絶対失敗したくない!転職に悩む看護師がよりよい職場に就く方法

看護師 転職

看護師として働く中で今の職場に対して不満に思ったり、悩んでいることありませんか?

「もっと自分の考えに沿った看護を提供したい」「もっと条件のいい職場で働きたい」

そんなあなたの願いが、転職によってかなえられるかもしれません。

今回は看護師の転職事情や、理想の職場に就職する方法をご紹介します。

看護師転職の驚きの現状…転職する割合はなんと〇〇%!

「ほかの職場で働いてみたい!でも、転職って何をしたらいいの?」と、転職に不安を感じている看護師は数多くいます。

退職を決め、転職という行動を起こすまでにはかなりの勇気と労力が必要です。ましてや初めての転職であればなおさらです。

看護師の転職方法を考えるにあたり、まずは離職率や転職事情を見ていきましょう。転職に悩む看護師はあなただけではないことがわかるはずですよ。

転職する看護師はどれくらい?

日本看護協会の調査によると、2011年度から2015年度までの離職率は、10.9%、11.0%、11.0%、10.8%とほぼ横ばいで推移しています。看護師の離職率が10.9%というと、およそ10人に1人は離職している計算になります。

この高い離職率は、同時に高い転職率にもつながっています。看護師は売り手市場とされており、他職種に比べ高い求人倍率を誇っています。常に人が入れ替わっているからこそ、看護師は転職しやすいのです。

せっかく看護師という国家資格を持っているのですから、転職しやすいというメリットをフルに活かし、前向きに「転職」について考えてみましょう。

転職する看護師の悩みや不安

なぜ看護師の離職率はここまで高いのでしょうか?

看護師の離職率が高い理由は、「勤務時間が不規則」「心身ともに負担が大きい」といったことがよくあげられます。ほかにも、勤務先における人間関係の悩み、仕事内容に関するストレスを始め、自身の健康問題も退職理由になりうるでしょう。

また、結婚や妊娠・出産、引越といったやむを得ぬ家庭の事情もあるかもしれません。

多くの看護師は転職することでより成長したり、イキイキと働けるようになります。

「人間関係がいい職場に転職したことで、ストレスが一気に減った」

「心に余裕がうまれ、患者さんとコミュニケーションを取れるようになった」

「苦手な採血がスムーズにできるようになった」

など、嬉しい変化がたくさんあるようです。

看護師としての成長はもちろん、給料アップや、自分に合うペースでストレスなく働けるようになる点も転職のメリットです。

転職しやすい看護師は、一歩を踏み出すことが大切!

転職理由は人によってさまざまです。なかには「こんな理由で転職していいのかな?」と悩み、なかなか前に踏み出せない方もいるでしょう。

しかし、転職することで今後の人生が良い方向に変わるとしたらどうでしょう?まずは一歩を踏み出すことで、今抱いている悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。

「看護師は転職しやすい」ということを念頭に、まずは看護師専門の転職サイトなどで求人情報を眺めることから始めてみてはいかがでしょうか。

転職経験が2回以上あるけど…転職に不利にならない?

「転職回数が多いと転職に不利になる」という話を聞いたことはありませんか?

結論から言うと「転職回数が多いから」という理由だけで、転職に不利になることはほとんどありません。

たしかに数ヶ月~1年単位で転職を繰り返していると、転職先から「ウチに就職してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われる可能性はあります。

しかし自分のなかできちんとした理由がある場合は、理由を説明したうえで「ここでは長く働きたい」とアピールすれば、そこまでのマイナスにはなりません。

家庭の事情など、転職に至るまでの経緯を説明することが大切です。

転職の悩みを解消!~勤務形態別で探すメリットとは?~

いざ転職先を探すとなると、いろいろな探し方があります。まず大きな指標となるのは、勤務形態です。

「プライベートよりも仕事を優先したい」「給与や年金、社会保険も大事」という方は、常勤を選ぶことがほとんどでしょう。職場によっては子育て支援として、時短勤務制度を推奨しているところもあります。

