「網走市の循環器内科」看護師求人一覧



「網走市の循環器内科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「網走市の循環器内科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 こが病院の求人情報・採用情報

平成14年3月に緊急告示指定を受けて開業したこが病院は、当初内科と外科、整形外科、リハビリテーション科の4つの診療科目でスタートしました。平成17年7月には循環器科と消化器科を加え、平成21年12月には人工透析室を開設し現在に至っています。...

正式病院名医療法人社団 朗愛会 こが病院
 施設形態北海道のケアミックス
 診療科目 リハビリテーション科|内科|外科|循環器内科|整形外科|消化器内科|麻酔科|
 住所 北海道網走市字潮見153-1

詳しく見る

網走市ってどんなまち?

網走市はオホーツク総合振興局管内東部にある市。北見市からは東に約50kmの位置にあります。オホーツク海に面していて、市街地は網走川河口付近と、その南に続く海岸段丘上の平地に広がっています。また市の北西部に能取湖、中部に網走湖、東部に濤沸湖があります。網走市は、冬には流氷が見られまちとして知られていて、その流氷を見るために多くの観光客が訪れていることから観光砕氷船なども運航されています。3月下旬から5月初めの流氷が去る時期の、気温が急激に上昇する時には、流氷の上位蜃気楼である「幻氷」を見ることができます。また、網走市は日本最北端の刑務所である「網走刑務所」があるまちとしても有名です。この網走刑務所は、犯罪傾向の進んだ者(再犯者・暴力団構成員)であって、執行刑期10年以下の受刑者の短期処遇を目的とする刑事施設で、かつては日本で一番脱獄が困難な刑務所だと言われていたことや、施設の劣悪さと凶悪犯が多いというイメージから、ヤクザを扱った映画、TVドラマ、漫画作品などに多く登場する日本の刑務所の代表的存在です。明治時代から網走刑務所で実際に使用されていた建物は、天都山に移築・修復され「博物館網走監獄」として保存公開されています。中でも1896年築の獄舎「五翼放射状平屋舎房」は、刑務所の施設としては現存日本最古かつ同形式の木造建築としては世界最古であるとともに、 移築されてはいますが、明治時代そのままの数少ない大型建築物としても貴重な存在となっています。

掲載サイト一覧