仕事をするの?他科との違い、助産師との違いは?

応援ナース

応援ナースとは、離島や首都圏など、極度の人手不足となっている医療機関に期限つきで派遣され、働きます。

応援ナースでは住居や光熱費なども支給され、お給料も高めに設定されているので、「短期間でがっつり稼ぎたい!」という方にはとても向いているお仕事です。

一方で人手不足となっている医療機関に派遣されるため、ある程度の看護知識や技術がないと応援ナースとして働くことができません。

【短期・高給与・寮あり】
気になる応援ナースの働き方とは?

【おすすめ!】
離島・僻地の看護師の求人と仕事

第二新卒の看護師が失敗しない転職のコツを教えて!

第二新卒とは、看護学校卒業後3年以内の方をさします。

一人前の看護師になるには、最低でも3年は必要と言われています。

3年を待たずに転職を考えている看護師は、はたしてそれが良いことなのか、悩むところでしょう。

しかし、職場に対して不満や不安が多い状態で働き続けるよりも、いっそのこと新しい環境で一からやり直す、というのも手です。

第二新卒で転職する場合、多くの方が自分の看護知識や技術について不安に思っています。

そのため「第二新卒歓迎」とうたっているところや教育体制が充実している職場を選ぶと、より自分の希望に合った転職ができるでしょう。

第二新卒の看護師の復職のポイント

【看護師の第二新卒】
新人看護師が短期間で退職する理由とは?

ブランク看護師も歓迎してくれる転職先はあるの?

結婚や出産を機に看護師を退職している方の場合、復帰にあたって心配なのは「ふたたび看護師として働くことができるか」という点です。

そこでおすすめなのが、教育制度がしっかりしているなど看護師の復帰をサポートしてくれる職場を探す、ということです。

近年、全国のナースバンクではブランク看護師の復帰を応援しており、事前に採血や点滴など、基礎的な看護技術を無料で教えてくれるイベントも多く開催されています。

そうしたイベントを上手に利用して少しずつブランクを克服するとともに、ブランク看護師に対して研修体制がしっかりされている職場を選ぶとよいでしょう。

特に地域の総合病院では、こういったブランク看護師に対するイベントを積極的に行っているため、調べてみるとよいでしょう

また、教育体制が充実している病院を選ぶことでブランクがあっても安心して復職できます。

ブランクありでも復職!
ブランク看護師の求人選びのポイント

ママナースにおすすめの転職先の探し方って?

ママナースにとって最大の悩みは「子育てと仕事を両立できるかどうか」という点ですよね。

最近では24時間の院内保育園や託児所を完備している病院が増えてきており、職員は優先的に入園できるため、認可保育園への待機児童について考えることなく、スムーズに仕事復帰することができます。

特に病児保育も併設しているなど保育施設が整っている職場は、よりママナースにとって働きやすい環境となります。

また、子どものイベントや急病などで休みが欲しい、ある程度大きくなるまで夜勤ができないというような理由がある場合には、あえて常勤ではなく非常勤を選ぶ、という方法もあります。

シングルマザー看護師
仕事と子育てを両立させるヒント

子育て中におすすめの看護師転職サイトはココ!

看護師の働き方と年収
パート・アルバイトで働くメリット・デメリット

男性看護師も活躍できる転職先はどこ?

圧倒的に女性の割合が高い看護師業界。

そのため、男性だというだけで不当な扱いを受ける、ということも少なくないようです。

転職にあたり、特に注目したいのが「男性看護師がどれくらい働いているか」という点です。

男性看護師の悩みは、同じ男性看護師に相談することが一番なのです。

そのため、男性看護師が多く働いているところを転職の条件とすることで、男性同士のつながりもうまれ、活躍しやすくなります。

また、精神科単科の病院では男性の比率が高くなっているため、診療科をしぼって転職するというのも一つの方法です。

女性社会に負けない!
男性看護師が活躍できる職場は?

男性看護師には悩みがいっぱい!男ならではの悩みにお応えします!

どうしたら失敗しない転職ができるの?

誰だって転職には失敗したくないですよね。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」「もっとこうしておけばよかった」と思わないように、事前にしっかりと情報を集め、悔いの残らない転職活動をすることが大切です。

そのためには、まずは無料で利用できる転職サイトを活用しましょう。

看護師専門の転職サイトは、看護師に特化しているだけあって求人数も多いです。また、その多くはハローワークでは見ることが出来ない非公開求人であることが多いです。

せっかく転職するのならば、「福利厚生が充実している」「通勤が楽」など現在の勤務先の病院よりもいい条件の勤務先を選びたいものです。

コンサルタントに相談すればあなたの希望に沿ったオススメの求人情報をすぐにピックアップしてくれます。

一人きりで転職活動を進めるよりも、はるかに転職成功率がアップするのです。

転職は自分の未来を決める重要な決断です。後悔しない転職のためにも、まずは一歩を踏み出してみましょう。


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

人手不足の4月・5月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

新しい職員が入職する4月は、求職者にとって絶好のチャンス!職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

掲載サイト一覧