とはいえ家庭との両立に悩む方や、子どもを持つ方は常勤勤務はなかなか難しいのが現実です。

そのような方は、勤務形態別に仕事を探してみましょう。子育て中の方であれば、パート勤務などの非常勤、より給与を増やしたい方には夜勤専従といった働き方もあります。

勤務形態別に仕事を探すことで、より自分のライフスタイルに合う職場が見つかります。

常勤以外がおすすめなのはこんな人

子育てや家事、介護などを優先し、シフト制ではなく働く日時をあらかじめ決めたい場合は、非常勤やパートという働き方がオススメです。

年金や保険については一定の基準を満たさなければ自己負担となりますが、常勤よりもスケジュールの融通が利きやすいというメリットがあります。

ほかにも派遣会社に登録し、派遣看護師として単発・短期・長期派遣として働く方法もあります。また、勤務時間を指定できる夜勤専従や日勤専従といった働き方もあります。

自分の都合に合わせ、いろいろな勤務形態を検討してみましょう。

転職の悩みを解消!~あなたにおすすめの施設は?~

看護師の仕事は、医療機関の枠を越えてどんどん広がっています。ここからは転職を考える看護師にオススメしたい職場を、施設形態別にご紹介します。

クリニック

一般病院などとは異なり、クリニックは基本的にはカレンダー通りの休めることが多いのが特徴です。そのため子どもがいる看護師には人気の職場です。

一方で看護師の人数が少ないため、子どもの急な体調不良などで休みを取りづらいというデメリットもあります。

仕事のやりがいとしては、病気の早期発見の手助けができることがあげられます。地域医療として重要な役割を担うクリニックで働くことは、大学病院などの大規模病院とは違うやりがいを得られるでしょう。

介護施設や老人ホーム

介護施設や老人ホームは、日勤のみを選択できるところも多くあります。また、医療機関に比べると医療介入も少ないため、ブランク明けの方にも人気です。給与も高めに設定されているところが多いです。

一方で、医療資格を持つ職員が少ないため、急変時などは一人で対応しなくてはならないという場面もあります。

介護施設や老人ホームは目的やサービス内容によって種類が分かれています。詳しくは「介護施設における看護師の役割」

転職の悩みを解消!~科目ごとの特徴とは?~

勤務形態、勤務地、施設形態などと同様に悩ましいのが診療科です。今回は転職を考えるうえで知っておきたい、特徴のある診療科について解説していきます。

整形外科

ほかの診療科と比べると、患者の年齢層が幅広いのが整形外科です。 重篤な患者の割合は低く、患者の入れ替わりが激しいという特徴があります。

多くの患者は運動器の疾患によって入院しているため、身体介助が多く、看護師も体力が必要です。そのため、腰を痛めやすい診療科とも言われています。

整形外科はこんな人におすすめ
  • 体力には自信がある
  • 患者が回復していく過程を見守りたい

【整形外科】
働く看護師の業務内容と転職成功のコツ

整形外科看護師の残業の実態!必要なスキル・働くメリット・デメリットや適性まで徹底調査

精神科

患者さんの言動や行動に流されず、患っている疾患から冷静にアセスメントし、寛解へ導き、援助していくのが精神科です。

経過が長い患者も多く、看護師として患者一人ひとりと向き合う時間が長くなります。 精神科は患者の心に寄り添う看護が求められるため、スタッフ間の関係も良好なのが特徴です。

閉鎖病棟や開放病棟といった病棟の違いでも、業務内容は変わります。

精神科はこんな人におすすめ
  • 患者さん一人ひとりとじっくり向き合いたい方
  • 患者さんの感情に流されず、常に冷静に看護師として患者さんと向き合える方

精神科看護師は大変?
スキル、メリットデメリットを徹底調査

精神科病院の看護師求人
精神科勤務の経験がなくても可

精神科 看護師求人はしっかり比較!

精神科で働く看護師が抱える悩みとは?
やりがいはあるの?

【精神科】
看護師の求人と仕事内容

小児科

おもに0歳から15歳までの患児を対象にしているのが小児科です。

他の診療科と比べ、小児全般を取り扱うため、さまざまな分野の疾患に対する知識が要求されます。また、小児医療センターなど専門病院では特殊な症例に携わることもできスキルアップもできます。

そして、患児だけではなく、患児を支える家族に対するフォローも求められる診療科です。

小児科はこんな人におすすめ
  • 子供が好きな方
  • 忙しい中でも常に患児や家族の状態を観察し、フォローできる視野の広い方

小児科看護師のオススメ求人
転職を成功させるカギ

小児科で働く看護師の仕事内容

小児科の看護師の給与の実態と手当

緩和ケア

疾患による苦痛を緩和し、患者のQOLを上げるのが緩和ケアです。

終末期を迎える患者さんやそのご家族に対する看護を提供したり、疾患による苦痛が強い場合は、体位の調整を行うなど苦痛を軽減させ、QOLを向上させます。

緩和ケアはこんな人におすすめ
  • 患者さんとそのご家族が安楽に過ごせるよう、言動や行動について細かく気を配れる方
  • 自分の考えではなく常に相手の立場にたって物事を考えることができる方

緩和ケアの看護師求人の見分けるポイント

緩和ケアの看護師
働くメリットとデメリット

【緩和ケア】
看護師の役割と仕事内容

救急外来

緊急で搬送される患者さんに対応する救急外来。

疾患名が確定されていないことも多いため、看護師としてのより幅広い知識と技術が要求されます。スキルアップしたい看護師にはオススメの職場です。

救急外来では、さまざまな疾患の急性期に触れることができます。

救急外来はこんな人におすすめ
  • 看護師としてより成長したい方
  • 疾患を勉強したい方
  • たくさんの患者さんと接していきたい方

救急外来(ER)看護師の求人情報の選び方
転職で失敗しない方法

産婦人科

妊娠から産褥期の方や、婦人科疾患を持つ方、新生児の看護をおこなうのが産婦人科です。幅広い世代の方が対象であるのが特徴です。

産科はほかの診療科と違い、異常を早期に発見し対応することが必要です。 婦人科は、婦人科疾患を患っている患者に寄り添いケアをしていきます。

産科はおもに助産師が働き、看護師は補助的な役割を果たしているケースが多いようです。そのため看護師として働く職場は、婦人科がメインとも言えるでしょう。

産婦人科は女性としての気づかいが特に求められます。患者一人ひとりのニーズを感じ取り、それぞれに適した看護を提供できる方が向いています。

産婦人科はこんな人におすすめ
  • 看護師としてより成長したい方
  • 疾患を勉強したい方
  • たくさんの患者さんと接していきたい方

産婦人科看護師への転職と業務内容

産婦人科看護師はどんな仕事をするの?他科との違い、助産師との違いは?

応援ナース

看護師が活躍できる職場はほかにもあります。

「応援ナース」とは、離島や首都圏などの極度に人手不足の医療機関に期限つきで派遣され働く看護師のことです。医療機関によってはオペ室(手術室)に配属されることもあります。

住居や光熱費なども支給され、給与も高めに設定されているので「短期間でがっつり給与を増やしたい!」という方には向いています。

ただし、ある程度の経験者で、看護知識や技術がないと働くことはできません。 詳しくは「応援ナースの求人や給料について」をご覧ください。

「保育園ナース」とは、基本的に医療行為をおこなわず、園児のケガの応急処置などをおこなう仕事です。保育園によってはクラスを担当することもあるなど、日常保育にも携わることができます。

給与は保育士の給与基準に合わせられることが多いようですが、保育士よりは高い傾向にあります。詳しくは「保育園看護師の転職について」をご覧ください。

【短期・高給与・寮あり】
気になる応援ナースの働き方とは?

【おすすめ!】
離島・僻地の看護師の求人と仕事

第二新卒の看護師が失敗しない転職のコツを教えて!

一人前の看護師になるには、最低でも3年は必要と言われています。 看護学校卒業後3年以内の方、つまり第二新卒で転職を考えている方は、今の時点で転職してよいものか深く悩むことでしょう。

しかし職場に対して不満や不安を抱いたまま働き続けるのは、自分にとっても周囲にとっても好ましいものではありません。不安定な精神状態では、あなたが理想とする看護が提供できないかもしれません。その点、思い切って新しい環境でやり直すのは、決して間違った選択ではないのです。

第二新卒で転職する多くの方は、自分の看護知識や技術に不安を抱いています。そのため「第二新卒歓迎」とうたっている職場や、研修制度や教育体制が整っている職場を選ぶことをオススメします。

自分に合う環境を選ぶことで、看護師として今以上に輝けるはずです。

第二新卒の看護師の復職のポイント

【看護師の第二新卒】
新人看護師が短期間で退職する理由とは?

ブランク看護師も歓迎してくれる転職先はあるの?

結婚や出産を機に看護師を退職した方の場合、復帰にあたって心配なのは「ふたたび看護師として働けるだろうか」という点でしょう。

そこでオススメしたいのは、ブランク看護師向けのイベントを活用しながら、復帰をサポートしてくれる職場を探すことです。

近年、全国の「ナースバンク」ではブランク看護師の復帰を応援しており、事前に採血や点滴など、基礎的な看護技術を無料で教えてくれるイベントを多く開催しています。また、地域の総合病院でもブランク看護師向けのイベントが開催されているので、一度調べてみるとよいでしょう。

このようなイベントを上手に利用して、少しずつブランクを克服しましょう。 転職に際してはブランク看護師向けの教育・研修体制が充実している職場を選ぶとよいでしょう。

ブランクありでも復職!
ブランク看護師の求人選びのポイント

ママナースにおすすめの転職先の探し方って?

ママナースの最大の悩みは「子育てと仕事を両立できるか」という点ですよね。

その点、最近はママナースを支援する職場が増えています。なかには院内保育園や院内託児所、院内保育室などを完備している病院もあります。職員は優先的に入園できるため、認可保育園への待機児童について悩むことなく、スムーズに復帰することができます。 特に病児保育も併設しているなど保育施設が整っている職場は、よりママが働きやすい環境でしょう。

子どものイベントや急病などで休みが欲しい、ある程度大きくなるまで夜勤ができないといった理由がある場合には、あえて常勤ではなく非常勤を選ぶのも手です。

転職活動の際には、なるべく負担なく子育てと仕事を両立できそうな職場や働き方を選びましょう。

シングルマザー看護師
仕事と子育てを両立させるヒント

子育て中におすすめの看護師転職サイトはココ!

看護師の働き方と年収
パート・アルバイトで働くメリット・デメリット

男性看護師も活躍できる転職先はどこ?

女性の割合が圧倒的に高い看護師業界。そのため、男性というだけで不当な扱いを受けることもあるようです。

男性看護師が転職にあたり特に注目したいのが「職場における男性看護師の人数」です。

男性看護師の悩みは、男性の上司や先輩、同僚に相談することが一番です。先輩が多く働いていると職場を選ぶことで、男性同士のつながりもうまれ、働きやすくなります。

精神科単科の病院は男性比率が高いため、あえて診療科をしぼって転職活動をおこなうのも一つの方法です。

女性社会に負けない!
男性看護師が活躍できる職場は?

男性看護師には悩みがいっぱい!男ならではの悩みにお応えします!

どうしたら失敗しない転職ができるの?

誰だって転職は失敗したくないですよね。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」「もっとこうしておけばよかった」と後悔しないように、事前に情報を集めることがポイントです。転職活動において情報収集不足は命取りです。

転職に関する情報を収集するためには、まずは無料で利用できる転職サイトに登録しましょう。看護師専門の転職サイトは、看護師に特化しているだけあって求人数も多いのが特徴。

また、その多くはハローワークにはない非公開求人であることが多いです。ほかにも転職サイトのサービスを利用するメリットには、このようなものがあります。

  • 看護師専門の転職サイトを利用するメリット
  • 専属コンサルタントがあなたに合うオススメ求人を複数ピックアップしてくれる
  • 給与や手当のこと(残業手当・住宅手当など)、福利厚生のギモンにも答えてくれる。給与交渉も引き受けてくれる
  • 自己分析や履歴書の書き方、面接時の志望動機の答え方についてアドバイスをくれる
  • 職場内の人間関係の実態を教えてくれるので、入職後のミスマッチを防げる
  • 転職サイトを利用すれば、転職成功率が大幅にアップします。時期によって掲載される求人情報は異なるため、一日でも早く、まずは登録してみることをオススメします。

    看護師の転職支援サイトのなかでも、関東・関西・東海に強い『看護roo!』は利用者満足度が高く、対応している地域は限られますがその分徹底したサポートが受けられます。

    『看護のお仕事』は、全国対応でコンサルタントが待遇の条件交渉を行うなど悩みや不安に丁寧な対応が評判で、『マイナビ看護師』はエリア内のコンサルタント自らが各病院に出向きヒアリングを行っているので人間関係や病院事情に詳しい転職サイトです。

    転職は自分の未来を決める大きな決断です。後悔しない転職のためにも、まずは一歩を踏み出してみましょう。

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 医療ワーカー

    8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

    条件が良い人気求人は、限られています。

    「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

    スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

    さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

    人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

    掲載サイト一覧